サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. パーソナルデータの教科書 「個人情報保護」から「プライバシー保護」へとルールが変わる
パーソナルデータの教科書 「個人情報保護」から「プライバシー保護」へとルールが変わる
パーソナルデータの教科書 「個人情報保護」から「プライバシー保護」へとルールが変わる パーソナルデータの教科書 「個人情報保護」から「プライバシー保護」へとルールが変わる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/31
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-2533-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

パーソナルデータの教科書 「個人情報保護」から「プライバシー保護」へとルールが変わる

著者 小林 慎太郎 (著),日経デジタルマーケティング (編集)

なぜパーソナルデータ活用で事件が頻発するのか? 個人情報とパーソナルデータの違いとは? パーソナルデータの利活用に当たって、普通のビジネスパーソンが理解しておきたい内容を...

もっと見る

パーソナルデータの教科書 「個人情報保護」から「プライバシー保護」へとルールが変わる

1,404(税込)

パーソナルデータの教科書

1,404(税込)

パーソナルデータの教科書

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜパーソナルデータ活用で事件が頻発するのか? 個人情報とパーソナルデータの違いとは? パーソナルデータの利活用に当たって、普通のビジネスパーソンが理解しておきたい内容を、平易な表現で解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 慎太郎

略歴
〈小林慎太郎〉カーネギーメロン大学公共政策・経営修了。専門はICT公共政策・経営。株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部兼未来創発センター上級コンサルタント。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/18 19:08

投稿元:ブクログ

個人情報はパーソナルデータのうち、特定の個人を識別できるもの。
日本の携帯電話はカメラのシャッター音がしないのは、法律で義務付けらえているのではなく、あくまでもメーカーが自主的にやっていること。

2014/10/18 14:35

投稿元:ブクログ

ありがちな名前だけど、しっかりと教科書然としている本。

パーソナルデータに関して、現状・課題・展望と非常にすっきりまとめられている。体系的という観点では非常に素晴らしい。業務に従事するものとして新たな発見というのはそれほどなかったけれど、誰かにオススメできる一冊。
法務担当者というよりは、情報セキュリティや新規事業立案者が読むべきだと思った。

新宿紀伊国屋本店で購入。大手町の紀伊国屋で買うか迷ったけど、結局買った。

2014/12/10 07:42

投稿元:ブクログ

(パーソナルデータ、個人情報、プライバシーとは、どんなこと?)……「パーソナルデータ」は、一人ひとりの個人に関連する情報の最も広い集合を意味する用語である、この中には個人情報も含まれる。「個人情報」は個人情報保護法で定義されている通り「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」である。パーソナルデータとの違いは、「特定の個人を識別」することができるかどうかである。「プライバシー」は、法令上の定義はないが、一般に、個人や家庭内の私事・私生活、または個人の秘密のことをいうものであると理解されている。判例上は、私生活上の事柄をみだりに公開されない権利として確立されている。
(特定と識別の意味)……個人を「特定」できる情報とは、個人の名前や顔が分かる情報のことで、例えば、住所録などの氏名と組み合わされた情報が該当する。一方、個人を「識別」できる情報とは、個人の名前や顔は分からなくても誰か一人の情報であることが分かる情報のことで、ID番号などが該当する。
(グーグルはなぜ顔認識アプリを禁止するのか?)……メガネ型端末を横着している人に対峙すると、カメラが目に入り、撮影されているかのように感じる。それだけでも、気持ち悪いと感じる人はいるだろう。その上、顔認識や声紋鑑定の技術を使って、自分の経歴が検索されて閲覧されている可能性があるとしたら、不快と感じる人の割合はグッと増えるのではないか。

2014/08/29 21:34

投稿元:ブクログ

今考えているシステムの根幹について
わかりやすく解説されてある書籍。
新たなことを教わったわけではありませんが
体系的に整理されていて、入門書としては
とてもいいかと思います。
今後のシステム開発を実施する体制に組み込む
人々の入門手順書としていいのではと思います。

2015/08/09 00:52

投稿元:ブクログ

パーソナルデータの定義から、パーソナルデータを使ったビジネスや、データの取り扱いにおける論点などが整理されていて読み易い。
アメリカやEUの事例もかなり詳しく紹介されている。

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む