サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)(ビッグコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

著者 福田 幸江 (原作),吉城 モカ (作画),川島 良彰 (監修)

本当においしいコーヒーに出会えます! コーヒーが飲めないという飲料会社の若手営業の花山。そして、花山の上司の加賀谷。二人が中心となってサードウェーブコーヒーのプロジェク...

もっと見る

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

596(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕はコーヒーがのめない 1

540(税込)

僕はコーヒーがのめない 1

ポイント :5pt / 紙の本より56おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)」が含まれるセット商品

僕はコーヒーがのめない(ビッグコミックス) 6巻セット(ビッグコミックス)

僕はコーヒーがのめない(ビッグコミックス) 6巻セット

  • 福田幸江
  • 評価2.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,57733pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

本当においしいコーヒーに出会えます!

コーヒーが飲めないという飲料会社の若手営業の花山。そして、花山の上司の加賀谷。二人が中心となってサードウェーブコーヒーのプロジェクトが始動します。しかし、花山には同僚にも言ってない秘密があったのです…
最高級のコーヒーは「赤いダイヤ」とさえ呼ばれ、100g1万円を超える極上のコーヒーすら存在します。
社内、社外のライバルや、よき仲間と出会いながら、コーヒーをめぐる珠玉のグルメ&サクセスストーリーが幕を開けます



【編集担当からのおすすめ情報】
ゲイシャ、パカマラといった人気のスペシャルティコーヒーや、シングルオリジンやサードウェーブコーヒーの流れ、かたやカフェラテとカフェオレの違いまで、この漫画を読めば分かります。
そして主人公の花山と加賀谷、二人のきずなにも注目してください。【商品解説】

目次

  • 第1話 ジャックと豆の木
  • 第2話 雲の上に!!
  • 第3話 がんばりますっ!!
  • 第4話 コーヒーは果実
  • 第5話 テロワール
  • 第6話 俺の秘密
  • 第7話 王様コーヒー
  • 第8話 コーヒーベルト

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

私はおいしいコーヒーが淹れられない

2015/10/17 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:badcom - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、焙煎したてのコーヒーに目覚めて膨らむ泡にふわぁぁぁ…となってる私にぴったりのコーヒーチェーン的なビジネス漫画でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私もコーヒーがのめない

2015/05/31 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルを見て「お!一緒だ!」と喜んで手に取りました。
出先でコーヒーを出されることが多く、特に数時間にもわたる打ち合わせの場合、どうしても喉が乾いてしまうので(冬場のエアコンで乾燥した室内だとなおさら)、飲みものに手を出したいのですが、飲めない。しかもそういうオフィスで出されるコーヒーって煮詰まっていてまずく、余計に飲めない……。この本を読んでみてびっくり。主人公は「まずい」コーヒーが飲めないコーヒー愛好家だったとは。
コーヒーにはかけらも興味がない私ですが、コーヒーのうんちくは興味深く読むことができました。読書ブログを見ると、キャラクターがどれも好きになれない、無理やり勝負形式にしなくてもよい、のような批評が散見され、評価は決して高くないようですが、私は面白いと思います。キャラクターも、「コーヒー大好き!」な主人公よりもひねりがきいていて面白いと思いました。特に、”まずい”コーヒーが蔓延している今の状況を表すにはよいキャラクターではないかと。主人公と先輩男性社員がそこはかとなくBL臭がするので、そちら好きの女性読者にもおすすめです。1巻を読んで気に入ったので、2巻もすぐに買いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

僕はコーヒーが飲めない

2016/11/25 22:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白いタイトルですね。
若干、コーヒーウンチクがありますが、ストーリー展開面白いです。
結構、新しいタイプのフード(?)マンガと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/23 08:59

投稿元:ブクログ

本当に美味しいコーヒーを飲んだことが無いので想像するしかないが、泥水のようなコーヒーを美味しいと思って飲んでると主人公に思われちゃうようなコーヒー好きとしても読み続けていくつもり。果たして、うんちくだけでなく第三の波のコーヒーを実際に飲む日が来るんだろうか

2015/02/28 15:51

投稿元:ブクログ

主人公と同僚の関係がひみつの犬神君に似ていますね。顔も似てる・・・。登場人物の年齢不詳の絵が好きじゃないのと、話もどうでもいいので、もういいかな。

2014/12/02 21:08

投稿元:ブクログ

14/7/30 第1巻読了。
14/12/2 第2巻読了。
16/1/23 第3巻読了。
16/5/18 第4巻読了。
16/8/1 第5巻読了。
16/11/9 第6巻読了。花山くんのお父さんはイケメンハゲのTREK乗りだったw

2014/08/02 21:43

投稿元:ブクログ

美味しい珈琲が飲みたいと思って豆を色々試している。このタイミングで手に取るのは当然としても、恥ずかしながら知らない満載で続きが気になります。

2014/12/04 22:00

投稿元:ブクログ

出ましたコーヒーもの!
飲めないってそういう意味ね、、、
先輩が頼りがいがあってうらやましいす
空気を読まないと、と思って生きてきた人は辛いよねぇ、と同情

2014/08/09 11:14

投稿元:ブクログ

お米だったら、
秋田県産とか新潟産とか土地で選んで、
あきたこまちとかこしひかりなどとブランドで買う。
じゃ、
コーヒーは?

確かに豆やさんに行くと、
ブラジルとかコロンビアってなってる。

お米もだけど、
ワインも区別選別がされてるのにコーヒーはまだ。

これから、
コーヒーもお米やワインのようにしていこう!
と、
言う内容のマンガ。

でも、
なんでコーヒーが飲めないかって?
主人公は、
不味いのは嫌いなんだって!

2015/07/08 11:02

投稿元:ブクログ

本屋で出会い、衝動買いしてしまった。
コーヒーは好きなので、とてもおもしろかった。主人公がヘタレすぎる感もあるけれど、監修の人がついてるだけあって知識が詰まっている。
自分で淹れたコーヒー片手に読み、いい時間を過ごせた。

2016/06/05 17:44

投稿元:ブクログ

コーヒー好きなので手に取りました。

恥ずかしながら、知らない情報が多くて勉強になります。
ストーリーも次につながるよう工夫されていて、次巻を読むのが楽しみです。

それでもやはり、コーヒーに対して少しでも熱意のある方でないと楽しめない内容なのかなぁと思いました。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む