サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 吉野北高校図書委員会 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

吉野北高校図書委員会 1(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/17
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/164p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102603-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

吉野北高校図書委員会 1 (角川文庫)

著者 山本 渚 (著)

図書委員の高校2年生・かずら。気の合う男友達で委員仲間の大地が、可愛い後輩・あゆみとつきあいだしたことから、彼への微妙な想いに気づいてしまった。だけどこれは恋ではないと、...

もっと見る

吉野北高校図書委員会 1 (角川文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

吉野北高校図書委員会

432(税込)

吉野北高校図書委員会

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

図書委員の高校2年生・かずら。気の合う男友達で委員仲間の大地が、可愛い後輩・あゆみとつきあいだしたことから、彼への微妙な想いに気づいてしまった。だけどこれは恋ではないと、自分の気持ちにふたをする。一方、そんなかずらへの恋心を抱える、同じく委員仲間の藤枝は…。地方の高校を舞台に、悩み、揺れ動く図書委員たちを描いた、第3回ダ・ヴィンチ文学賞編集長特別賞受賞作。シリーズ第1巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ダ・ヴィンチ文学賞編集長特別賞(第3回)】図書委員の高校2年生・かずらの気の合う男友達で委員仲間の大地が、可愛い後輩・あゆみとつきあいだした。彼女なんて作らないって言ってたのに…。地方の高校を舞台に、悩み、揺れ動く図書委員たちを描く。〔MF文庫ダ・ヴィンチ(メディアファクトリー 2008年刊)の一部加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

吉野北高校図書委員会 7−119
あおぞら 123−158

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.9

評価内訳

2014/08/05 16:39

投稿元:ブクログ

高校時代って特別だなぁ
女子校だったから全然違うんだけど、
でも懐かしい。
気をつければ、日常にストーリーはたくさんあるのかも。

2014/10/12 21:04

投稿元:ブクログ

吉野北高校図書委員の、かずら。
気の合う男友達で委員仲間の大地が、可愛い後輩・あゆみと付き合いだしたことから、彼への微妙な想いに気づいてしまった。
でもこれは恋ではないと、自分の気持ちにふたをする。
一方、そんなかずらへの恋心を抱える同じく委員仲間の藤枝は…。

図書館を舞台にした青春小説でした。
誰も悪い子は居ないので安心して読めます。
しかし片想いしている(?)かずら、藤枝が主な視点になるので、甘酸っぱさは半端なく。ああ、どちらか報われて!
唯一あゆみだけ彼氏持ちだけれども、そんなにラブラブしないなぁ…。
もし続編があれば、藤枝くんとかずらが上手くいって欲しい気も。

2014/07/11 16:36

投稿元:ブクログ

あのころ感じていた、思い通りにいかないもどかしい気持ちがふつふつとよみがえる。

長机ひとつと丸椅子三脚。
2つのキャビネットでほとんど床面積のない狭い狭い部室に放課後のたびにあつまっては、
おしゃべりや読書に興じていたあのころ。
文芸部のはずが、わたしの学年は絵(マンガ)描きが多く入部してきていたからか、
時々思い出したように、コピー用紙に描かれたばかなマンガが部室の壁に画鋲で留められていたりして、
それを読んでは大笑いしたりもした。

わたしも、悩みはあれど、
時間は無限にあるような気さえしていた、無邪気な学生だったなぁ。

この作品に出てくる学生たちはまじめに委員会活動に取り組んでいるところこそ、そんなわたしたちとは違うけれど、
司書室に集まっちゃうところとか、
気の置けない異性の友だち同士とか、
なんだか共感する部分が多くて、
読み終わるのが切なく感じてしまった。

続きも読みます。

2014/10/04 15:02

投稿元:ブクログ

徳島の真面目な校風の吉野北高校。図書委員のメンバーたちの青春のひとこま。
山本かずらは高2。気の合う男友達・武市大地が後輩の上森あゆみと付き合い出したと聞いて、心がざわつく。ただの友達だと思ってい大地というあゆみを、祝福する気持ちと、寂しさと。
そんなかずらを見守る藤枝高広。落ち着いた性格の岸本一(ワンちゃん)は、みんなのまとめ役。


