サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/21
  • 出版社: 廣済堂出版
  • サイズ:19cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-331-05967-8
  • 国内送料無料

紙の本

江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛

著者 福田 和也 (著)

イマジネーションが現実を支配するワンダーランドの奇跡−。デビュー作「桃子」、初期代表作「きらきらひかる」、直木賞受賞作「号泣する準備はできていた」などを取り上げ、江國作品...

もっと見る

江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イマジネーションが現実を支配するワンダーランドの奇跡−。デビュー作「桃子」、初期代表作「きらきらひかる」、直木賞受賞作「号泣する準備はできていた」などを取り上げ、江國作品の魅力に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福田 和也

略歴
〈福田和也〉1960年東京生まれ。文芸評論家。慶應義塾大学環境情報学部教授。「日本の家郷」で三島由紀夫賞、「悪女の美食術」で講談社エッセイ賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/19 23:38

投稿元:ブクログ

独立した自分の世界を築き、その世界が決して揺るがないことこそ江國香織の小説観であるように感じた。
一見すると二人で作り上げているように思える世界も
男性をきっかけには作り上げられるが
女性一人でもその世界は増幅し不安定に確立され
そして結果的に男性はその世界に寄り添っているように思える。
評論はやっぱり面白いのでほかのも読みたい。
『きらきらひかる』と『神様のボート』が好き。

2014/07/25 22:47

投稿元:ブクログ

一番好きな作家は?
と聞かれたら迷いなく江國香織さんと一番に答えるほど好きです。
あまり同じ本を何度も読んだり、読み返したりはしないのですが、江國さんは別。それでも久々に目にした作品がありいまにも読み返したくなりました。
やっぱきらきらひかると神様のボートが好き。
これ系の解説というか、評論本あまり読んだことなかったんですが、面白かったです。また読みたくなった、それで十分な気がします

2015/06/28 21:40

投稿元:ブクログ

江國滋との関係性について、冒頭に語られている。これが無性に読みたくてのチョイス。
江國香織が、エッセイかな?で、ほんの少し江國滋について語る場面を見たことがあったけれど、よしもとばななほど、父親の存在を感じさせない作家というイメージだったので、興味をひいた。
事実よりも福田和也の考察が占める割合が高かく、それはそれなり。
ではじまり、大好きだった『きらきらひかる』では、読んだ頃の空気をぐっと思い起こしすぎて、びびった。
江國ワールドに寄り添うように書かれているため、評論読んでいるのか、小説読んでいるのか、わからなくなる。評論は原文の引用が多ければ、作品を回顧させるたりもするが、それとはまた少し違う感じ。
恋愛小説家のように語られることが多い江國香織を福田和也は『恋愛が、人生における最も可憐で本質的な奇跡であるという事について』の信念をもっていると言っている。デビュー当初からと。けれど、『女性が女性であるという事についての、宿命的な昂ぶりと、完全に切断された、無縁の存在』ともいっていて、その姿勢で小説を書き続けていると。
福田和也がそのイメージを貫いて、この書をつづることで、全く異なる複数の江國作品が世界観をもって纏められたという具合か?
よく考えると江國論的なものは、初めて。当評論は江國ワールドを作り込んでいるので、江國香織ファンには心地よいと思う。
ただし、所々、福田和也の深読みで、事実が曲がってるところがあり、それを愛嬌として笑わないとならないのはお忘れなく。

2014/11/24 16:59

投稿元:ブクログ

江國香織さんの著書を一冊ずつ取り上げ、本文を引用しながらその魅力を語る。

大人の読書感想文といったイメージ。やや引用文がどこからどこまでなのか分かりにくい。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む