サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 人間形成と承認 教育哲学の新たな展開

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

人間形成と承認 教育哲学の新たな展開
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 北大路書房
  • サイズ:21cm/229p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7628-2863-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

人間形成と承認 教育哲学の新たな展開

著者 L.ヴィガー (編著),山名 淳 (編著),藤井 佳世 (編著)

「人間形成論と人間形成研究」「承認と人間形成」「今日におけるドイツの教育現実に関する問題」をテーマにしたドイツの教育学者ローター・ヴィガーの論文と、彼と議論を重ねてきた日...

もっと見る

人間形成と承認 教育哲学の新たな展開

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「人間形成論と人間形成研究」「承認と人間形成」「今日におけるドイツの教育現実に関する問題」をテーマにしたドイツの教育学者ローター・ヴィガーの論文と、彼と議論を重ねてきた日本の教育学者のコメント論文を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「承認」という行為を理論的側面から深く探究するだけではなく,臨床場面において生じるその行為を分析し,両者を結びつけ,人間形成研究での承認の可能性と問題性について考察。ドイツの研究者ヴィガー氏の論考を中心とし,彼と議論を重ねてきた本邦の教育学者の批判的な議論も同時に収め,日本の教育場面に意味づける。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 序章 現代において人間形成(ビルドゥング)に向き合うことは何を意味するか
  • 1.ビルドゥングとは何か
  • 2.ビルドゥングに注目する理由
  • 3.ビルドゥングの翻訳問題
  • 4.「人間形成」という訳語を選択する
  • 5.「形成」に込められた意味
  • 6.「承認」というもう一つのキーワード
  • 7.本書の構成

収録作品一覧

現代において人間形成(ビルドゥング)に向き合うことは何を意味するか 山名淳 著 1−16
現代における人間形成論と人間形成研究 ローター・ヴィガー 著 18−36
ドイツの古典的人間形成論の文脈で見た自伝研究 池田全之 著 37−46

著者紹介

L.ヴィガー

略歴
〈L.ヴィガー〉1953年生まれ。ボン大学で博士号取得。ドルトムント工科大学教育科学・社会学部教授(哲学博士)。
〈山名淳〉京都大学大学院教育学研究科准教授。博士(教育学)。著書に「夢幻のドイツ田園都市」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/07 17:23

投稿元:ブクログ

この本の表紙絵にはたくさんの人物が描かれています。ある人は別の人と距離をとり、またある人は寄り添うように。その様子は認知をめぐる人間模様のようにも見える。今日までの人間形成研究から始まり、人間形成論から教育現実を読み解く本書は、教員をめざす人にぜひ読んでほしい一冊です!!(教育学部・社会専修)

2016/03/17 01:48

投稿元:ブクログ

Bildungという言葉は厄介である。魅力的な言葉であるのに、他の言語に翻訳されるとまったく味気ない。その困難を自覚しながら、例えば、ヘーゲル哲学と今日の教育現実をつなぐ試み。「承認」を鍵としたBildungの読み直し。経験科学を問い直すBiograhie研究。人間形成の研究が常に「翻訳学」とワンセットであるべきことを教える一冊。(西平 直)

教育学・教育思想 ランキング

教育学・教育思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む