サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

映画狂時代(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/27
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/373p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-116154-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

映画狂時代 (新潮文庫 SHINCHOBUNKO ANTHOLOGY)

著者 檀 ふみ (編)

映画を生きる、奇妙な人たち。映画愛溢れる物語とエッセイ全16編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】スクリーンの魔法にかけられて−。谷崎潤一郎「人面疽」、太宰治「...

もっと見る

映画狂時代 (新潮文庫 SHINCHOBUNKO ANTHOLOGY)

680(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

映画を生きる、奇妙な人たち。映画愛溢れる物語とエッセイ全16編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

スクリーンの魔法にかけられて−。谷崎潤一郎「人面疽」、太宰治「弱者の糧」、村上龍「地獄の黙示録」、三浦しをん「思い出の銀幕」など、映画をめぐる小説&エッセイ全16編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

映画ばかり観ていると銀幕の向こうに連れていかれるよ。 武田百合子 谷崎潤一郎 小津安二郎 村上龍 江戸川乱歩 北杜夫 西川美和 恩田陸 太宰治 筒井康隆 向田邦子 三浦しをん 内田百閒 塩野七生 松本清張 檀一雄【商品解説】

収録作品一覧

『日日雑記』より 武田百合子 著 9−18
ハリウッド・ハリウッド 筒井康隆 著 187−203
普通の人 向田邦子 著 205−212

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/30 12:30

投稿元:ブクログ

確かにまとまりのない本だったけど,端々でよかった。特に太宰治。読んでみたくなった(又吉の影響と思われそうで嫌だけど)。

2015/11/01 18:21

投稿元:ブクログ

映画にまつわるエッセイや映画を背景にした短編小説を集めたアンソロジー。だんふみの編となっているのだが、どのような基準、ポリシーで選んだのか?と思わせる構成で損をしている。個々の文章は流石、と思わせるものが多いだけに残念である。

2014/08/20 16:45

投稿元:ブクログ

「映画」に関するエッセイや小品を集めた、最近流行りのアンソロジーもの。
いまひとつ盛り上がらなかったけど、壇一雄・ふみ親子の文章と松本清張「顔」は面白く読んだ。

2014/08/24 21:49

投稿元:ブクログ

映画にまつわるエッセイと物語を収録したアンソロジー。
映画というくくりでも、様々な立場と視点があるので、なんとなく締まらない印象である。その中でも、恩田陸さんの「ある映画の記憶」は面白く読めた。

2014/07/22 22:50

投稿元:ブクログ

武田百合子、谷崎潤一郎、小津安二郎、村上龍、江戸川乱歩、北杜夫、西川美和、恩田陸、太宰治、筒井康隆、向田邦子、三浦しをん、内田百閒、塩野七生、松本清張、檀一雄。

な、なんと取り留めのないアンソロジー。

2014/10/08 08:02

投稿元:ブクログ

〈映画〉をテーマにした小説・エッセイ集。

武田百合子「日日雑記より」
谷崎潤一郎「人面祖」
小津安二郎「小津安二郎芸談」
村上龍「地獄の黙示録」
江戸川乱歩「映画の恐怖」
北杜夫「活動写真」
西川美和「X=バリアフリー」
恩田陸「ある映画の記憶」
太宰治「弱者の糧」
筒井康隆「ハリウッド・ハリウッド」
向田邦子「普通の人」
三浦しをん「思い出の銀幕」 ※『まほろ駅前』シリーズ
内田百間「旅順入城式」
塩野七生「嘘と真実」
檀一雄「娘と私」
松本清張「顔」

2015/09/29 01:04

投稿元:ブクログ

古今の小説とエッセイが入り交じる、映画をめぐるアンソロジー。
とてもバラバラ、本当にバラバラ。
村上龍が『地獄の黙示録』ロケ現場をうろついた話は面白かったし、小津安二郎の述懐にも何かとなるほどなあと思わされました。
個人的には未読だった北杜夫『活動写真』この一篇だけでも強烈な体験でした。

2014/09/14 15:17

投稿元:ブクログ

映画にまつわる小説やエッセイの短編集。
中でも三浦しおんの”思い出の銀幕”(まほろばの番外編?)
松本清張の”顔”が印象に残った。