サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ぼくぱぐ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2014/07/14
  • 出版社: 出版ワークス
  • サイズ:22×31cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-309-92024-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ぼくぱぐ

著者 かなざわ まゆこ (作)

主人公のぱぐの感情が伝わってくる繊細な絵と心温まるストーリーが魅力。捨てられていたぱぐが、人にかわいがられている飼い犬を見かけ、憧れを抱く。しかし、その憧れは首輪へと向っ...

もっと見る

ぼくぱぐ

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

主人公のぱぐの感情が伝わってくる繊細な絵と心温まるストーリーが魅力。捨てられていたぱぐが、人にかわいがられている飼い犬を見かけ、憧れを抱く。しかし、その憧れは首輪へと向ってしまい…あちらこちらで首輪を探し回るぱぐが最後に見つけたものは!?「おおしま国際手づくり絵本コンクール2010」金賞受賞作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

【おおしま国際手づくり絵本コンクール金賞(2010)】捨て犬の「ぱぐ」は、人にかわいがられている飼い犬に憧れを抱く。しかし、その憧れは首輪へと向かってしまい、あちらこちらで首輪を探し回るが…。すべてのわんこ好きに贈る、心あたたまる絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

かなざわ まゆこ

略歴
〈かなざわまゆこ〉1981年神戸生まれ。京都嵯峨芸術大学大学院修了。日本児童出版美術家連盟会員、環境芸術学会会員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/15 16:21

投稿元:ブクログ

この潤んだ黒い目に、もう心を鷲掴みにされる。

人にかわいがられている飼い犬に、憧れを抱く捨て犬のパグ。首輪さえあれば幸せになれると信じ、首輪探しに奔走する事に。

勝手に人様の家に忍び込み、ベルト(首輪と似てるから間違えた)やら何やらを失敬しようするも、主人に追いかけられたりして、なかなか首輪は見つからない。
あげくパン屋さんで見つけた輪っか状のパンを、これはちょうど良いと首に装着するも、途端に鳩の集団に襲われるという悲劇。可哀相なんだけど、そんなお馬鹿なところが可愛くて、つい笑ってしまう。お前って奴はもう、みたいな。

首を傾げる仕草、振り向いた時の顔。そんなパグの一挙一動が愛らしくて、キュンキュンする。
木炭で描かれたほわほわっとしたタッチも優しい。

2014/11/26 23:50

投稿元:ブクログ

パグ好きにはたまらない絵です。目がうるうるしていて、仕草が本物のパグみたい。たまりません。パグオーナーの方には特に読んでほしいと思います。

2014/09/30 09:52

投稿元:ブクログ

不自由や束縛の象徴である首輪が、幸せの象徴に見えたのですね。
寂しかったのか。
何が幸せなのかは難しい。


あとがきは余計だった気がする。
絵本の意図をあとがきでなにやかにやと作者が説明しちゃうのは興ざめではないかな。

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む