サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

叛鬼(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277901-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

叛鬼 (講談社文庫)

著者 伊東 潤 (著)

室町時代末期の関東。若き主君の横暴により、すべてを失った男・長尾景春。誰よりも早く下剋上を成し遂げようとした景春は、独善的な守旧勢力に敢然と牙をむき、下々のために新しい世...

もっと見る

叛鬼 (講談社文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

叛鬼

756(税込)

叛鬼

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

室町時代末期の関東。若き主君の横暴により、すべてを失った男・長尾景春。誰よりも早く下剋上を成し遂げようとした景春は、独善的な守旧勢力に敢然と牙をむき、下々のために新しい世を築こうとするも、その前に兄とも慕った巨人・太田道潅が立ちはだかった。何度負けても再起した男の不屈の闘志を描く。【「BOOK」データベースの商品解説】

好かぬ小僧だ−。関東管領を継いだ上杉顕定を一目見て、長尾景春は思った。腹悪しき主君との軋轢は深まり、やがて叛旗を翻した景春は下克上を果たし…。何度負けても再起した男の不屈の闘志を描く。〔2012年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

下剋上だ! 主君の上杉顕定に叛旗を翻し、かつて慕った太田道灌を敵に回した戦国の鬼・長尾景春の激動の生を描く。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読後感想

2015/07/08 20:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:monmo - この投稿者のレビュー一覧を見る

馴染みの薄い中世関東の戦国模様を描いた作品ですが、一気に読める面白さ満載の素敵な作品でした。この作品をきっかけに享徳の乱関連作品をもっと読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/16 14:28

投稿元:ブクログ

全1巻。
北条早雲とならぶ関東下克上の雄、
長尾景春のはなし。

戦国初期、北条早雲と同世代で、
何度負けてもあきらめずに抗い続けた人らしいが、
いかんせんこの時代の関東は複雑すぎ。
正直あまり頭に入ってこなかった。

そこそこメジャーな太田道灌を兄と慕いながら、
後に争う事になる流れは良いのだが、
中盤早々に太田道灌は退場してしまう。
その後は舞台の複雑さもあって
急に事務的になっちゃう印象。
後半は、前半とは違う物語な感じ。

生涯全てでなくてvs太田道灌に絞ればよかったのに。

2015/10/14 21:44

投稿元:ブクログ

戦国前期、主君の関東管領に反旗を翻した長尾景春を軸に、関東の争乱が深まっていく様を描く。山内と扇谷の両上杉氏、古河公方など既存の権威が衰退する経緯がわかり、景春、太田道灌、後北条氏の祖となる伊勢宗瑞、上杉謙信の父長尾為景などあまり知らなかった魅力的な人々のイメージが鮮明になったのは収穫。ただ複雑な離合集散の連続もあって肝心の景春が何者だったのかよくわからなかった。

2015/05/09 22:54

投稿元:ブクログ

古河公方と両上杉(山内上杉・扇谷上杉)氏が争った時代、裏切りに裏切りを重ねて関東地方を大混乱に陥れた長尾景春の生涯を描いた小説。ただ、長尾景春は言われているほどの悪人ではないと感じた(著者がそのような解釈で描写しているからではあるが)。越後上杉氏から養子で入った関東管領・山内上杉顕定が当事者能力に乏しく、長尾景春にとっても、他の在地領主や民衆にとっても不幸だったのかなと思う。まあ、誰がやっても、あの時代をまともに治めるのは無理か…。この小説は、目まぐるしく移り変わる複雑な勢力関係がよく整理されており、北条氏以前の関東戦国史を理解するのにも役立つ。

2015/03/09 15:01

投稿元:ブクログ

室町時代末期の関東。若き主君の横暴により、すべてを失った男・長尾景春。誰よりも早く下剋上を成し遂げようとした景春は、独善的な守旧勢力に敢然と牙をむき、下々のために新しい世を築こうとするも、その前に兄とも慕った巨人・太田道灌が立ちはだかった。何度負けても再起した男の不屈の闘志を描く。

2016/01/18 21:02

投稿元:ブクログ

これは、長尾景春の生涯を描いた長編歴史小説である。時は、正に、室町時代が破綻し始め、親子の血も武士の魂に劣る荒れ果てた時代を景春の視点から浮き彫りにしたストーリーである。時代の流れに沿って ストーリーは展開するのであるが、戦乱の時代、下剋上が専らの時代。景春は、そういう時代にあって、自己や血を重んじる人物像として描かれており、戦乱の時代にあって自己を通すところに、共感を覚える。また、早雲が次の時代を担う者として随所に出てきている。最後まで景春が生き残ったことが何よりだ。