大きな事件も推理もないけど、地方の公立高校生たちの青春の日々が眩しい。

2015/04/08 23:13

投稿元:ブクログ

きらきらの青春@図書館。

図書委員会ののんびりした静けさ(イメージ)が、きっとこの小説の全体の雰囲気を作っている。図書委員会って、まあ、こんな夢のある雰囲気かもしれない、なんて。

章ごとに語り手が変わる。それで、それぞれが意外ともやもやを抱えていることもわかる。けれど、全体的には平和。

全体的に理想的な話ではあるけれど、そこがまた、甘酸っぱくていい。今日マチ子の絵が雰囲気を作っている。基本的に善人しかいない、それなのに少しずつお互いを傷つけている、そんな少女漫画の柔らかさ。

2014/07/18 18:51

投稿元:ブクログ

みんなまっすぐで、ほんとに良い...
こんな恋がしたいなぁ、なんて。

登場上人物の思いが本当に素直で心暖まるんだけど、堀北真希の解説文でさらに頷かされる。高校生と卒業してからの境界線、成人してからの境界線。確かに、確実に、ある。

2014/10/29 21:42

投稿元:ブクログ

ものすっごい軽い。
軽すぎて1時間で読める。

中身は本当に純粋な学園もので
「中学生かっ!」
って突っ込みたくなるほど幼い。

でももしかして自分も高校生だった頃
こんなだったのかもしれないなぁ。

シリーズものらしいので
頭が疲れた時なんかにサラッと読もうかな。

2014/11/01 16:05

投稿元:ブクログ

図書委員の高校2年生・かずら。気の合う男友達で委員仲間の大地が、可愛い後輩・あゆみとつきあいだしたことから、彼への微妙な想いに気づいてしまった。だけどこれは恋ではないと、自分の気持ちにふたをする。一方らそんなかずらへの恋心を抱える、同じく委員仲間の藤枝は……。
地方の高校を舞台に、悩み、揺れ動く図書委員たちを描いた、第3回ダ・ヴィンチ文学少女 編集長特別賞受賞作。シリーズ第1巻。解説・堀北真希(女優)

2015/02/23 16:01

投稿元:ブクログ

読みやすくて、さらっと読んでしまった。
恋愛シーンがキューンってなって涙が出てしまった。
が、、会話が誰がしゃべっているのかわからない感じがちょいと、、

あと、方言はやっぱり読みにくいかな

2014/08/01 13:07

投稿元:ブクログ

大きなハプニングはない。だけど、青春小説だから、日常を描いてるだけなのに、読み手のこっちは幸せになれる。 舞台が図書館っていうのがまず良くて、そこで繰り広げられるドラマがまた良くて―。かずらちゃん可愛い!藤枝、なんか可愛い!(笑)ちょっと女々しいとこも可愛い!最高!で、大地は「THE・美男子」あゆみちゃんは、「THE・美女子」…なんなんだこのコンビ。可愛すぎるだろ!続編読みたい症候群になっちゃいました。文庫は変わるけども、絶対読みます。

2014/09/09 10:09

投稿元:ブクログ

2013/9/9
はぁおもしろかったー!
久しぶりに一気に読みきってしまった

吉野北高の図書委員の話。
誰にでも分け隔てなく接するかずら、好青年の大地、クールに見えるけどあついものをもってる藤枝、大人っぽくたよりがいのあるワンちゃん、女の子から見てもかわいいあゆみ、オタクな西川くん。

それぞれが自分に持ってないものを羨ましく思い、悩む。
自分は自分てなかなか難しい。でも、最後あゆみちゃんが、

今はかなわなくてもいいや。と思うことにしよう。大好きな先輩みんなが私を大事にしてくれている。そのことを一番に考えよう。

わたしも比べてへこむんじゃなくって、今まわりにいてくれている人たちの気持ちを大切にしたい。

学生時代は本の些細なきっかけが大きな行動をうむ。これからの吉野北高のみんながたのしみ!

