サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

裏切り者の街角(ヴィレッジブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

裏切り者の街角 (ヴィレッジブックス イヴ&ローク)

著者 J.D.ロブ (著),小林 浩子 (訳)

イヴのパートナーの女性捜査官ピーボディは、警察署のスポーツジムのシャワー室で警官とおぼしき男女の驚くべき会話を耳にした。二人は何らかの犯罪に手を染めているようなのだ。すぐ...

もっと見る

裏切り者の街角 (ヴィレッジブックス イヴ&ローク)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イヴのパートナーの女性捜査官ピーボディは、警察署のスポーツジムのシャワー室で警官とおぼしき男女の驚くべき会話を耳にした。二人は何らかの犯罪に手を染めているようなのだ。すぐさま彼女はイヴに報告した。男女の正体は簡単に判明する。彼らは私欲のために違法なビジネスをおこない、殺人をも辞さなかった。証拠隠滅に長けた彼らを処罰するべく、イヴとロークたちが取る手段とは?【「BOOK」データベースの商品解説】

イヴのパートナーの女性捜査官ピーボディは、違法ビジネスをおこなう男女の警官の会話を偶然耳にする。殺人をも辞さない悪徳警官。証拠隠滅に長けた彼らを処罰するべく、イヴとロークたちが取る手段とは?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とてもスカッとします。

2015/10/05 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケンタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズのなかで一番好きかも。イブが部下からどういうふうに思われているかよくわかるし、刑事としていかに優秀かもわかる物語。相変わらずロークとラブラブだし、今回の悪徳刑事と反比例して逮捕していく様もすばらしい。やはり今回も面白かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/19 19:11

投稿元:ブクログ

購入済み 読了

内容(「BOOK」データベースより)
イヴのパートナーの女性捜査官ピーボディは、警察署のスポーツジムのシャワー室で警官とおぼしき男女の驚くべき会話を耳にした。二人は何らかの犯罪に手を染めているようなのだ。すぐさま彼女はイヴに報告した。男女の正体は簡単に判明する。彼らは私欲のために違法なビジネスをおこない、殺人をも辞さなかった。証拠隠滅に長けた彼らを処罰するべく、イヴとロークたちが取る手段とは?

ベラがしゃべた!
シリーズが進むにすれてみんな成長していくのがいい。
でここれはこわいわ。
ぞっとするというかなんというか。。。

Treachery in Death by J.D.Robb

2014/11/11 21:21

投稿元:ブクログ

サクサク読めて鬱展開も無し。エンターテイメントな一冊。
ピーポディの危機から始まる悪徳警官との対決。多彩な登場人物に、ウェブスターが思いがけない人とカップルに!
後日談が欲しい。ナディーンがどうしたのか?世論は?主犯の父親はどうした?みんなで飲むお酒はどうなった?

2014/08/21 09:41

投稿元:ブクログ

イヴ&ロークシリーズ33作目。今回も安定の面白さだが、特に人間としてのイヴの成長の著しいさまには目を見張るばかりである。夫婦喧嘩の収め方もスマートになったし、ベラを押し付けられて慌てながらも膝の上であやせるようになったし。自分と正反対の価値観を持つ警部補の腐敗を暴く過程で、上に立つという意味を考え始めるイヴ。
指導教官としても指揮をとる班長としても、役職の持つ責任ということも理解し、重く受け止められるようになり、ついにはマイラに悪夢を見ることもほとんどなくなったと告げられるようになる。悪夢に飛び起き、結婚のルートブックが欲しいと喚いていた頃に比べると隔世の感がする成長ぶりである。ロークとのラブラブぶりも相変わらずで、今回からはウェブスターの恋というお楽しみも増えたし、早くも次回が待ち遠しい。2014.8

2016/07/28 22:16

投稿元:ブクログ

ノーラ・ロバーツの本のシリーズでコレが一番好き。
それに、ロバーツの書く物語が本当に好き。
この人がいなくなったら、絶望的。

わたしのレヴューは人に読ませるものじゃなく、自分の為の覚書。
今回も素晴らしかった。
けど、最後にあのタイプの女が自分の服やヘアスタイルを乱すような殴り合いを選ぶとは思えないので、☆4つ。