サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

名著で読む日本史

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/01
  • 出版社: 育鵬社
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07062-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

名著で読む日本史

著者 渡部 昇一 (著)

日本最古の歴史書「古事記」から、中世の軍記物語「太平記」、尊王思想がわかる山鹿素行の「中朝事実」、東京裁判史観の呪縛を解く「東條英機宣誓供述書」まで、古代〜近現代の“歴史...

もっと見る

名著で読む日本史

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

名著で読む日本史

1,026(税込)

名著で読む日本史

ポイント :9pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本最古の歴史書「古事記」から、中世の軍記物語「太平記」、尊王思想がわかる山鹿素行の「中朝事実」、東京裁判史観の呪縛を解く「東條英機宣誓供述書」まで、古代〜近現代の“歴史が解る”16冊を厳選、論評する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡部 昇一

略歴
〈渡部昇一〉昭和5年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。同大学名誉教授。第24回エッセイストクラブ賞、第1回正論大賞受賞。著書に「知的生活の方法」「日本語のこころ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/25 23:49

投稿元:ブクログ

128頁:この彰考館という名前は,杜預という人が『春秋左氏伝』の序に書いた「彰往来考」(往事〈過去〉を彰(あきら)かにし,来時〈未来〉を考察する)に由来しています。そして彰考館には,光圀自らが揮毫した「彰往来考」の扁額が架けられたといわれています。
・正しい文字の並べ方は「彰往考来」。この文字が見えるのは,『舊唐書』呂才傳。『左傳』杜預「若夫制作之文,所以章往考來/若し夫れ制作の文は,往を章らかにし來を考うる所以なり」。「彰」ではなく「章」の文字が使われている。意味はかわらないけれども。
133頁:南朝を正位とし,北朝を閏位(けいい)としたことです。
・ルビをつけたひとは,「閨閥」の「閨」字に見えたのだろう。
145頁:『日本楽府』の最後は,……明から来た使者が携えた手紙の中に「汝を奉じて日本皇帝となす」と書いてあるのを発見し,怒って引き裂いたという話で終わっています。
・頼山陽『日本楽府』「史官讀到日本王。相公怒裂明冊書」。册書に書かれている「日本王」を「日本皇帝」と訳していては,大陸との関係を読み違えるのではないでしょうか?ただ,著者は「『日本楽府』は極めて読みにくく,そのおかげで私はしょっちゅう『大日本史』にあたることになりました。それによって『大日本史』を語る資格ができたような感じもしています」という。この『日本楽府』の部分に当たる『大日本史』は「讀册于秀吉之傍,至曰:封爾爲日本國王。秀吉變色,立脱冕服抛之地,取册書扯裂之」になっている。どうして「国王」を「皇帝」にかえたのだろうか?『日本楽府』の「吾國有王」を「知らぬかわが日の本は唯一の帝(みかど)おわしまし」と訳しているところから見ると,著者にとってはどうしても「王」は「皇帝,帝(みかど)」を意味しないと,いけなかったのだろう。
148頁:相模太郎膽如甕 相模太郎は肝甕の如し
・「膽」が「胆」ではなく「肝」にかえられている。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む