サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学(NHKブックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/17
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: NHKブックス
  • サイズ:19cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-091218-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学 (NHKブックス)

著者 苫野 一徳 (著)

人はどうすれば「自由」に生きられるか? 新進気鋭の哲学者が、「欲望」に着目することで、「自由」を人間にとって最も根本的な価値と捉えなおし、人が「生きたいように生きられる」...

もっと見る

「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学 (NHKブックス)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学

1,058(税込)

「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学

ポイント :9pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人はどうすれば「自由」に生きられるか? 新進気鋭の哲学者が、「欲望」に着目することで、「自由」を人間にとって最も根本的な価値と捉えなおし、人が「生きたいように生きられる」ための条件を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

苫野 一徳

略歴
〈苫野一徳〉1980年兵庫県生まれ。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。専門は哲学、教育学。熊本大学講師。著書に「勉強するのは何のため?」「教育の力」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

2014/08/11 09:50

投稿元:ブクログ

「なるほど」と「問いかけ」が生まれながら読める楽しみ。

検証可能性を追及する哲学の姿勢、そこから導き出される原理がすごい。その先の実践について今後に期待。

・「欲望・関心相関性」の原理
・「人間的欲望の本質は『自由』である」という原理
・各人の「自由」の根本条件としての、「自由の相互承認」という社会原理

・個人の「自由」を可能とするための、「欲望を下げる」「能力を上げる」そして「欲望を変える」
○欲望の中心点は動く。変えられる。これは人間の希望なのである。(168頁)
・欲望の中心点を見つけること。フックを持つこと。網を見つけること。そのための思考。

・承認しやすい環境づくり
・その上で諸規定性を乗り越えること
→しかし、時代や世界は複層的。

・検証可能性=問題範囲の限定。「問うべきは何か」

・諸規定性のある社会を泳ぐ、ヘーゲルのスタンスそのものも興味深い。

・自由の相互承認のための、法、教育、福祉ととらえる。

→諸規定性を乗り越えることが「自由」であれば、ある種社会はそのままでも良いのか、相互承認のための環境づくりは本質ではないのか。

・検証不可能な絶対不可侵なものに原理を置くのではない、ルールの哲学
→原理としての「自由」の可能性、それを目指す社会づくりは必要であるが、一方で、ルールの哲学において、「ルールを守らないもの」を織り込むことは必要ではないか。ルールは守られないこと前提とした原理が必要ではないのか(全てに守られて初めて機能する原理では脆弱ではないか)

2014/07/27 23:24

投稿元:ブクログ

ヘーゲル論あり、米国発、政治哲学批判(思考実験批判)あり。


自由の相互承認がキーワード。

自由を捨てて機械的に生きるほうが楽なのかもしれないが、それは幸福ではない。
幸福とは積極的に難問に向かうこと。

2015/02/27 17:07

投稿元:ブクログ

よく本を読む真面目な研究者だとは思うが、批判が尽くずっこける内容だった。批判としてはちょっと弱いものも多い。少なくともこの本での批判は、読解の甘さや粗雑さ(不誠実で不正確な読解)に基づくところがかなりある。
他に「事実と当為」の話を持ち出して批判しながら、自分で事実から当為を導き出したりしているのはちょっとさすがにひどい。あとがきに、「哲学デビューの本」とあるが、ちょっと批判に気張りすぎじゃないか。

「因果法則から自由」も、そういう表現でまとめるべきものではないと思う。
無駄に分厚い本。
著者の他の本はどうなんだろうか。

2015/07/29 07:41

投稿元:ブクログ

キーワードは、「自由の相互承認」。様々な哲学理論を検証しながら丁寧に説く本書は、自由が生きる上でどれほど大切で、いかに可能であるかを考える上で重要なテキストになると思う。

2016/11/21 16:57

投稿元:ブクログ

おもしろかった。終始論理的で、語られている内容が難しいにも関わらず、少しずつ納得しながら読み進めることができた。
「自由」をここまで徹底的に考え抜いている本はこれが初めてで、自由のイメージを脱して本質を攻めていく過程が非常におもしろかった。