サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

きのこ盆栽
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/19
  • 出版社: 築地書館
  • サイズ:21cm/89p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8067-1479-8
  • 国内送料無料

紙の本

きのこ盆栽

著者 渋谷 卓人 (著)

一期一会のはかない存在である美しいきのこたち。日本国内で見つけることができる在来種を取り上げ、粘土による造形作品「きのこ盆栽」として紹介。種類ごとの生態や特徴なども解説す...

もっと見る

きのこ盆栽

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一期一会のはかない存在である美しいきのこたち。日本国内で見つけることができる在来種を取り上げ、粘土による造形作品「きのこ盆栽」として紹介。種類ごとの生態や特徴なども解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

レースのドレスをまとうキヌガサタケ、
一夜で消えるササクレヒトヨタケ、
種をはじき飛ばすコチャダイゴケ……

季節限定、短命ではかないきのこを標本にしてみませんか?
日本で見かけるきのこ60種を、盆栽という小さな世界で再現。
見て、読んで、つくって楽しい、異色のきのこ標本カラー図鑑。
【商品解説】

目次

  • はじめに
  • きのこ盆栽60選
  •  きのこ盆栽60選
  •  遊んでみよう、きのこ盆栽
  •  コラム きのこを探しに行こう
  •  コラム 菌類が支えている自然界
  • きのこ盆栽、材料と作り方
  •  用意するもの

著者紹介

渋谷 卓人

略歴
〈渋谷卓人〉1987年生まれ。大東文化大学文学部日本文学科修了。盆栽園、商社勤務を経て「きのこ盆栽」の作品づくりを本格的に開始。盆栽の美的感覚ときのこの美しさを生かした独自の作品を発表する。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

きのこ好き・きのこ嫌い必見!?

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

山にきのこを採りに行き、珍しいきのこを発見してもすぐに傷んでしまってくやしい思いをした方。
一方、きのこを食べることは嫌いだが、きのこそのものの色や形が好きだと思う方。
そんな方必見です。
粘土によるきのこの造形「きのこ盆栽」をすればきのこを盆栽というカタチで永久保存できます。
あなたもこのきのこワールドに浸ってみてはいかがでしょうか。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/26 07:10

投稿元:ブクログ

え?キノコの盆栽?と図書館で見かけ思わず手にした。
一体どうやって盆栽にするのかな~、やっぱりキノコっていろんな色や形状で面白いな~、まるで作り物みたいだな~などと感心しつつ眺めていたが、よくよく読んでみたら、何のことはない、正真正銘の粘土細工だった!
道理で…。

実は意外とキノコに魅了される向きは多い。著者もその一人(当然と言えば当然だが。こんな本出すんだからね)。
キノコの美しさ、不思議さを表現しつつ、図鑑的にも利用してほしい、願わくばキノコの魅力を少しでも多くの人にわかってほしい!という狙いらしい。

不思議と人を惹きつける、キノコの魅力に触れられる一冊。

2015/01/29 00:44

投稿元:ブクログ

「きのこ盆栽」というタイトルに興味を惹かれて、内容のことは全然知らずに読みました。
内容は、紙粘土できのこを作り、盆栽のように仕立てて楽しむという内容で、掲載内容のほとんどはきのこの作り方の手順でした。
サワブミホさんの「粘土でつくるきのこ」に比べると硬派路線といいますか、
きのこの種類はとても多いですが、手順はイラストのみで簡潔だったり、
カラーページが少なくて、作品メインのグラビアもあまりなかったりと、
初心者及びライト層向けではありません。
「粘土でつくるきのこ」の次に手に取るならステップアップとしてちょうどいいように思います。

2015/10/02 14:35

投稿元:ブクログ

「きのこの盆栽を(紙粘土とかで)作ってみよう(こんなん出来ました)!」って本なのだが、表紙を見ただけでは分からない。
でも出来がとても良いので、3D図鑑だと思って解説を読めば、それなりに十分に楽しめた。

2016/05/19 16:39

投稿元:ブクログ

『粘土による』の一言がなかったら,本物と見間違えそうなきのこ盆栽。表紙の色とりどりのきのこさんたちが目に飛び込んできたので手に取りました。
傘の裏面のヒダや柄の剛毛やささくれが忠実に精巧に再現されていてすばらしい。著者のきのこ愛と自然への敬意が感じられる図鑑です。
個人的にはキヌガサタケが気になるけれど(レース状の純白のマントが華やか!)盆栽づくり初心者には向いていないそうです。作るなら簡単そうなホコリタケ(本物はつつくと胞子を飛ばす)。思わずつつきたくなるようなころんと丸いかわいい頭部にしたいです。