サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 趣味・ホビー
  4. くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを(ヤマケイ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/13
  • 出版社: 山と溪谷社
  • レーベル: ヤマケイ文庫
  • サイズ:15cm/295,16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-635-04779-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを (ヤマケイ文庫)

著者 伊沢 正名 (著)

日本全国津々浦々、果ては南米、ニュージーランドまで、命の危険も顧みず、自らのウンコを1万2千回以上大地に埋め込んできた。長年試行錯誤を繰り返してきた著者が、その全容を公開...

もっと見る

くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを (ヤマケイ文庫)

1,058(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ヤマケイ文庫 くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを

847(税込)

ヤマケイ文庫 くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを

ポイント :7pt / 紙の本より211おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本全国津々浦々、果ては南米、ニュージーランドまで、命の危険も顧みず、自らのウンコを1万2千回以上大地に埋め込んできた。長年試行錯誤を繰り返してきた著者が、その全容を公開する。袋綴じつき。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/10/02 06:06

投稿元:ブクログ

HONZおススメで、あとがきまで書いている。キノコカメラマンの野糞の話。そこからキノコが生えてくるのだから科学でもある。ここまで徹底するとある意味、すがすがしい、が離婚されてしまうのもわかる気がする。いろいろ写真や図解があり、電車では読みにくかった。

2015/09/29 11:03

投稿元:ブクログ

野ぐそをすることに生きがいを見いだした、おかしな人の話。
糞は菌類などによって分解され植物の栄養となり、それを動物が食することでサイクルが回っているのだから、野ぐそをするのは素晴らしいことだ、という考えには一部賛同するところもあるが、全面的には賛成しかねる。
世界中の人々が野ぐそをしてみろ、疫病により人口は急減し、持続可能な生活は出来なくなるであろう。
著者本人が野ぐそをするのは、百歩譲って目をつむるとしても、水源からは離れ、林道や登山道からもはなれた場所でお願いしたい。
いくら野糞連続記録のためとはいえ、渋谷やペルーのリマのような都会で野糞をするのは、見えなければいいという問題ではなく、自分勝手としか思えない。
人間は社会の中で生きているという概念が抜けているようだ。

著者には是非こちらの本『トイレの話をしよう 〜世界65億人が抱える大問題』を読んでいただきた。

2014/07/06 00:04

投稿元:ブクログ

実践型ノンフィクション。しかも一冊を通じてひたすら野糞の話。ここまでウンコに強い想いを持ち続けるエネルギーは素晴らしい。

お尻を拭くのも葉っぱであったり、指であったりとエコ思想が徹底している。しかも葉っぱのお尻での感触を真剣に論じている。

さらに、ただ野糞をするだけではなく、それが土に帰っていく過程もつぶさに観察している。しかも最後は味わってしまう。これはさすがに真似出来ない。もはや偉人の領域。

子供の頃に野糞をしたときの爽快感は今でも鮮明に覚えているが、この歳になって実行することは多分ないだろう。
「糞土師」は無理でも「糞土志」ぐらいにはなりたいと思う。

2015/04/20 09:07

投稿元:ブクログ

カテゴリ「ウンコ」。万人にとって非常に身近な存在だが、ここまで思想を突き詰め、実践を積み上げた人もいないと思われる。30年以上、一万回以上の野糞。著者の考え方には同意できない部分もあるが、私はここまで突き詰めてないので反論する資格なし。知久寿焼さんの帯文につられて購入したが、想像以上にヘヴィな読書となった。

2014/10/05 15:31

投稿元:ブクログ

野外での「の○そ」について熱く語る一冊。筆者は菌類やキノコ類を対象とする写真家で、環境保護にも熱心。自然に優しくするためには、すべてを野外で済ますことだと気づき、実践している。本書がスゴイのは、単にやり方を説明するばかりではないこと。土中での食物連鎖、すなわち排泄物が無機物に分解され、再び生態系に戻っていく有様を詳細に調べている。

登山中、小屋が近辺になければ、僕もお外ですることがある(もちろん水場を汚染しない場所を選んで)。これまで、事後のことを気にしたことがなかったが、こんな世界が広がっていたとは。今後いたす時は、生態系・食物連鎖に思いを馳せ、いたすことにいたす。

2014/08/03 14:43

投稿元:ブクログ

HONZメンバーが絶賛する本が文庫本として登場し、
しかも禁断のウンコ写真を袋とじにしているところ好奇心にそそられついに購入。なんともりっぱなとぐろがまかれていた。糞土師となのっている著者は土になったウンコまで研究している。これはりっぱな学術研究書である。

アウトドア ランキング

アウトドアのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む