サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

白の皇国物語 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/11
  • 出版社: アルファポリス
  • サイズ:15cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-19307-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

白の皇国物語 1 (アルファライト文庫)

著者 白沢 戌亥 (著)

何事にも諦めがちな性格の男は、一度命を落とした後、異世界にあるアルトデステニア皇国で生き返る。行き場のない彼を助けたのは、大貴族の令嬢メリエラだった。彼女の話によれば、皇...

もっと見る

白の皇国物語 1 (アルファライト文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何事にも諦めがちな性格の男は、一度命を落とした後、異世界にあるアルトデステニア皇国で生き返る。行き場のない彼を助けたのは、大貴族の令嬢メリエラだった。彼女の話によれば、皇国に崩壊の危機が迫っており、それを救えるのは“皇王になる資格を持つ”彼しかいないという…。ネットで人気の異世界英雄ファンタジー、待望の文庫化!【「BOOK」データベースの商品解説】

何事にも諦めがちな性格の男は、命を落とし、異世界にあるアルトデステニア皇国で生き返った。そして、彼を助けた大貴族の令嬢メリエラから、崩壊の危機が迫る皇国を救えるのは、皇王になる資格を持つ彼しかいないと言われ…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/07 14:30

投稿元:ブクログ

文庫化したので読み返し。11まで発刊済み
何度読み返しても1は難物。この後面白くなるのが分かっていても、説明長くて苦労する。
最後に皇剣との同化でわくわく場面が無ければ1で挫折?
長くなりそうなので、スペース的に文庫で揃えられれば助かる。

2014/11/29 00:06

投稿元:ブクログ

第1巻を読破。

本屋さんにて、エンドに平積みされてた新刊を見て気になっていた作品。

異世界転生モノというのが流行っているのは知っていたけどね。

イラストがなんだかよかったんですよね。

で、手に取ってあらすじを読んでみてさらに気になって。

でも見かけたのが第3巻だったため、1巻を探してみたのですがそこにはなくって。

別の日に別の本屋さんでも探してみたのですが、やっぱり1巻だけがなくって。

これは密林さんでぽちコースかな? と思っていた矢先、最初に見かけた本屋さんで並んでいるのを発見しました。

即買いましたー(*´▽`*)

とてもおもしろかったです。

ライトでコメディ色の強い作品かと思えば、全然そんなことなくてしっかりとファンタジーでした。

王道といえば王道。

異世界に行くのが現代での死亡というのは、最初考えだした人あれだよな。

すごいよな、って思いました。

ひとつの形態を作っちゃったわけだし。

あきらめることにかけては人一倍の主人公は、ある日突然死んでしまう。

「死んだ」のは確かで本人も自覚あるのに、彼は再び目覚めて。

目覚めた場所は異世界だった――というもの。

しかもその世界の誰もが持ちえない色彩〈白〉を纏っての転生。

それが人一倍あきらめることに長けた青年の――レクティファールとしての新たな人生の始まり。

とにかく、よくそこまで考えたなあというのが率直な感想でした。

プロットの量がハンパないんじゃなかろうか……と思ったのは、元がネット小説だからでしょうね。

自分も趣味でもそもそと書いているけれど、この人たちみたいにがっちり作り込んでいるわけでもなくて。

こういう作品を読んでいると「私もなにかやらねば!」と思ってきます。

……思うだけですが(;^-^)

さて――

第1巻はまるっとプロローグといった感じかなあ。

異世界へ転生した主人公・レクティファールが、皇王になるための儀式を完遂するまで。

転生先のことを知らないレクティファールに対してお姫さまが説明してくれるけれど、それは読者に対しての説明でもあって。

結構色々と込み合った具合の世界っぽいですね。

その世界をレクティファールがどのように活躍するのか、楽しみです。

世界観も魅力的ですが、登場人物たちも魅力的で。

あ、白ってまっさらという意味合いもあるのかな?

レクティファールのふわっとした感じの強さは好きですね。

言動がわりとかわいらしいとこがあってwww

暴走侍女ウィリィアさんとはどんどこぎゃーぎゃー騒いでどつかれてほしいwww

お姫さんのメリエラと、巫女さんのリリシアとはなにやら皇王という役目的になにかしら関わりがありそうですね。

婚姻関係でなにかあるのかなー。

そこんところはらぶなコメディになっちゃうのかなー。

それともレクティファールの何気ないスルースキルで進んじゃうのかなー。

どうなんでしょう??

個人的にはあんまりごり押しらぶこめにはなってほしくないかなあ(^◇^;)

たいへん楽しませてもらいました。

第2巻を探すぞー。

アルファライト文庫 ランキング

アルファライト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る