サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

噓と絶望の生命科学(文春新書)
噓と絶望の生命科学(文春新書) 噓と絶望の生命科学(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/18
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660986-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

噓と絶望の生命科学 (文春新書)

著者 榎木 英介 (著)

難病の治療、食糧危機解決など、あらゆる夢を託された生命科学。だが予算獲得競争は激化、若手研究者の奴隷化が進むなかで、研究不正が続発…。今や虚構と化した生命科学研究の実態を...

もっと見る

噓と絶望の生命科学 (文春新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

嘘と絶望の生命科学

850(税込)

嘘と絶望の生命科学

ポイント :7pt / 紙の本より14おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

難病の治療、食糧危機解決など、あらゆる夢を託された生命科学。だが予算獲得競争は激化、若手研究者の奴隷化が進むなかで、研究不正が続発…。今や虚構と化した生命科学研究の実態を、医師・元研究者の著者がレポートする。【「TRC MARC」の商品解説】

「小保方さんなんてかわいいほうですよ」
世紀の大発見のはずが一転、論文不正やねつ造の報道にとってかわられ、世間を驚かせたSTAP細胞をめぐる騒動。しかし、バイオの研究者たちの実感はというと、「もっと真っ黒な人たちがいる」というものだった。

iPS細胞の発見にはじまり、再生医療や難病の治療、食糧危機や絶滅した生物の復活まで様々な応用可能性が期待され、成長産業の柱として多くの予算を投入されるバイオ。しかし、生命現象の未知の可能性と崇高な目的が謳われるその裏で、バイオ研究を取り巻く環境は過酷さを増している。若手研究者たちの奴隷のような労働実態、未熟で自己流の研究者が多数生み出される大学院の実態、絶対の存在である大学教授、続発する研究不正……。

STAP細胞騒動の背景には何があったのか。一連の騒動によってあぶりだされた知られざるバイオ研究の虚構の実態を、かつて生命研究の一端に身を置いた科学ジャーナリスト賞受賞の病理医が、あらゆる角度から徹底検証。バイオの未来を取り戻すための提言を多数盛り込んだ決定版の1冊です。【商品解説】

著者紹介

榎木 英介

略歴
〈榎木英介〉1971年横浜生まれ。近畿大学医学部病理学教室講師。博士(医学)。病理専門医、細胞診専門医。「博士漂流時代」で科学ジャーナリスト賞2011受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

生命科学研究の最前線とは

2015/03/22 01:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

IPS細胞、STAP細胞と話題に事欠かない生命科学。その裏側で過剰な予算獲得競争や、研究不正なども問題となっています。生命科学研究の現状の一面、それが研究不正を煽ってしまう構造を、かつて同分野の研究者であった著者の経験に基づいて書かれています。
予算獲得・ポスト獲得への過剰な競争が研究不正の動機となり得ること、そして研究不正について「責任ある研究活動と捏造・改ざんとの間は連続的で、その中間的な状況があり明確に線引きできない」ためにデータを分かりやすく加工するだけの作業が次第にエスカレートして遂にデータの捏造を産んでしまう事を著者は指摘しています。
任期が数年という研究職の雇用形態が主流となり、よりポストへの執着を生む現状など、研究不正への誘惑を駆り立ててしまう構造的な問題点も挙げています。
著者が指摘している点を「全くそのとおりだ」と思うか、「でも不正をせずに研究している人もいる以上、甘えではないか」と思うかは読者によって判断が分かれるのではないかと思います。ただSTAP細胞の件が決してレアケースではなく、同じような問題が他にも多々あることは間違いなく、小保方氏だけをスケープゴートにするような論調は慎むべきだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/26 09:15

投稿元:ブクログ

 あらすじを読むと、いまはやりの「STAP細胞事件」が特別なことと言うよりは、よくあることであると分かる。
 大学や研究機関の閉鎖的な仕組みのなかで、それぞれが最少の労力で利益を得るために起きたのかな、と。
 象牙の塔はガラス張りにしないといけないんだろうなぁ。
 あー。
 あと、銀行が不正を防ぐため2年で異動となるように、研究室に対しても何らかの制約を設けるべきかと。
 それから(私も一部あるんだろうけど)、バブル以前の高度成長期にモノを得た人、あるいは得ると思ってしまった人はどうしてもそれにしがみつく。しかしながら、これからの社会的に分け合うというか、思っていたよりも利益が少ないとしても、それでもあきらめて生きていくってのも大事かなぁと。
 たぶんバブル以前の人は、そこまで死なない。

