サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

御子を抱く
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/14
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02303-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

御子を抱く

著者 石持 浅海 (著)

埼玉県越谷市某町―絵に描いた様に平和な新興住宅地であるこの町の住民の多くは、ある人物を師と仰ぐ集団の「門下生たち」によって占められていた。彼らは師亡き後も、その清廉な教え...

もっと見る

御子を抱く

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

御子を抱く

1,296(税込)

御子を抱く

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

埼玉県越谷市某町―絵に描いた様に平和な新興住宅地であるこの町の住民の多くは、ある人物を師と仰ぐ集団の「門下生たち」によって占められていた。彼らは師亡き後も、その清廉な教えに恥じぬよう行動し、なんとか結束を保っていた。目覚めぬ遺児「御子」をめぐり牽制し合いながら…。しかし、かつて御子の生命を救った異端の研究者の死で、門下生たちの均衡は破れた。「私たちこそが、御子をいただくのにふさわしい」三つに分裂した各派閥によって始まった、熾烈な後継者争い。立て続けに起こる、凄惨な第二の死、第三の死。驚愕の真犯人が、人の命と引き換えてまで守ろうとしたものとは!?奇抜な状況設定における人間心理を、ひたすらロジカルに思考するミステリー界のトリックスター、石持浅海が放つ渾身の書下ろし長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

師亡き後、門下生たちは、目覚めぬ遺児「御子」をめぐり牽制し合いながらもなんとか結束を保っていた。だが、かつて御子の生命を救った研究者の死で均衡が破れ、熾烈な後継者争いが始まる。立て続けに凄惨な殺人が起こり…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石持 浅海

略歴
〈石持浅海〉1966年愛媛県生まれ。「アイルランドの薔薇」でデビュー。ほかの著書に「トラップ・ハウス」「二歩前を歩く」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (12件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/21 13:03

投稿元:ブクログ

+++
埼玉県越谷市某町―絵に描いた様に平和な新興住宅地であるこの町の住民の多くは、ある人物を師と仰ぐ集団の「門下生たち」によって占められていた。彼らは師亡き後も、その清廉な教えに恥じぬよう行動し、なんとか結束を保っていた。目覚めぬ遺児「御子」をめぐり牽制し合いながら…。しかし、かつて御子の生命を救った異端の研究者の死で、門下生たちの均衡は破れた。「私たちこそが、御子をいただくのにふさわしい」三つに分裂した各派閥によって始まった、熾烈な後継者争い。立て続けに起こる、凄惨な第二の死、第三の死。驚愕の真犯人が、人の命と引き換えてまで守ろうとしたものとは!?奇抜な状況設定における人間心理を、ひたすらロジカルに思考するミステリー界のトリックスター、石持浅海が放つ渾身の書下ろし長編。
+++

新興宗教ではないのだが、門下生と呼ばれる者たちがそれに近い心理状態にあり、星川という一会社員を崇める構図ができあがっていた。星川は普通の人間で、ただ真心から他人に接するという気質の人だったのだが、彼の急死後、彼を取り巻いていた人々の間に動揺が広がる。階段から落ちて亡くなった星川の前妻と、大怪我をし、九死に一生を得たが未だに眠ったままの、門下生の間で「御子」と呼ばれるひとり息子、そして恋人であり事実上の現在の妻・順子、さらには門下生間の派閥のにらみ合いのようなものが先行きを暗くしているところであった。そんなときに御子の生命維持に関わる研究者江口が交通事故で亡くなり、辛うじて保たれていた均衡が揺らぐことになる。たまたま江口の救命活動に手を貸してくれた深井が、まったくの第三者としての客観的な観察眼で、論理的に絡まった糸をほぐしていくのが痛快である。誰ひとり悪人がいないのに、不幸が連鎖してしまい、何か痛ましいような心持ちになる一冊である。

2016/08/12 12:59

投稿元:ブクログ

埼玉県越谷市の新興住宅地には、黒川氏を師と仰ぐ「門下生たち」によって占められていた。彼らは師亡き後も、師の清廉な教えに恥じぬよう行動していた。
遺児「御子」をめぐり牽制し合いながら。
そんな中、事件が起こる。

