サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

妻の沈黙(ハヤカワ・ミステリ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

妻の沈黙 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 A.S.A.ハリスン (著),山本 やよい (訳)

不動産開発業で成功を収めた夫トッド。彼を支えるサイコセラピストの妻ジョディ。二十年以上連れ添ってきた二人の生活に、ある日亀裂が入った。トッドの浮気相手が妊娠したのだ。まだ...

もっと見る

妻の沈黙 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

994(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

妻の沈黙

896(税込)

妻の沈黙

ポイント :8pt / 紙の本より98おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不動産開発業で成功を収めた夫トッド。彼を支えるサイコセラピストの妻ジョディ。二十年以上連れ添ってきた二人の生活に、ある日亀裂が入った。トッドの浮気相手が妊娠したのだ。まだ見ぬ我が子に心を奪われはじめるトッドと、すべてを知りながら何も言わないジョディ。二人のあいだの緊張が最高潮に達したとき、事件が起きる―。誰にでも起こりうる結婚生活の顛末を、繊細かつ巧妙に描いたベストセラー・サスペンス!【「BOOK」データベースの商品解説】

不動産開発業で成功を収めた夫トッド。彼を支えるサイコセラピストの妻ジョディ。トッドの浮気相手が妊娠したことで、20年以上連れ添ってきた彼らの生活に亀裂が入った。2人の間の緊張が最高潮に達した時、事件が起きる−。【「TRC MARC」の商品解説】

夫の突然の裏切り。賢く美しい妻は復讐を考えるが……全米騒然の傑作サスペンス登場!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (1件)

表紙のイメージ勝ち

2016/03/13 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

夫婦やら家族の形は人それぞれ、“普通”という決まった形のものはない、ということはなんとなくわかってきたつもりですが、それでも他の人の話を聞いて「ほぅ」・「なんかすごいですね」と思ってしまうこともあり、これってやはり自分の家族とか、世間一般に流布する“なんとなくこれが普通”のイメージに自分が左右されてしまっているからだろうか。
そしてこれもまた、世の中にごく普通にいそうな夫妻の物語。
(しかしこのタイトル、妻が黙るって、いちばん怖い気がするが・・・。)

不動産開発で成功している夫のトッドと、家事を完璧にこなしつつセラピストとしても働く妻のジョディ。 結婚生活は20年以上続いていて、その生活はこれからも続いていくものだとお互いが(特にジョディは強く)思っていたが、トッドの浮気相手(しかもトッドの幼馴染の娘!)が妊娠したことで二人の生活は大きく変わり始めて・・・という話。

ジョディ視点・トッド視点で章が交互に進むので、二人の心理というかそのとき感じていることがこちらには手に取るようにわかるのだが、特にトッドはそのとき思ったことがのちの行動に反映されないことが多く、「あぁ、これが男のダメさってやつね」としみじみ。 そしてジョディに至ってはセラピストなのに自分の気持ちにあえて蓋をすることでなかったことにする態度を貫き、それがすごく怖いです・・・。

特に大きな事件が起こるわけでもないのに、心理描写だけで読ませてしまうのは、やはりどこにでもいそうな“ごく普通の夫妻”に起こりうる出来事、だからでしょうか。
あ、帯の<あと数カ月で、彼女は殺人者になる。>については、彼女が殺すのはトッドだと思っていたけれど、途中で誰を殺すのかわからなくなったのが大変スリリングでした。

そんなわけでギリアン・フリンの『ゴーン・ガール』のほうが仕掛けが派手で映画向きであるのに対して(実際、デヴィッド・フィンチャー監督で12月日本公開です)、『妻の沈黙』は文字通り地味で静かながら奥行きがあり、じっくり描けるテレビドラマ向きといえるかも。(2014年10月読了)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/25 17:00

投稿元:ブクログ

前半は女癖の悪さから、元の生活に戻れない夫と何と無く気づいている妻のやりとりが面白かったが、後半は一気に普通のミステリーに。

2014/11/23 21:57

投稿元:ブクログ

よくできた妻がいながら、親友の娘と浮気をしているトッド。
ある日浮気相手から妊娠を告げられ結婚を迫られて…。

貞淑な妻はサイコセラピストっていう設定をもっと活かせたらサスペンスになったのになぁ。
どれもこれもエピソードが中途半端。
妻を唆す友人が途中退場してしまうのもなんだかなぁ。
よくあるオチなのはいいんだけど、ゴーン・ガールを引き合いに出すのはどうかと思うよ。

2014/09/28 21:22

投稿元:ブクログ

女癖の悪い男が親友の娘を孕ませてしまい、妻と離婚し新生活を始めようとするが。
サスペンスと謳っているが、あまりハラハラしたりする事が無い。男と妻の視線で交互に章が分かれているが捻りも全く無い。オチも予想の範疇。期待外れだった。

2015/01/23 20:15

投稿元:ブクログ

人生をもっと貪欲に楽しむ資質を持ちながら、どこか控え目な妻ジョディ。彼女の忍耐と沈黙は、単なるプライドではなかったのだなあと思うと切なく、夫の単細胞っぷりがさらに際立って哀しい。

2015/01/04 13:16

投稿元:ブクログ

長く連れ添った内縁の関係の男女が別れることになるアレコレ。
大人の関係の居心地の良さから内縁夫の女癖の悪さに目をつぶり、家事を完璧にこなしてきた内縁妻だが、内縁夫が若い女を妊娠させてしまったことから戻れない道へと進んでいく。

内縁関係だと離婚時に慰謝料など財産分与を一切しなくてもよいというお国柄のため、金銭関係のトラブルも重くのしかかる。

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む