2014/11/10 04:12

投稿元:ブクログ

ついに死者まで出てしまったオボガタSTAP事件。しかし、コピペとつじつま合わせが当たり前の論文や、共同著者論文とは誰も全体の責任を持たない論文であること、博士号資格がろくなチェックを受けずに与えられていたことなど、日本バイオ研究界の闇を明らかにしてくれたという点では評価されるべきかもしれない。

本書はオボガタ問題以前から、研究者たちの絶対的な上下関係や予算分捕り重視の姿勢を問題視していた著者の集大成。結局、バイオ研究というのは、公的予算をどうやって手にするかにかかっており、ルックスの良いリケジョ、ピンクの研究室など、世間へのわかりやすいアピールが研究そのものよりも大事なのだ。逆に言えば、あまりにアピールが過ぎる研究発表はちょっと疑ってかかるべきだ。

以前、民主党政権のスパコン研究の事業仕分けで「2位じゃダメなんですか」という言葉が批判された。しかし、オボガタ問題は急いで1位を目指したための結果だったような気がする。

2014/08/11 23:47

投稿元:ブクログ

2014 8/9読了。ご本人からいただいた本。
あの『博士漂流時代』を書かれた榎木先生の最新刊。
STAP細胞問題で注目が集まるバイオ業界を中心に、研究不正がなぜ起こるのか、その背景にある構造を丁寧に、でも実感をこめて解説していく本。

教授への権力集中、労働集約的でやればやった分だけ成果につながりうる研究スタイル、過当競争とでもよその業界には出ていけないスキルセット、その結果としての「ピペド」状態・・・。
「そうなんだよ、だから研究不正だけにいくら対策投じても仕方ない構造があるんだよ!」とか思ってた(事実、研究公正局のある米国でも不正減の効果には疑問があるそうだ)ところを突いてくれている。
そのことがちゃんと世に広まるのかは・・・政策立案等でも意見聞かれるのは主に・・・とか考えると、うん、まあ、うん・・・。

2015/01/31 10:16

投稿元:ブクログ

医者の生態について書かれた部分はまったく同感。基礎研究については、膨大な時間と金のムダが必要だと思ってるんだけど、それを許さない感じは昔っからあるかなあ。あとは学問の世界と企業をもっと活発に行き来する風土をつくると、一つの研究分野で失敗しても、才能ある研究者が行き場を失うことはないような気がしている。バイオ研究者だけに限った話じゃないけど。

2015/05/24 20:59

投稿元:ブクログ

筆者はバイオ系博士課程から、医学部に転向した現在医者である。バイオ系の大学院生、ポスドクを取り巻く就職状況や労働状況を分析した。年収や就職先、就職率など統計的なデータを用いており、客観的な分析を行っているが、ところどころに筆者の呪詛が。。。
 完全に距離をおいた分析の書として熟読するより、筆者の呪詛が含め楽しむつもりで読む本。

2014/09/10 22:15

投稿元:ブクログ

アカデミアを断念し,医転して現在は病理医をしている著者が,自分の経験と科学への関心・期待に基づいてバイオ分野での研究不正の背景に切り込んでゆく本。
研究環境にまつわる負の側面ばかりが強調されてしまっているので,これを読んで,科学なんてまるでダメじゃないかと感じてしまうかも知れない。教授の権力濫用,ピペド問題,研究者教育の不徹底,ポストの不足,過度な競争,研究費の分取り合戦,インパクトファクター至上主義,ゲストオーサーシップ…。こういうシステムが,捏造や剽窃の温床になってしまっていて,ディオバン問題やSTAP細胞問題は氷山の一角にすぎないという。
研究不正問題に関しては,春に下のような感想を抱いたのだけど,かなりナイーブだったなと感じている。
"門外漢ですが,自然科学の研究者にはただ誠実であってほしいと願う者です。その姿勢が完全に欠落している人間が,なぜあんなポストを得て,周りも皆騙されてしまったのか,それだけが分かりません。市民の応援とかどうでもいい。業界の自浄努力を願ってます"
難題であることは間違いないが,今度のことをきっかけに,バイオ研究の構造的な問題にメスを入れて少しでも改善していって欲しい。

