サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す
CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す
CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/28
  • 出版社: ファーストプレス
  • サイズ:19cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904336-79-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す

著者 藤井 剛 (著)

新しい戦い方「CSV×イノベーション」に、日本再生の活路を見い出せ! CSVの戦略的側面に焦点をあて、欧米CSV先進企業の取り組みを考察しながら、日本企業が骨太な新事業創...

もっと見る

CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す

1,944(税込)

CSV時代のイノベーション戦略

1,296(税込)

CSV時代のイノベーション戦略

ポイント :12pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新しい戦い方「CSV×イノベーション」に、日本再生の活路を見い出せ! CSVの戦略的側面に焦点をあて、欧米CSV先進企業の取り組みを考察しながら、日本企業が骨太な新事業創造を実現していくための処方箋を述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

2014/09/01 21:08

投稿元:ブクログ

CSV(Creating Shared Value: 共通価値の創出)による新事業戦略とはどのようなもので、なぜ注目されているのか、どうすれば大きなビジネスチャンスになるのかが概観できた。
従来の社会貢献(CSR: Corporate Social Responsibility)の、本業とは別の費用負担的な取り組みではなく、地球規模の社会的な課題FINDER(Frontier science、Information & communication、National harmonization、Demographics、Economics & finance、environmental Resource)を解決するという大義を掲げて、政府やNGOとともに新たなルールのもとのビジネスで席巻していく。
日本の企業が取り組めていない世界の潮流に触れることができたと感じられた。
14-127

2015/03/10 23:25

投稿元:ブクログ

2015年38冊目。

同じ「社会課題への取り組み」でも、CSRと一線を画すCSV(Creating Shared Value)戦略がこれからの企業にとっていかに必要かが説かれている。

■CSR:企業戦略とは別、本業とは別予算
■CSV:競争に不可欠、利益の源泉

社会課題の解決をビジネスの源泉とするCSVを提唱したのは、なんと競争戦略論で著名なマイケル・ポーター氏。
企業の存続の上でも、本業としての社会課題への取り組みは急務となってくる可能性は高い。

この本の優れているところは、

■ビジネスチャンスが眠る社会課題がカテゴリーでまとめられていて、それぞれに取り組んでいる企業の実例も明示されている。
■考え方・取り組み方を随時見事に図示してくれるためきちんと整理される

社会課題の解決に関心のある事業者はもちろん、純粋にイノベーションを求めている組織にとっても危機感とヒントを得られる素晴しい良書。

【メモ】
■社会課題解決という“大義”&ルールを作り出す
■投資割合⇒既存領域:周辺領域:革新領域=70:20:10
■イノベーションのブレーキは社外よりも社内に多い
■バリューチェーンの上流の変革⇒下流にも影響を及ぼせる
■ルールの順守⇒ルールの構築
■既存事業と新規事業では目線・思考を変える
 ⇒新規ではROIで“選択”するよりも、“磨き上げ”を行う
 ⇒新規ではダウンサイドリスクに偏り過ぎる傾向あり
■社内共通の価値観があればトップダウン成功する
 ⇒GEのエコマジネーション

2014/10/04 07:53

投稿元:ブクログ

最近、デロイトに注目しているので購読してみました。

まず、「CSV」という意味も知らず、「CSRの派生??」と思っていましたが、Created Shared Value=共通価値の創出の略で、あのポーターが提唱し始めたものだそうです(経済的価値を追い求めながら、社会的価値も創出する、という意と理解しています)。

日本なんかにいると、日常的にはモノが溢れており、これ以上のイノベーションはドラえもんの秘密道具の域しかないんじゃないかと思ってしまっていました。
しかし、確かに、社会的問題は収まることなく、語弊があるかもしれませんが、そこにチャンスがあるとも言えます。

あと印象的だったのは、行政に働きかけてルールを作っていくという発想。
これまでマクロ環境は、どちらかと言うと、自分ではどうしようもないので合わせていくものという理解でいましたが、それでは新しい市場は作っていけませんね。

普段の自分の興味とは違ったのですが、批評に留まらず具体的な事例・提案も多く、いろいろ気付きがあって良かったです。

2014/11/15 17:54

投稿元:ブクログ

周りから高評価だったので読みましたが、あまり私の期待には合っていませんでした。

全体の論旨は、
「新規事業開拓におけるリスクテイクをできないというgeneralな日本企業がいます。
社会にはこんな問題がまだあります、
いくつか既知の事例として、こんな企業があります。亅
というもの、どれも浅く広く。

デロイトのパートナーの方が執筆されたので、特に3つ目のパートでよりビジネス寄りの具体例に突っ込んだ話を期待していましたが、
より網羅性や読みやすさを追求されたのかもしれません。

CSVという概念がともすると骨抜きになりやすいという方向性には同意ですが、内容としては今ひとつでした。
ビジネスの最前線にたたれている人が書いてることに意味がある、そんな印象。

2014/10/09 10:25

投稿元:ブクログ

CSV(Creating Shared Value) は、競争戦略論、国際競争力研究で著名なハーバード大学のマイケル E. ポーター教授らが中心となって提唱する経営モデル。

ポーター教授が、社会的価値に目を付け、「競争優位の戦略的フィランソロピー(社会貢献活動) 」を提唱したのは2006年、
その後2011年に「共通価値の戦略」を発表。

2015/05/20 20:57

投稿元:ブクログ

良著。社会課題の解決を企業の本業とするための方法論。ただ自分の考える視点を使えば更に改良できると思う。本書にもあるようにCSVはすぐには成果が出ないので、これだけで飯を食うのは大変だが、頑張ってみよう。

2014/12/28 20:01

投稿元:ブクログ

冬休みのお供に上司から借りた一冊。
CSVの概念は理解できるものの、政治的な動きも加味されるため、このままだとかなりの大企業か商社的な形態でないと厳しいのでは?とも思う。
破壊的イノベーションを起こすために、中小の製造業に何ができるだろう?

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む