サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ぼくらの太平洋戦争(角川つばさ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぼくらの太平洋戦争 (角川つばさ文庫 「ぼくら」シリーズ)

著者 宗田 理 (作),はしもと しん (絵)

夏休み、兵器工場の跡地を見学にいった英治、ひとみたちは、不思議なことから、1945年にタイムスリップ!?そこは戦争の真っ最中。男子は丸坊主、男女の会話禁止、食べものもなく...

もっと見る

ぼくらの太平洋戦争 (角川つばさ文庫 「ぼくら」シリーズ)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ぼくらの太平洋戦争(角川つばさ文庫)

691(税込)

ぼくらの太平洋戦争(角川つばさ文庫)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏休み、兵器工場の跡地を見学にいった英治、ひとみたちは、不思議なことから、1945年にタイムスリップ!?そこは戦争の真っ最中。男子は丸坊主、男女の会話禁止、食べものもなくて、ノミで眠れない!?でも、ぼくらは防空壕パーティーや、いやな大人にはいたずら!戦争の悲惨さを体験する笑いと涙の物語。つばさ文庫書きおろし、ぼくらシリーズ第15弾!!小学上級から。【「BOOK」データベースの商品解説】

夏休み、英治たちは不思議なことから、1945年にタイムスリップ!? ぼくらはたくましく、いやな大人にはいたずら! 戦争の悲惨さを体験する笑いと涙の物語。「ぼくら」シリーズ第15弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

それでもぼくらは!

2016/08/27 04:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三毛屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までのシリーズは現代が舞台で、悪い大人をやっつけるという流れが多かったですが、今回は戦争の時代にタイムスリップという少し毛色が違います。けれど、ぼくらはぼくらのまま、楽しい事を見つけていくの所が面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぼくらシリーズ面白い!!

2015/08/31 16:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:健ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ぼくらの太平洋戦争」を読みました。タイムスリップしてしまった主人公は、どうなるのか…。是非読んでみて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ぼくが見た太平洋戦争」と併せて読もう

2015/07/18 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Books with you - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ作者のこの二作品は、一方がフィクション、他方がノンフィクションという違いがあるが、読者の心への響き方は何ら変わらない。どちらが貴方の気に入るかは貴方次第なので、両方とも読むことをお勧めする。
豊川空襲を取りあげたこの作品は、戦争を知っている老人にも、戦争を知らない多くの人にも、SF好きな貴方にもきっと受け入れられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/30 13:09

投稿元:ブクログ

戦争中だって、ぼくらは生きていく!

タイムスリップしているから死なない、という発想はどうかと思うけど、児童向けだし、シリーズとの齟齬もあるし、安心して読みました。著者は戦争を経験した世代。だから書けるのだと思う。悲惨すぎもせず、明るすぎもせず、ただ、今の中学生と変わらない、ということだけ。あとがきにあるが、その頃の中学生は、辛くても自殺はしなかった、辛いほど生きたいと思った、らしい。今の中学生が弱くなったのか、戦争よりも今は辛いのか。

2016/03/03 11:59

投稿元:ブクログ

ビブリオバトルのお勧め本。
昔「ぼくらの七日間戦争」(1988年)という宮沢りえ主演映画を見た。この原作がぼくらシリーズ第1作であり、なお現在まで続いている。
この本は、ぼくらが70年前太平洋戦争末期の豊川の軍需工場にタイムスリップする話である。
そこで現代っ子が遭遇する悲惨で、且つ余りに理不尽な時代に暮らしている(と感じる)、同世代の友人とのふれあいを描いた話。
子供向けであるが、今の子供達に欠けている、リアルな戦争の一端を知るには良い本だと思う。
「蛍の墓」は言葉が判りづらいだろうし。
著者は17歳で終戦を迎えた。戦争を語れる最後の世代であろう。

冒険・探検物語 ランキング

冒険・探検物語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む