サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 詩人のための量子力学 レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

詩人のための量子力学 レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/05
  • 出版社: 白揚社
  • サイズ:20cm/444p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8269-0173-4
  • 国内送料無料

紙の本

詩人のための量子力学 レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで

著者 レオン・レーダーマン (著),クリストファー・ヒル (著),吉田 三知世 (訳)

ノーベル賞物理学者が、高度で難しい量子力学の考え方や概念を、大局観に立って大胆に要約。量子力学以前の古典物理学から、量子力学が抱え続ける問題とそれを解決するための取り組み...

もっと見る

詩人のための量子力学 レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ノーベル賞物理学者が、高度で難しい量子力学の考え方や概念を、大局観に立って大胆に要約。量子力学以前の古典物理学から、量子力学が抱え続ける問題とそれを解決するための取り組みに至るまでを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

レオン・レーダーマン

略歴
〈レオン・レーダーマン〉1922年生まれ。実験物理学者。88年ノーベル物理学賞受賞。イリノイ工科大学プリツカー科学教授等。
〈クリストファー・ヒル〉理論物理学者。フェルミ国立粒子加速器研究所理論物理学部長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/15 14:45

投稿元:ブクログ

「難解な量子力学の概念を、数式をほとんど使わずにやさしい言葉で解説した名著」と帯にあるとおり、数式はほとんど出てこないし、出てきても高校の数学がわかっていれば理解できる程度。量子物理を学ぶ学生はこんな数式をいくつもいくつも解かなければならないんだなあ、というようなことを、なんとなく理解すればいいだけだ。

訳者のあとがきによると「詩人のための××学」という言い回しは、アメリカの大学で文科系学生に向けての講義によく使われるものらしい。すなわち本書は私のような文系人間こそ読むべき本なのだ。
量子力学(の概念)を理解するには、量子力学誕生以前の、我々が中学高校で学んだ物理学の基礎をおさらいする必要がある。その上で、それまでのニュートン力学と、20世紀に登場した量子力学のどこがどう違うのかを理解させてくれる。その方法が、わかりやすく具体的なたとえ話と、軽妙な語り口だ。レーダーマンは「物理学界のメル・ブルックス」というニックネームを持つ、というのも頷ける。

たしかに、この本は文系の人間こそ読むべきだ。数学が出来ないから文系に逃げ込んだ私のような人間でも、この本は量子物理の豊穣な世界に引き込んでくれる。アインシュタインは量子物理の語る「確率的な宇宙」を最後まで受け入れることを拒否したが、それは間違っていた。なぜ間違っていたかは、この本を読めばわかる。
最後は、量子論の最新のトレンド、超弦理論やランドスケープまで、この本は私たちを導いてくれる。わからない箇所は読み飛ばしてもなんら問題はない。頭のどこかで「面白い」と脳ミソが感じれば、それでこの本を読む価値があったということだ。

繰り返し言うが、この本は文系人間に向けて書かれたものだ。すぐれた物理学者あるいはサイエンスライターによって、文系にもとっつきやすい科学入門書・啓蒙書が数多く著されている。その多くは、敷居の高いと思われがちな最新の科学に、出来るだけたくさんの(科学嫌いの)人たちに慣れ親しんでもらおうと、心を砕いてくれている。私たちはその誠意をきちんと受け止めるべきだ。量子力学は決して文系の人間にとって理解不能な代物ではない。
そのことに気が付けば、大手新聞社、マスコミによる最近の「科学面でのスキャンダル」を鵜呑みにすることもなくなるのではないか。
子供の理科嫌いも少なくなる。
何よりもまず、自然や生命、宇宙に対してもっと謙虚になれる。
科学とはそういう地平を拓くものだと、本書を読んで改めて気付いた次第である。

【捕捉】「二重スリット実験」やファインマンの経路積分についてより詳しいことが知りたければファインマンの「光と物質の不思議な理論」をあわせて読むことをお勧めする。