2015/01/16 20:02

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16073398

2014/12/23 15:14

投稿元:ブクログ

研究不正多発の背景には、成果への厳しい要求、激しい競争がある。院生はまともな教育を受けず、労働力として酷使される。科学版非正規雇用労働者ポスドク。ポストは少なく、数学や物理が苦手で他分野の職につけない。

今の時代、仕事として普通に活躍できるところが、たくさんあるように思うのですが。

2014/10/12 15:11

投稿元:ブクログ

ピペド。ひぇー。あまりのサブタイトルたちに読み切ってしまった。が、だんだん同じことの繰り返しになり残念。

2016/03/18 13:12

投稿元:ブクログ

捏造シリーズの最後一冊。
捏造だけでなく、社会全体のポスドク問題を捉えていて私自身は非常に納得できる一冊であった。
女性研究者が厳しいというのも納得できた。
研究者の週あたりの勤務時間は80から100時間も15パーセントはいる、うんうんと頷いてしまう。
そして、休みの間も研究について考えていないといけない。休みはあってないようなものだ。
それでも、やらないという選択肢は見つからず、休みなのに実験のために出勤する本日。

2015/03/18 15:25

投稿元:ブクログ

ブラック企業化する大学の研究室。程度は違えど、どこの研究室でも起こっているだろうし、起こって当たり前の環境だ。教授たちや学生たち一人一人が気を付けて、どうにかなることではないので、制度から変えなきゃな。

研究界、特に生物学界、にこれから入っていこうという人は現状を知っておくためにも読んでおくべき本である。

2014/10/10 07:18

投稿元:ブクログ

IPS細胞、STAP細胞と話題に事欠かない生命科学。その裏側で過剰な予算獲得競争や、研究不正なども問題となっています。生命科学研究の現状の一面、それが研究不正を煽ってしまう構造を、かつて同分野の研究者であった著者の経験に基づいて書かれています。
予算獲得・ポスト獲得への過剰な競争が研究不正の動機となり得ること、そして研究不正について「責任ある研究活動と捏造・改ざんとの間は連続的で、その中間的な状況があり明確に線引きできない」ためにデータを分かりやすく加工するだけの作業が次第にエスカレートして遂にデータの捏造を産んでしまう事を著者は指摘しています。
任期が数年という研究職の雇用形態が主流となり、よりポストへの執着を生む現状など、研究不正への誘惑を駆り立ててしまう構造的な問題点も挙げています。
著者が指摘している点を「全くそのとおりだ」と思うか、「でも不正をせずに研究している人もいる以上、甘えではないか」と思うかは読者によって判断が分かれるのではないかと思います。ただSTAP細胞の件が決してレアケースではなく、同じような問題が他にも多々あることは間違いなく、小保方氏だけをスケープゴートにするような論調は慎むべきだと思います。

2015/07/07 17:29

投稿元:ブクログ

全250ページ中、200ページまでは本の題名通りの業界の批評。批判することで、どこかから作者に利益が廻ってくるのではないかと疑ってしまう。
「繰り返しになるが」「述べたことをさらに追及すると」「報道で知っての通り」と前置きして問題をしつこい繰り返しが延々と続き、すっ飛ばして読んだ。
230ページ目くらいからは、今後の展望になる。

ネガティブな批評ばっかり続く読み物は疲れる。
結局、作者は立場上安全なポジションであるから批判出来るのでしょうね。
切ったり縫ったり触ったりしながら治療する一人一人の
医師の活躍と同時に、研究の成果で一気に問題を突破した薬剤や治療法などで沢山の人を一気に治療できるような分野に夢を燃やす人たちがいるのもいい事じゃないか。
この本が取り扱う内容は、もともと博打好きな人間の中の、良い方向の博打屋だと思う。
自分の家族が人生を博打のように生きたら、そら心配だし問題だが…。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【STAP細胞騒動の背景を解き明かす】STAP細胞事件は氷山の一角に過ぎない。バイオ研究の現場で何が起きているのか、元研究者で病理医の著者が背景を解き明かす。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む