サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2014/07/09
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:21cm/299p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-12-004620-9
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム

著者 後藤 絵美 (著)

20世紀後半のエジプトで、女性たちが自発的にヴェールをまとい始めた。彼女たちはなぜヴェールの着用を選択したのか。メディア資料、当事者たちの声などを通して、現代ムスリム女性...

もっと見る

神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム

3,996(税込)

ポイント :37pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20世紀後半のエジプトで、女性たちが自発的にヴェールをまとい始めた。彼女たちはなぜヴェールの着用を選択したのか。メディア資料、当事者たちの声などを通して、現代ムスリム女性を取り巻く社会的・宗教的状況を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第一部 聖典とヴェール
    • 第一章 クルアーンとヴェール
    • 第二章 現代エジプトと「ヒジャーブ」
  • 第二部 ヴェール着用を支えたもの
    • 第三章 ヒジャーブをまとうまで
    • 第四章 人気説教師とヒジャーブ
    • 第五章 芸能人女性の「悔悛」とヒジャーブ

著者紹介

後藤 絵美

略歴
〈後藤絵美〉愛知県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科、地域文化研究、博士号取得。東京大学東洋文化研究所助教。専門は西アジア・中東地域研究、イスラーム文化・思想研究、服飾文化史研究。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/30 12:13

投稿元:ブクログ

ちょっと知れば、もっと身近になる。。。

中央公論新社のPR
「19世紀末、ムスリム女性が衣服や頭髪をヴェールで覆う姿は、社会の後進性の象徴とされ、内外知識人の非難を浴びた。その後、ヴェールを脱がせよう、脱ぎ去ろうという運動が広がっていくが、20世紀後半のエジプトで、多くの女性が自発的にヴェールをまとい始めた。彼女たちはなぜ、またどのようして、ヴェールの着用を選択したのか。多様なメディア資料と宗教関連書に加え、当事者である女性たちの声に耳を傾け、クルアーンの解釈、男性側の思惑、女性たちの思考や葛藤、新たな光を浴びる信仰心をていねいに読み解いていく。現代社会における女性 」