サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. お近くの奇譚 カタリベと、現代民話と謎解き茶話会

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

お近くの奇譚 カタリベと、現代民話と謎解き茶話会(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

お近くの奇譚 カタリベと、現代民話と謎解き茶話会 (メディアワークス文庫)

著者 地図十行路 (著)

この町では、古風な黒電話がそこかしこに置かれている。そんな黒電話の向こうには、『カタリベ』と呼ばれる黒いフードを被った謎の人物がいた。噂話の怪異。それが『本当のこと』にな...

もっと見る

お近くの奇譚 カタリベと、現代民話と謎解き茶話会 (メディアワークス文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

お近くの奇譚 ~カタリベと、現代民話と謎解き茶話会~

637(税込)

お近くの奇譚 ~カタリベと、現代民話と謎解き茶話会~

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この町では、古風な黒電話がそこかしこに置かれている。そんな黒電話の向こうには、『カタリベ』と呼ばれる黒いフードを被った謎の人物がいた。噂話の怪異。それが『本当のこと』になるこの町で、『カタリベ』の黒い糸に導かれた少年と少女は、今日も奇妙な謎解きに挑む。それは、『噂の語り替え』のために開かれる、すこし不思議なお茶会。郷土を愛する皆様、この噂話を紐解くときは、お茶請けに甘いものをお忘れなく。【「BOOK」データベースの商品解説】

この町では、古風な黒電話がそこかしこに置かれている。そんな黒電話の向こうには、「カタリベ」と呼ばれる謎の人物がいた…。「カタリベ」の黒い糸に導かれた少年と少女は、今日も奇妙な謎解きに挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

四つ子のいる十字路 7−95
転ばせ月峠 97−154
飴玉を産む蜘蛛 155−233

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/01 10:39

投稿元:ブクログ

町中に黒電話が置かれている異角(いづの)。受話器を取ると異角の噂話をカタリベなる者が語ってくれるという。
奇譚、都市伝説、何か不思議な力が宿った町・・・と雰囲気が良い。作者が十字路とか好きな要素を詰めたんだろうなぁ。
茶話会という表題、毎回お菓子を入れてくるのは編集の指示だろうか、今流行りだし。設定は好きなんだけど、もうちょっと展開に幅があれば。

2016/01/01 10:43

投稿元:ブクログ

初めましての作家さん。
カタリベは黒電話を使って町の噂話を集め、また噂話を広げる。
ただ、カタリベの語る都市伝説は、やがて現実になる。
怪異に巻き込まれたら、噂話を語り替えてもらえばいいのだが
その都市伝説が本物の怪異から生まれたものか、偽物(作り話)かを
カタリベに説明し納得させないといけない。
鑑定人のハルは、噂話の真偽を見定められるのか?
現代民話(都市伝説)に現代のカタリベ。
こういう話は大好きです。
続編を激しく希望します!

2016/06/26 15:33

投稿元:ブクログ

町中に謎の黒電話があり、それを通じて郷土にまつわる伝説を語る『カタリベ』。そして伝説の『真偽鑑定』と『語り変え』の儀式。
これらの設定が面白くてよかった。
カタリベって何者なんだろう。正しい伝説を改変してしまうとどうなるのか……。その辺のことがチラ見せで書いてあって妄想かき立てる。
話中に出てくる伝説は、既存のものを出すのではなく、オリジナルのもので、しっかりコワイ。
四辻に四つ子が立ってる話なんてホントありそう。

どうやら保護者から虐待されてるっぽい久路と、呪いのせいで土地に縛られたハルの関係が、少しずつ明らかになっていくにつれて引き込まれた。
いつでもハルのために犠牲になるつもりでいる久路と、それを阻止しようとするハル。
出会った日に、ハルが久路を無言で抱きしめた瞬間、この二人の関係は決まったんだろなぁ。

2015/11/21 09:00

投稿元:ブクログ

少し不気味な雰囲気で明るい性格のキャラがそれを際立たせている感じ。
都市伝説を嘘か真実か推理して、その都市伝説に巻き込まれた人を助けるっていう設定は新しい。
作品全体が危ういバランスを保っている感じ。
これがどう傾くのか。

2016/04/26 22:29

投稿元:ブクログ

噂を作り替えてくれるカタリベさん。街自体も怪異と隣り合わせな不思議な世界観。登場人物の謎も多く続編ありそうだけど…。ないのかな?

