サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

翼、ふたたび

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/22
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-81960-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

翼、ふたたび

著者 江上 剛 (著)

経営破綻したヤマト航空。外部から招かれたカリスマ経営者のやり方に反感を抱く社員たちだが、次第に意識が変わり、社内がひとつになっていく。そして、東日本大震災が起こり…。JA...

もっと見る

翼、ふたたび

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

翼、ふたたび

1,280(税込)

翼、ふたたび

ポイント :11pt / 紙の本より448おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経営破綻したヤマト航空。外部から招かれたカリスマ経営者のやり方に反感を抱く社員たちだが、次第に意識が変わり、社内がひとつになっていく。そして、東日本大震災が起こり…。JAL再生をモデルにした経済小説。【「TRC MARC」の商品解説】

破綻した大手航空会社。社員の意識を変えることで再生し、先の震災を乗り越えるまでのドラマを描く感動のノンフィクション・ノベル。【商品解説】

著者紹介

江上 剛

略歴
〈江上剛〉1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。第一勧業銀行築地支店長時代の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年同行退職。他の著書に「起死回生」「腐敗連鎖」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/27 15:24

投稿元:ブクログ

江上さんの本は、金融関係や会社更生など、社会的な問題を提起した本が多いと思うのですが、この本はそんな中にあってしみじみと心に染入るような部分もある本でした。ちょっと、普段の江上さんの本とは異なる部分がありますな。。
面白い本でした。

2016/06/13 23:47

投稿元:ブクログ

JALの再建が物語の元となっている。経営破綻を機に、空港で働くスタッフ達が力を取り合い、再建までの方針をぶつかり合いながらも検討していく。後半は東日本大震災が起こり、そこでの奮闘が綴られる。企業小説を多く書く著者だけあって相当厚みがあったが、登場人物への思い入れが抱けなかった。個人のディテールをもう少し描いて欲しかったかな。

2014/08/06 23:02

投稿元:ブクログ

☆☆☆☆4つ

こういう「素」な小説もたまにはいいのだ。
全くのひねりもなければ落とし穴も無い。するするすべすべと読めて、まんべんなく頭のなかに入ってくる小説である。

でも、結構小説的技工の様なものはそこらじゅうに使われていて、あ、ここだな!って何の抵抗も無く判ってしまうところが、なんちゅーか安心して?読める。そうまさにこういうのを「読める」っていうのだろうなぁ。

そしてしかも存外に面白いw。

序盤の「ヤマト航空」と繰り返し出てくる社名がどうにも鼻につく。どうして「日本航空」ってハッキリ言わないんだ。破綻の引き合いに出すアメリカのGMの事は平気で実名で書いてるのに。しかも「ヤマト」という他に実在する企業名をどうして使うか。日本=大和=ヤマト か?。考えているようで何も考えていない結果に終わってしまっていますm(__)m。

しかし、中盤からの「人」を中心に据えた物語展開に入っていくと、この作者の本来持っている読み手をお話の中に引き込む技が冴え渡って来るようだ。
でも「お、こりゃおもしろいぢゃねーか」と感じ始めたところへ、何を思ったか東日本大震災からの仙台空港の復興のお話がメインになってしまって、物語自体もそこで終わってしまった。
『翼、ふたたび』というかっこいい題名のカンバンは降ろすべきでしょう。すまぬ。

2014/12/06 22:38

投稿元:ブクログ

破綻した、日本航空の再生に携わった人々の話。万民半官のお役所体質により、経営が破綻。稲盛さんの手により、見事に復活した。会社とは、社員一人一人が同じ方向を向いてないとダメになってしまう。まあ、日本航空は傲慢経営であった。サービス業なのだから、本来お客様の為と言うことを忘れているのだ。リストラや債権放棄によって再生出来た事を忘れてはならない。途中から東日本大震災の話になって、涙が出てしまった。物語は中途半端で終わってしまった。研修で出会った二人の恋愛事情も途中で終わり、尻切れとんぼ的なのは残念であった(^_^;)

2014/10/15 22:44

投稿元:ブクログ

電車で読むんじゃなかった。結構泣けます。

JAL再生の話の中で稲盛さんの話が出てくるのはいいし、東日本大震災の話を出してもらってもいいんだけど、キレイにまとめすぎてないでしょうか。

まぁ、泣けたからいいですけど!

2015/01/21 15:44

投稿元:ブクログ

JALの再生物語。いい言葉がいっぱい。「企業の宝とは、そこに集う社員であり、さらには社員の心だと思っています」「サービスは個と個」「人間として何が正しいかで判断する」そして地震、がんばろうニッポン。