サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

夫夫円満 HUSBANDS
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-22346-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

夫夫円満 HUSBANDS

著者 パトリック・ジョセフ・リネハン (著),エマーソン・カネグスケ (著)

同性婚を果たした元ブラジル空軍航空管制官エマーソンと、大阪・神戸アメリカ総領事館総領事パトリック。日本で出会った2人が、彼らの歩んできた道や、「夫夫(ふうふ)」として過ご...

もっと見る

夫夫円満 HUSBANDS

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

夫夫円満

1,296(税込)

夫夫円満

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

同性婚を果たした元ブラジル空軍航空管制官エマーソンと、大阪・神戸アメリカ総領事館総領事パトリック。日本で出会った2人が、彼らの歩んできた道や、「夫夫(ふうふ)」として過ごす日々について綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

2011年8月、在大阪・神戸アメリカ総領事館に着任したパトリック・リネハン総領事は
日本語、韓国語、フィンランド語などを自在に操る、とても知的な男性。
ただ、ほかの外交官たちとちょっと違っていたのは、彼には「夫」がいたことでした。

日本は同性婚を認めていないLGBT後進国。でもリネハン総領事の夫、エマーソン・カネグスケ氏は、
日本政府が外交官の同性婚のパートナーに対して、外交ビザを発給した初めてのケースとなりました。

2人は幼いころから周囲との「違い」を受け入れてもらうことが難しく、
もがき苦しみながらも、しかし勇気をもって自分らしい生活をつかみとってきました。
その2人が、これまでの人生と日本での体験について感動的な文章でつづります。

彼らの生き方は、彼らに接した人たちに勇気を与えます。
この本を読んだ人たちにも、その勇気はきっと届くに違いありません。

本書は、著者2人が英語とポルトガル語で書き下ろした原稿を、
LGBTの社会認知を応援する人々が参加して、日本語の読み物にまとめた完全なる日本オリジナルの書籍です。
LGBT問題に直面している方々はもちろん、LGBTに関心のない方、心理的な距離のある方にもぜひ読んで欲しいと思います。
誰もが持っている「違い」をみんなが素直に受け入れることのできるようになれば、社会はもっと輝きに満ちたものになるでしょうから。
それが著者たちの心からの願いです。
【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第1部 パトリック・リネハン
  • 序章 「私たち」
  • 第1章 「私の歩んできた道」
  • 第2章 「見える存在に」
  • 第3章 「ゲイ・フレンドリーな日本へ」
  • 第4章 「あなたにできること」
  • 第5章 「どちらも夫」

著者紹介

パトリック・ジョセフ・リネハン

略歴
〈パトリック・ジョセフ・リネハン〉1953年アメリカ生まれ。大阪・神戸アメリカ総領事館総領事。
〈エマーソン・カネグスケ〉1972年ブラジル生まれ。元ブラジル空軍航空管制官。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/24 06:37

投稿元:ブクログ

アメリカには外交官のゲイもいると「LGBT初級講座」で読んだばかりでした。そうですか、あなた方がそうだったのですね、と、お噂はかねがね状態で読み始めました。
かつて同性愛者と知れれば失職する状態で、やむを得ず隠していた性的嗜好。
今ではそれを披歴し、歴史を動かす側に立った二人。二人で世界を変えると意気込んでいるわけではなく、多くの力の中の一部として、変える側に立つ気持ちがいい。
われわれ(日本人の大勢)が自分自身が歴史の担い手であるという事実を忘れがち(または忘れたふりをしがち)なので、怠りを戒められている気がします。

夫夫円満の秘訣はそのまま夫婦円満の秘訣でもあります。永遠の一日先まで愛しているとは日本人にはいいづらいセリフですが、愛情は口に出すと増幅するのでしょう。彼らの愛情表現を読むと「君は僕の空気だ」と思われているより、「君は僕の太陽だ」といわれる人生の方がいいに決まっていると思います。

2014/10/12 10:39

投稿元:ブクログ

大阪・神戸アメリカ総領事館総領事(2011-2014)のパトリックと、その夫エマーソンの夫夫の半生記。
生まれも育ちも年齢も違うふたりの愛と、ゲイライツが主題。
文化的背景や感覚が私とは違うから違和感があったり、ふたりともゲイだからゲイ以外には疎いような気がしたりするものの、穏やかな良書。