2014/09/01 20:01

投稿元:ブクログ

ねえ、こんな話を知ってる——?

町の至るところにある、誰が設置したのかわからない「黒電話」
ダイヤルも何もついていないその電話の受話器の向こうから聴こえてくるのは
そんな言葉から始まる「噂話」
電話の相手の「カタリベ」が語るのは、
現代に生きて形を変えていく、そんな噂話の数々だった



***ネタバレ有り感想***


町に怪異を引き起こしてる「噂話」を、カタリベに語り直させて変える、
それが話の目的
その噂話は偽物だから語り直せ!というのを、カタリベに納得させるために理屈をコネコネ…もとい推理していく
ちょっと、こじつけかよ!!!と思わなくもない所もあったけれど
面白かった
その噂話が偽物、すなわち町の誰かが作った話しをカタリベが広めて本当に怪異になってしまったものなのか
それとももともと未知なる力が働いて起こっていた本当の出来事なのか、がミソで
カタリベが納得さえすれば本当の話を書き換えてもいいわけではなく、
もし本当の話を直してしまったら、その真偽を見誤った者に何かしらの変化が訪れるらしい…

その鑑定作業の際に結ばれる黒い糸の先はやはり、
怪異の対象であるモノ、が結ばれてるのかな
蜘蛛の話で鬼が出てきたものね
男女間違えてるよ…というのを言うためだけにわざわざあんな勿体ぶった登場をしたのかと思うとちょっと笑える

あとヒロインが痛々しすぎて魅力を感じないのが少しつまらないところかなぁ

続編がありそう

2014/09/02 13:41

投稿元:ブクログ

噂話の怪異を語り替えしていくって題材は面白いかなとおもったのだけど、全然読み進められず、私にはなんだか面白いのか面白くないのか良く分からない作品だった。
文章は私には読み辛くて感じられ、中々読み進められず、物語の中に盛り上がりも感じられず、淡々と過ぎていくように思えた。

2016/01/13 03:53

投稿元:ブクログ

面白かった…。いや、なんか地味だなあと思って全然期待していなかったけど、面白かった…。確かに地味だけども。
異角という町のいたるところに、いつの間にか置いてある黒電話。電話の向こうにいるのは異角の噂話を集めて語る「カタリベ」…。
郷祭事務所の所長代理ハルと、なぜか「カタリベ」の居場所がわかる久路の、現代民話の源を探る謎解き茶会。
最後で「出会い」のきっかけが語られていますが、まだまだ登場人物たちの背景はわかっていないことが多いので、ぜひ続きを出してほしい。

2015/02/14 19:52

投稿元:ブクログ

題材が面白いと思った作品。
そこら中にある、所謂『噂話』というもの。それが本物なのか偽物なのか、あらゆる視点から考えて、危険な噂話を危険じゃない噂話に『語り変える』。
表紙に載っている三人の関係性が一話ですでに出来上がっていて、どうやってこんな関係になったのかどうしてこんな風になったのか。それがわかったのかが結局最終話だったわけだけれども、読み進めていくたびに少しずつ分かっていく感じが面白く感じました。
ただ、私はどうしてもキャラで読んでしまうのでとても楽しく読めたけど、話で読む人にとっては物足りなく感じる内容だと感じるかもしれないですね。

2014/08/03 18:30

投稿元:ブクログ

時間つぶしの為に購入した本ですが、意外に当たりでした。現代民話を取り扱っているのも興味深い。松谷みよ子先生の現代民話集を全巻集めている身としては、こうした作品は大歓迎。
ただこちらの版元の当たれば次を用意していますという伏線の張り方はいかがかなと……。

2015/09/06 00:30

投稿元:ブクログ

噂話を語り変える…

その噂話が偽物であることが証明できれば語り替えてくれる「カタリベ」。

ーー噂の真偽を見誤った時、おそらく、君は、君でいられなくなるだろうーー。


謎解きみたいでスラスラ読めます、ていうか謎解きです( ^ω^ )
話もテンポよく進むので読みやすいです。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む