2015/02/11 16:35

投稿元:ブクログ

藤枝が良いです。
学生青春ものはこうでなくっちゃと前のめりの姿勢で読みました。
あの頃の私はこんなに素直にがむしゃらに学生生活を送ることができなかったので悔しさと後悔でいっぱいです。

2014/10/17 14:49

投稿元:ブクログ

10月17日読了
とっても読みやすく1週間くらいで読むことができた。なんとなくわかる。彼女はいらないと言っていた人にいきなり彼女ができることがある。
裏では、あゆみのようにがんばるから!一生懸命勉強して追いつくから!!と押して押してやっとの思いで大地くんと付き合えたんだ…と思う。
現実の世界でも図々しい女が勝つのだなと思った(笑)
ここで使う図々しいは悪い意味ではないので(笑)
かずらと大地は息は合うが付き合いはしないだろう。わたしは藤枝と付き合って欲しいなと思った。
藤枝が銀杏の匂いがするたびにかずらを思い出し、あの日を思い出す。愛されているなと、羨ましくも思った。
わたしだってあの日を思い出す匂い、風景がある。その度に好きなのだなと思わされる。

2014/06/29 18:14

投稿元:ブクログ

高校の図書委員会を舞台にした青春小説です。甘酸っぱくも、ほろ苦く、でも爽やか。これぞ青春。

彼氏彼女よりもお互いの事理解しちゃう、考えてることが伝わっちゃう異性の友達。ものすごく気が合ってめちゃくちゃ仲いんだけど、恋愛って考えるとうまく想像できなくて、今の関係を壊したくない、かずら。でも彼が他の人と付き合うと自分の独占欲が顔を出してしまう。

読んでいると10年以上も遡って高校生だった自分が顔をのぞかせて、自分に重ねて読んでしまいました。
青春時代というのは大人になってからよりも、ずっと物事を難しく捉えて、難しく考えがちですね。今の年になって物事を大きくおおらかに受取るようになると、高校時代というのは思い出すと恥ずかしい程に頭でっかちで哲学めいた事を考えていました。

この物語の主人公達も、そうやって学校でしか味わえない独特の人間関係や部活や委員会に身を置き乍ら、甘くもほろ苦い青春を過ごし、心を揺らし乍ら自分と向き合ってかけがえなのない瞬間を紡いでいます。素直になりたくてなれない、うまく行く事ばかりじゃない、けどそれも青春。大人よりずっと不器用ででも真っすぐで一生懸命。

小説はさらっと読めてしまいますが、もれなく自分の青春の思い出がついてくること必至です。全体を通して方言が話されているのも、温かみがあって良かったです。続編もあるようなので、楽しみです。
山田詠美の放課後の音符や、ノルウェイの森、エヴァが出て来たりして、自分の知っている情報が登場するのは楽しいですね。竹下夢二が出て来るとこはかなり好みでした。

2014/12/25 22:52

投稿元:ブクログ

本屋さんで見かけて気になってはいたけど、なぜか躊躇してた本。

初っ端で『ノルウェーの森』が話題に出て来て、あぁ俺が
挫折した本をこの子も挫折してるわぁって思ったw

多分甘酸っぱいとか形容されそうな内容だと思う。
けど、何歳になっても恋してる時はこんな感じになるんじゃないかぁと。

学生の頃図書委員なんて興味なかったから、
やらされてもサボりまくる方だったかもしれない。
今なら喜んで引き受けちゃうな。
この高校の図書委員会みたいな雰囲気ならなおさら!

今後の展開が気になるなぁ。
続編出てたと思ったから、今度読もう!

今のところ出て来たキャラの中じゃかず推しw
かずには幸せになってもらいたいもんだ。

追記
これ読んで特に驚いたことが3つ。 
ムカデにかまれるのが結構頻繁にあるらしいって事。
電車ではなく、汽車通学している事。 
堀北真希の解説文の上手さ。