ふたりの仲良しっぷりがものすごい。情熱的。
すごいよ。「君は僕の太陽」「昨日より愛してる。明日はもっと愛してる」とか互いに言っちゃうんだぜ。毎日。
のろけやがって。なんなのこの人たち可愛すぎだ。

本書の前半はパトリック、後半はエマーソンが書いている。
パトリックは穏やかで忍耐強く、エマーソンは情熱的な性格だそうな。
文章からもそれがうかがえる。
エマーソンが率直なだけに、「自分に正直になりましょう」と繰り返し記すパトリックのほうが回りくどく感じる。
これは、急がば回れで目的を達しようとする外交官の習性なのか、20年早く生まれた分だけ多く受けた抑圧のせいなのか、たんに性格の違いなのか。
全部だろうななんて考えながら読んだ。

内容自体はセクマイ情報を見慣れている目には珍しくない。
普通の事実と普通の経験と普通の主張が書かれているだけだ。
だけどちゃんと届く。
「あなたが自由に生きれば、あなたを見た人も自由に生きる勇気を得る。それが自由な世界をつくる」「人生は一度しかない、傍観していてはいけない」
といった普遍ゆえによくあるセリフを薄っぺらくせずに届けるには、発言する人自身が言葉を裏切らない生き方をしなければならない。
この人たちは、それをしてる。


訳者は本職じゃないか、少なくともセクマイ系ではなさそう。
最初のLGBTの説明が正確じゃない。
Tを「トランスジェンダー=性同一性障害」と説明してあった。
日本語の性同一性障害はトランスセクシャル(体を生物学的な異性に変えたい人)の診断名。
トランスジェンダーは様々なレベルで性役割を越境する人達だからもっと概念が広い。

「夫婦や夫夫」と書くなら「婦婦」も入れようよとか、「男性同性愛者がセクマイの権利擁護運動を引っ張ってきたからLGBTの権利をまとめてゲイライツともいう」との説明とか、無邪気にゲイ中心すぎるのも気になる。
※LGBTに限らず、マイノリティの中のマイノリティ問題というのがある。少数者集団の中でもメインにいない人たちが不可視化される問題。黒人の中の女性、女性の中の障害者、障害者の中の性的少数者、性的少数者の中の少数民族、など。
ゲイが権利運動を牽引したとも言えるけれど、それ以外が無視されてきたとも言えるので、「ゲイのお陰」と言い切るような説明には違和感がある。

「夫夫(ふうふ)」に毎回毎回ルビがふってあるのも鬱陶しい。最初の一回とか、章の最初だけならわかるけど、わざわざ何度も書くと「普通ではない」というメッセージを発してしまう。

あと「おばあちゃんのケーキ」のレシピがわかりにくい。
ケーキひとつにバニラエッセンス小さじ2杯はいくらなんでもいれすぎではないか。
本当にこんなにいれる���かな。

2015/07/02 21:30

投稿元:ブクログ

このオッサンが、そのオッサンに一目ぼれした、という。

・・・・・どういうことなの?

男が男に恋する、というのは、少女マンガみたいな、少女が夢見るような、美少年どうしのキレイな愛の世界ではないんだよね。ああゆうのって、ホント、ウソっぽい、架空の世界だ。

現実的なのは、このオッサンたちのほうである。

2014/09/06 04:31

投稿元:ブクログ

わたしは、人は誰でもその人のままで存在する権利があり、そうあるべきだとずっと思ってきた。異性愛者でも同性愛者でも その間に線を引き さらに有刺鉄線で あちらとこちらをわけるような事はするべきでないと 心の底からずっと思っていた。…と言うより、それが当たり前で 敢えて言及するような事でもないと思ってきた。

だがそれは、現代社会の中で…つまりまだ同性愛者を含むLGTB(レズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシャル)の人達への差別が根強く残っている中で、何の裏打ちもなければ 尊重される事もない、容易く淘汰されてしまうただの薄っぺらな個人の意見でしかないとも思っていた。人の心を動かすような主張をしたい訳ではないけれど、せめて自分が自分自身に確信を持って宣言できるような、確固たる理由を持った意見を心に刻む事が必要だと思うようになってきていたのだ。