久しぶりに面白い!! と思えた石持氏の長編。
宗教の世界を普通の社会・生活の場に置き換えた設定。
登場人物はみな普通の生活者で、黒川氏を慕い、黒川氏の教えを継承し広げることを宗教ではないと思っている。
舞台設定、登場人物たちのやりとり、謎解きとしてもとても面白かった。
(図書館)

2015/04/30 22:43

投稿元:ブクログ

もっと宗教色が強くてどす黒いはなしかとおもったら、思いのほかライトだった。だからこそ、最後までページを繰ることが出来た。

2016/06/30 12:28

投稿元:ブクログ

これまで読んできた石持作品に私が持っていたイメージは、「根っからの悪人が描かれない」ということでした。

殺人者が犯行に及ばざるを得ない状況をこと細か〜く説明して、読者に同情の念をこれでもかと持たせる話の多いこと山の如し(盛

10年前の私だったら「そんな犯人の背負ってる重い過去なんて興味ないし!謎!謎たくさん書いてよー!」と粋がってたタイプですよ…( ˘ω˘ )粋?

本格推理小説では人物の造形なんて二の次三の次、そこに注力されたら本筋である謎の提起の部分がおざなりになってしまう、なんて生意気にも思っていたんです。
要するに、推理小説の登場人物に感情移入する必要性は全く感じていませんでした。いえ、今も基本的には考え変わってませんけど←

そんな今より一際尖ったミステリ観()を持っていた時に出会った石持作品は衝撃的でした。

犯人にめちゃくちゃ感情移入してしまったのに、飽くまで物語の核は人間ではなく「謎を解く」こと。
人間の内面葛藤の描写にかなりページを割いてるのに、「ミステリである」という設定の根幹を邪魔してないんですね(ここ後で書直そうなんか変)。

「普通は許すべからざる」殺人犯を、積極的に応援してしまいそうになるというコロンボ展開も、パズルミステリしか読んでない私にはものすごく新鮮だったんです。

日本の推理小説は新たな次元に入ったのかもしれないわー!と当時感動したことを今でも覚えています。

ですが、石持作品を数作読むうちに、少しずーつ考えが変わってきたんですね。

どうも、石持作品の根幹にあるのは、人間の善良性とか、決してそんなポジティブなものじゃないんじゃないかって。

作品の多くに登場する、「素晴らしい人格者」 に象徴される「否定を許さない善性」が、石持作品の中では専ら殺人という大罪の免罪符に使われまくってる気がして仕方なくなってきたんですよね(汗)。
なんか、まわりくどい言い回しだけど、今感じてるイメージに近い言葉はこれなんです、すみません。

めちゃくちゃ前置き長くなったので本編感想はサラッと…どころか以下略でいきたいと思います←

とにかく、今作も上記で述べたように石持ワールド全開でした。素晴らしすぎる故人を偲ぶ人々が、故人とその子供をめぐって葛藤しまくりです。
人間の欲望を剥き出しに権力争い…なんて展開はもちろんありません。
あわや欲をかき、疑心暗鬼に陥りかけた時は、みんなでそろって

あゝ、彼(故人)が今の俺たちを見ればどう思うだろう。
こんなことではいけない!
彼の意志を継がねばならないという点で、いがみあっていても俺たちの心は1つ!

と己の不出来を恥じつつライバルの善良性も疑ってないんです何それ怖いよォ←

結論・今回は犯人が一番人間くさかったです。


【内容まとめ:るの疲れた←】

俺たちの敬愛し崇拝する営業部長が、若くして突然病に倒れ、帰らぬ人になってしまった!後継である寝たきりの御子をめぐって、三大派閥が火花を散らす中、派閥争いに無関係を貫いていた営業部長の盟友がこれまた突然の事故死!ストッパーとも呼ぶべき彼がいなくなって、俺たち一体どうなっちゃうの〜?!
次回、【昨日の敵は今日も敵!】
俺の腹心だけは死にませんように!


