サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 隣之怪 第6夜 白刃の盾

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

隣之怪 第6夜 白刃の盾
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/26
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101557-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

隣之怪 第6夜 白刃の盾

著者 木原 浩勝 (著)

高熱にうなされる時にだけ目の前に現れる侍たち。単なる夢か、幻覚か、それとも…。ある日その侍が頭に巻いている鉢巻に描かれている印のことを母に話したら、突然母の顔色が一変した...

もっと見る

隣之怪 第6夜 白刃の盾

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

隣之怪 第六夜 白刃の盾

1,404(税込)

隣之怪 第六夜 白刃の盾

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高熱にうなされる時にだけ目の前に現れる侍たち。単なる夢か、幻覚か、それとも…。ある日その侍が頭に巻いている鉢巻に描かれている印のことを母に話したら、突然母の顔色が一変した(「白刃の盾」)。恐ろしい話、不思議な話、そしてちょっと泣ける話まで。新感覚の恐怖実話16編!【「BOOK」データベースの商品解説】

高熱にうなされる時にだけ目の前に現れる侍たち。侍が頭に巻いている鉢巻の印を母に話すと、突然母の顔色が一変し…。恐ろしい話、不思議な話、そしてちょっと泣ける話まで、新感覚の恐怖実話全16編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

指の輪 5−27
宙の二人 109−116
開けずのドア 117−148

著者紹介

木原 浩勝

略歴
〈木原浩勝〉怪異蒐集家。マンガ・ドラマCDの原作の他、出版、ゲーム、公式携帯サイト『怪談百物語新耳袋』等のプロデュースを手掛ける。著書に「新耳袋」シリーズ、「九十九怪談」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/01 13:48

投稿元:ブクログ

「白刃の盾」
丸に十と聞けば、すぐに思いだすのは薩摩島津です。その侍が取り囲まれているというと、連想するのは新撰組なんですが。単純すぎますかね。丸十だからといって、島津オンリーというわけでもないですし。
結論が出ていないのが残念ですが、歴史ミステリーな話ではないのでね。こんな怪しい話がありますよ、ということで。お母さんが、由来を話してくれたらよかったのに。

「壁の中」が一番怖かったかな。
薄皮一枚で異界とつながってしまっているというのが、否応無しに感じられる話。

2014/06/25 02:04

投稿元:ブクログ

『隣之怪』シリーズの最新作。
『九十九怪談』シリーズは短い話が多いが、こちらはやや長い話を集めている。色々な怪談が読みたければ『九十九怪談』、じっくり楽しみたければ『隣之怪』。
今作はオーソドックスな怪談が多かったように思う。

2014/09/10 07:53

投稿元:ブクログ

あんまり今回はうーーん・・・な話が
個人的には多かったかなー・・・。
怖ーーーー!!って話がなかったのが残念。。

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む