そのような期待をこの本に求めて読み始めた訳だが、その期待は裏切られたと言ってもいい。
何故なら、ここに書かれているのは わたしが求めていたような 言葉で説明してしまえるようなものではなく ただ、パトリックとエマーソン 2人の人間の間にある 愛 に他ならなかったから。つまり、わたしが今まで持っていた考えは間違っていなかったし、そこに理由など本当に必要のない事だったのだ。愛こそが理由であり、そこに特別を求めること自体が滑稽な事なのである。

わたしが今愛している相手は 異性であるが、その人がもし、同性であったら?わたしは愛するのをやめてしまっていたか?
答えは いいえ であると言ってもいい。わたしはその人のことを 異性だからという理由で愛しているのではないし、この感情は男と女であるという事の上に成り立っているのではないと思っている(少なくともわたしの中では)。
わたしはその人を 男だとか女だとか そもそも人間であるとか関係なく愛しているし、自分以外の誰か(何か)を愛するという事は 皆に等しく認められていい欲求であり、権利である。どの愛も、他のどの愛とも 比較したり天秤にかけたりする事はできないのだ。絶対に。

オスとメスで分類され、子孫を残す事を本能的にインプットされているわたし達。それは 同性を愛する上では叶えられることがない。ただ、だからといって それが愛では無いと決定づける事は誰にもできない。
パトリックはエマーソンを愛しているし、エマーソンもパトリックを愛している。誤解を恐れずに言えば、ただそれだけの話なのだ。目を瞑るだけでは逃れられない現実は恐ろしいほどだけれど、それを凌ぐほどの愛が この本の中には溢れている。
人が人を愛する権利は誰にも奪うことは出来ず、嘲笑う事も差別する事も 誰にも出来はしない。その当然の事が 当然の事として、広く世界に認められるような未来が 早く来る事を願う。

とても感動したのは、エマーソンとパトリックのメッセージのやりとり。
『永遠の1日先まで愛しています』、『君に月をあげることも、星をあげることもできないけれど、僕の愛をすべて君に捧げよう。そうすれば、僕たちは一緒に月へ、火星へ、太陽へ行くことができる』、『今日は素晴らしい日だった…心から愛する人と一緒��過ごせたから』、『君の愛は僕の人生を美しくする』…。素晴らしい。

それから、イズラエル・カマカヴィヴォオレの『In This Life(この人生で)』、2人が結婚式で流したというこの曲も素晴らしかった。忘れたくないので 歌詞の和訳を抜粋しておく事にする。

「この人生で」

この人生で僕は恵まれていたけれど
心にはぽっかりと穴が開いていた
お金の魔力に取りつかれていた僕を
君が純粋な心で自由にした

世界が終ってもいい
太陽が輝かなくてもいい
愛は無意味だと言われてもいい
すべてが崩れ落ちても
心の底では分かっている
大切な夢が叶ったこと
この人生で僕は君に愛されている

すべての山を乗り越え
荒れ狂う川を渡り
僕が見つけたかった君という宝物
君の愛がなければ、僕は消えてしまう

世界が終ってもいい
太陽が輝かなくてもいい
愛は無意味だと言われてもいい
すべてが崩れ落ちても
心の底では分かっている
大切な夢が叶ったこと
この人生で僕は君に愛されている
この人生で僕は君に愛されている

2015/01/29 05:18

投稿元:ブクログ

すぐに読んじゃった。帯のバラク・オバマはかなり旬を過ぎた惹句な気もする。中身ですが,アメリカ人外交官と日系3世のブラジル人の夫夫がそれぞれに幼少期から現在までを語る部分がメイン。個人的にはリネハン氏のTEDでの演説@京都がなにしろかっこいいと思う。違いは違いに過ぎない(日本語も解するという氏が日本語における「違っている」は「間違っている」の意味も持つという指摘をしているのがはっとする指摘)。基本的には愛のお話として読むべきかも知れないが,生きることを受け入れることが書かれた本だと思う。