サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 絶対的な自信をつくる方法 「OKライン」で、弱い自分のまま強くなる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

絶対的な自信をつくる方法 「OKライン」で、弱い自分のまま強くなる

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/11
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-02813-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

絶対的な自信をつくる方法 「OKライン」で、弱い自分のまま強くなる

著者 森川 陽太郎 (著)

いつも、今の自分にOKを−。OKラインメンタルトレーナーの著者が、自分が“ここまでできたらOK”と思える基準、「OKライン」の基本的な考え方を説明し、弱い自分のままでも結...

もっと見る

絶対的な自信をつくる方法 「OKライン」で、弱い自分のまま強くなる

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

絶対的な自信をつくる方法

1,123(税込)

絶対的な自信をつくる方法

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いつも、今の自分にOKを−。OKラインメンタルトレーナーの著者が、自分が“ここまでできたらOK”と思える基準、「OKライン」の基本的な考え方を説明し、弱い自分のままでも結果を出せる47のアイデアを紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森川 陽太郎

略歴
〈森川陽太郎〉1981年生まれ。元サッカー選手。OKラインメンタルトレーナー。株式会社リコレクトを設立。メンタルサポートサービスを展開。著書に「「いつもの自分」トレーニング」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/02 16:41

投稿元:ブクログ

いざという時に失敗してしまう、本番に弱い、自信が持てない人を指導した著者が、どうしたら自信が持てるか書いている。
そのためには「OKライン」を下げ、どのくらい自分にOKを上げられるかが大事になる。それが自己肯定感や自信を作り、物事を継続したり、結果を出したりする事に繋がる。
前向きにやってる時に読むとなんてことないけど、落ち込んだ時に読むととてもためになる本。また自分がOKラインを上げていることに気づく。
わざと目標ラインを上げ、傷つきたくないから自己防衛している、にも納得。とても身に覚えがありました。

他、ためになった要約など。
・努力は言い訳。必要以上にがんばらない覚悟を持つ。結果を出すことにこだわる。最終的に結果を出せる人が責任が取れる人であり、自信を持てる人。
・何か感情が湧きあがったときは1分間つぶやきトレーニング。これは結構面白いと思った。
・相手の感情はコントロールできない。人間関係のOKラインはかなり低く設定。
・現時点での自分を基準にする。今日の自分は30点なら30点。それが50点できればgood。ミスに対する許容範囲を広げ、気負いをなくす。その結果今やるべき課題、クリアすべきことを冷静に判断、集中できる。風邪ひいたら無理せず休むのと一緒。

2015/09/25 17:00

投稿元:ブクログ

錦織くんの本に載っていて興味が湧いたので読みました。
彼も適切な目標を立ててクリアしていってるもんなぁ。
でもその適切な目標ってほんと難しい。簡単すぎてもダメだし、高すぎてもダメ。向上心を失ってしまわない程度のちょっと頑張る目標を考えてみよう。
あと、自分の感情を受け入れ、でもその感情にいちいち評価はしないというのも取り入れてみようと思いました。

2014/09/07 12:31

投稿元:ブクログ

OKラインで弱いまま強くなる
人からどう見られているか、他者と比べてどうかは関係なく、自分の評価基準をつくる
努力目標ではなく現実目標
恥ずかしいことをする週間で、本番に強くなる。

→「自分に甘くする」とは違うことをしっかりと認識する必要がある。確実にできることをできたという事実の積み重ねで、自信をつけることと理解。

2014/11/23 10:10

投稿元:ブクログ

 著者は、『自信のある人とない人の差は「ありのままの自分を受け入れるか、受け入れないか」だけ』だと強調しています。
 本書は、弱い自分のままでも揺るがない「絶対的な自信」を生み出すための方法をわかりやすくまとめた一冊です。

 詳細なレビューはこちらです↓
http://maemuki-blog.com/?p=3895

2015/01/12 16:22

投稿元:ブクログ

自信をつくるということは誰でも必要だと思うこと。私も常に自信がないため、この本を手にした。

OKラインの設定
この本の一番大切な部分である。自分基準で設定し、そこをクリアすることを積み重ねて自己肯定感を増大させる。これはわかるのであるが、それで本当に自信がつくとはあまり思えない。低いハードルを少しずつクリアしていくことで自信をつけることは必要かもしれないが。


自分の感情を評価しない
自分の感情は変えられない。自分の素直な感情と向き合い、思考で無理やり制御すべきではない。緊張するなどは自分の自然な感情。これを無理に押さえつけるのではなく、その勘定とうまく向き合うことが大切であるということは理解できる。いくらやっても緊張するものは緊張する。


がんばった自分にOKを出さない
「一生懸命がんばったから結果がでなくても仕方がない」とOKを出さない。これではいつまでたっても自信を持つことはできない。努力したことに満足せず、結果にこだわる。
OKラインをうまく利用することである。結果を出すことで初めて自信につながる。
こうやって考えるとOKラインもうまく使えば、自信につながるであろう。

日々の目標の設定は大変かもしれないが、少しでも自分に自信がついていけば、次へのやる気も違ってくるであろう。

2014/08/27 11:20

投稿元:ブクログ

ポジティブシンキングで無理に感情を抑えるのではなく、その感情を認めた上で、結果を出すために何ができるか考えて行くことが大事。
今までの考え方を変えてくれた本。

2014/10/01 16:38

投稿元:ブクログ

○メンタルトレーナーの森川氏の著作。
○メンタルトレーニングの手法を用いて、「どうすれば自身を持てるのか」という悩みを解決する方法を紹介している作品。
○具体的なアドバイスや取組事例の紹介があり、興味深かった。

2014/09/09 02:09

投稿元:ブクログ

感情を評価しない
今の自分を評価しない
感情を受け入れる
今の自分を受け入れる

受け入れるためには評価をしない

良い悪いではなく評価せず、ただ現状を見据えて目標に向けて現状を改善していく、ということを受けとりました。
OKラインといのも評価することになると思うので、OK、NGではなく、ただ、評価せず、現状を見据える、ということを意識したい。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む