以上です。
いつになく酷い自覚はありますごめんなさい。

2014/07/31 23:11

投稿元:ブクログ

新興住宅地で起こった事故をきっかけとして引き起こされる連続殺人。その核にあったのは、とてつもない人望を持った男の遺児である「御子」。御子を巡って張り巡らされるそれぞれの思惑。
これもまたある意味「特殊な状況」ミステリなため、その状況に入り込んで読むほどに真相にはなかなかたどり着けませんでした。たしかにその心情の方が普通といえば普通だったのかもしれないけど。盲点だった!

2014/11/09 02:22

投稿元:ブクログ

初期作品の作風に戻り、期待したのだが、もう一つ練りこみ不足というか食い足りない。説得力、意外性、どんでん返し、もう二つ三つ作れたと思うが。6.5

2014/11/20 15:10

投稿元:ブクログ

石持さんらしいな~って話でした。宗教色?洗脳?ぽっさがやっぱりあった。
悪者いない、っていうかだから怖いみたいな。

私も「部外者」だから犯人はなんとなくわかったな。
トリックもいまいちだった気がする。

一つ言えるのは本当に星川さんがいたら私も会ってみたいわ。

2015/01/06 18:55

投稿元:ブクログ

石持さんらしい作品。私には設定そのものが理解しがたかったので、作品に入り込めず。もやっとしたまま終わりました。

2014/09/27 02:26

投稿元:ブクログ

石持ファンなら受け入れられる設定かな。でもミステリー要素としては、あまり意外性なかったなあ。
石持初心者の方には、短篇集等で慣れてから読むことをおすすめします。

2014/10/15 16:23

投稿元:ブクログ

一人の人物を「師」と仰ぐ奇妙な団体で起こった殺人。設定が面白いですね。宗教っぽいけど、宗教ではない。いっそ宗教団体でもトリック破綻しなかったような気もしますけど、それだと読み終わった後の印象が平凡になってしまうのかもしれないし。。。

しかし実際にこんな感じの理由で人は人を殺すものなんだろうか?犯人が「狂って」いたとしちゃうのも安直な気もするし。。。

2014/08/08 23:46

投稿元:ブクログ

タイトルと帯を見て、てっきり新興宗教の話だと思ったのだが、そうではなかった。宗教ではないと何度も文中でも言及されるのだが、じゃああれはなんだったのだろう。
例によって「特殊な状況、特殊な設定、特異な価値観」におけるミステリーをロジックで解決する、という話なのだろうか。人望の篤い星川という人物も謎と言えば謎の存在で、なぜそこまで熱狂的に支持されるのかが今ひとつピンと来ない。さらには「御子」という存在もまた、言葉と実態が一致しないために、登場人物たちの心情に同調しづらい。
しかし、閉鎖的な集団の中では、やはりあんなふうに権力争いが起きるだろうし、人間関係が歪んだりするんだろうな、と思った。そのあたりには普遍性を感じる。
っていうか、その「御子」を抱いたとして、一体どうしたかったのだろうか、という疑問は残るなあ。だって宗教ではないわけだから。
星川も謎だったが、探偵役になった深井という青年もまた謎だったな。

2014/09/14 18:20

投稿元:ブクログ

ある一人のカリスマを持った人物が死んだ事から、その信奉者たちが分裂し相続争いが始まる。歯止めであった大学教授が交通事故で亡くなった事で、とうとう殺人事件が起こってしまう。
書かれ方がどうしても新興宗教のようになってしまう。そもそも、そんなカリスマを持ってたら中小企業などに勤めないだろう。
ミステリ部分も動機が胡散臭い。犯人も予想通りで意外性がない。
全体的に今ひとつ。

2014/11/28 20:02

投稿元:ブクログ

犯人は何故被害者を殺さなければならなかったのか・・・うまい具合に読者を誘導していた。
殺意の前提をうまく隠していたのは見事

2014/09/21 07:10

投稿元:ブクログ

不思議な設定
宗教ではないと言いながら
ほとんど宗教の成り立ちと変わらない
教祖が亡くなってしまった後に
どのように組織を存続させるか

さてさて、この後、存続するのかなぁ?

2014/08/28 15:58

投稿元:ブクログ

石持氏は、いつも、ものスゴク現実的なのにあり得ない話しを書いてくれる。
これもそんな面白味が駆け抜けていった。

大勢の門下生に慕われていた「星川氏」、その理由というのが一番の謎だ。