サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 高杉晋作 情熱と挑戦の生涯

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

高杉晋作 情熱と挑戦の生涯(角川ソフィア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

高杉晋作 情熱と挑戦の生涯 (角川ソフィア文庫)

著者 一坂 太郎 (著)

国や藩を背負った青年武士は何に悩み、怒り、喜び、闘い続けたのか。尊王攘夷運動の急先鋒・高杉晋作が残した手紙や日記、詩歌の草稿など、切実な思いが詰まった多くの史料を紹介。新...

もっと見る

高杉晋作 情熱と挑戦の生涯 (角川ソフィア文庫)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

高杉晋作 情熱と挑戦の生涯

616(税込)

高杉晋作 情熱と挑戦の生涯

ポイント :5pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国や藩を背負った青年武士は何に悩み、怒り、喜び、闘い続けたのか。尊王攘夷運動の急先鋒・高杉晋作が残した手紙や日記、詩歌の草稿など、切実な思いが詰まった多くの史料を紹介。新たなる実像を浮かび上がらせる本格評伝。〔文藝春秋 2002年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2016/01/08 11:25

投稿元:ブクログ

同じ作者の文春新書『高杉晋作』の加筆修正版。

ぼくはどうもこの種の「個人史」というのにそんなに興味がないということが改めてわかった。この種の「個人史」といのはどういうものかというと、帯にある「人間・高杉晋作に迫る」というようなものである。果してどうなったらその人のことに「迫った」ことになるのか、いまいちよくわからない。プライベートなことを書いたら「迫った」ことになるのか?誰も知らなかった新事実を明らかにしたら「迫った」ことになるのか…。

2014/10/03 18:06

投稿元:ブクログ

2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」のために読んでおきたい一冊です。幕末の激動の時期に国や藩を背負った高杉の悩みや怒り、闘い続ける男のドラマが!
29年の彼の人生を浮かび上がらせる名著である。

2015/02/08 21:33

投稿元:ブクログ

意外と良書だった。

小説と違ってセリフも情景描写もない。しかし、資料に基づいて晋作の行動を記し、その時の彼の意図や心理を推測する記述方法に、読む方も否応なく想像力を掻き立てられる。

あと、坂本龍馬って意外と小者(使いっ走り)だったんじゃないかと思われる節が。

角川文庫ソフィア ランキング

角川文庫ソフィアのランキングをご紹介します一覧を見る