サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 妹たちへ 2 生き方に迷うあなたに、今伝えたいこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

妹たちへ 2 生き方に迷うあなたに、今伝えたいこと(日経ビジネス人文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

妹たちへ 2 生き方に迷うあなたに、今伝えたいこと (日経ビジネス人文庫)

著者 日経WOMAN (編)

今、プロフェッショナルとして輝く女性たちにも、焦り、悩み、ときに自信を失った20代、30代があった。小谷真生子、上野千鶴子、勝間和代ら16人の先達が働く女性に贈る珠玉のメ...

もっと見る

妹たちへ 2 生き方に迷うあなたに、今伝えたいこと (日経ビジネス人文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今、プロフェッショナルとして輝く女性たちにも、焦り、悩み、ときに自信を失った20代、30代があった。小谷真生子、上野千鶴子、勝間和代ら16人の先達が働く女性に贈る珠玉のメッセージ。〔日経BP社 2010年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

やりがいは、仕事に取り組んでいくうちに見つけ出すもの 林文子 著 13−30
展望なんてなくていい。存分にじたばたしてみよう 岸本葉子 著 31−49
地道に精進していれば必ず誰かが見ていてくれる 小谷真生子 著 51−67

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/22 17:59

投稿元:ブクログ

1よりもあっさりした感じ?
でも、電車の中でもちょこっと読めて、やる気になれるので 便利です。(単純な人間です)

2015/09/02 10:26

投稿元:ブクログ

日経WOMANで大人気連載中のリレー・エッセイの第二弾です。「仕事の意味」「愛すること」「挑戦する勇気・・・。彼女たちからそういったことが迸るように綴られています。

勝間和代(経済評論家) 香山リカ(精神科医、立教大学教授) あさのあつこ(作家)絲山秋子(作家)上野千鶴子(社会学者、東京大学大学院教授) 内永ゆか子(J-Win理事長、ベルリッツインターナショナルインク会長兼社長兼CEO)岸本葉子(エッセイスト)小池百合子(衆議院議員)小谷真生子(ニュースキャスター)佐伯チズ(美肌師) 高橋伸子(生活経済ジャーナリスト) 田渕久美子(脚本家)夏木マリ(ミュージシャン、ディレクター、プレイヤー)坂東眞理子(昭和女子大学学長) 林文子(横浜市長)山本浩未(ヘアメークアップアーチスト) 横森理香(作家、エッセイスト)

日経womanで人気連載中のキャリアと人生を語ったリレーエッセイの第二弾です。なぜか僕はこっちから読みました。基本的に、ビジネスの世界は男のルールで成り立っている場合がおおいので、その中で女性が功成り名を遂げる、というのは生半可なことではないんだな、ということを思い知らされました。特にWBSで現在メインキャスターを務める小谷真生子さんと、もとWBSの元キャスターで現在は衆議院議員の小池百合子さんのお話は非常に面白かったです。あとは大学時代に当時付き合っていた彼氏とセックスばかりしていましたと

あっかけらかんに書いていた作家の絲山秋子さんの就職してから鬱病で退社をして、その後作家になるまでの、話が壮絶なんだけれども、コミカルでした。

2014/09/09 12:02

投稿元:ブクログ

もはや『日経WOMAN』世代をとっくに通り越した私。月刊誌を読む機会もほとんどなくなりましたが、以前から大好きだった「妹たちへ」のコーナーの単行本なので手に取ってみました。

2014年6月に文庫化された「妹たちへ2」ですが、もともと連載されていた2005年頃~2007年頃のエッセイを単行本化→文庫本化したため、かなりのタイムラグを感じます。

正直、当時と比べて女性を取り巻く労働環境や社会の理解がかなり進んでいるので、今、本書を読むと時代遅れの感は否めません。

しかし、当時よりも社会における女性の立ち位置が居心地良くなった今は、先輩たちのもがいてきた道の上にあるのだなと実感させられます。

私は、今回の「妹たちへ2」の執筆者の方々の、少し妹的な世代ですが、20歳代、30歳代の皆さんにぜひ読んで頂きたい。もがいている時こそ、読んで頂きたいと思います。

2015/09/19 17:57

投稿元:ブクログ

今は世間に名の売れた人でも紆余曲折を経て今がある。
20代なんて人生まだまだだなと前向きになれる。

2014/06/26 15:05

投稿元:ブクログ

目が覚めるセリフがいくつかあって、それも、それぞれの偉大な姉達の名言ではなくて、
そこに至るまでの説明の過程とかの文章の中で。。。
目からウロコって、この感じなのかなと、初めての気持ちに戸惑いつつも、
わたしにとってはその一言が、本当に本当に心に沁みて、
仕事に対するモチベーションが思いっきり下がっていて、いつやめてもいいや。くらいだったのが一転、仕事に対する心の在り方が変わりました。

わたしが影響されやすいと言われればそれまでですが、悩んだり、つまづいたり、こんなはずじゃなかったと思ってしまっている女性に、
本気でオススメですっ!

読み始めは、この姉達は、はじめから頭脳も環境も恵まれていて、自分とは全く関係ない話じゃんと思って鼻白んでも、ぜひガマンしてそのまま読み進めてください。(わたしはそう思いましたww)

絶対とは言いませんが、どこかに、魔法みたいに素敵な言葉が見つかるはずです。

2016/08/03 17:37

投稿元:ブクログ

面白かった。活躍する女性たちの簡単な自伝。30代で読んで良かった。ワーキングマザーに捉われない色々な立場の働く女性が躓いたり、ステップアップしたり、これからも自分もこのまま頑張ろうと思えた。古い本なので、3が出たら読みたい。単行本は勝間さんがトップだったけど、文庫版は順番が変わっていて、世相を表したのが面白い。

日経文庫 ランキング

日経文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む