サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 彷徨える艦隊外伝 2 星々を守る盾

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

彷徨える艦隊外伝 2 星々を守る盾(ハヤカワ文庫 SF)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/22
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/623p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011972-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

彷徨える艦隊外伝 2 星々を守る盾 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ジャック・キャンベル (著),月岡 小穂 (訳)

シンディックの小艦隊を追い払い、謎の異星種族の艦隊を撃破したアライアンス艦隊司令長官ギアリーは、ミッドウェイ星系への連絡士官として、巡航戦艦“ドラゴン”の艦長ブラダモント...

もっと見る

彷徨える艦隊外伝 2 星々を守る盾 (ハヤカワ文庫 SF)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

彷徨える艦隊外伝2 星々を守る盾

1,166(税込)

彷徨える艦隊外伝2 星々を守る盾

ポイント :10pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シンディックの小艦隊を追い払い、謎の異星種族の艦隊を撃破したアライアンス艦隊司令長官ギアリーは、ミッドウェイ星系への連絡士官として、巡航戦艦“ドラゴン”の艦長ブラダモントを派遣した。ブラダモントから、ヴァランダル星系にミッドウェイ星系所属艦艇の乗員が多数捕虜として収容されていることを聞いたイケニ大統領は、捕虜引き取りのために小艦隊を派遣する。だが、その行く手には怖るべき罠が待ち受けていた!?【「BOOK」データベースの商品解説】

ミッドウェイ艦隊は捕虜を引き取るべくヴァランダル星系に向かうが、その行く手には!?【「TRC MARC」の商品解説】

ミッドウェイ艦隊は捕虜を引き取るべくヴァランダル星系に向かうが、その行く手には!?【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

次から次へと大変だわ

2016/03/15 15:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kenny - この投稿者のレビュー一覧を見る

次から次へと大変な状況になりつつも、それを乗り越えて、互いへの信頼を高めつつ、最後はめでたしめでたし、となると思ったのに、ならないのねー。

誰が暗殺しようとしたのかわからないままだし、最後はアレだしなー。

これ、続編あるんですよね?ないとまずいと思うなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本編の(元)敵勢力を描写したシリーズの2巻

2015/03/18 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Job - この投稿者のレビュー一覧を見る

彷徨える艦隊の主人公ギアリーとシンディックで唯一友好関係を結んだミッドウェイ星系が全盛期の共産国家のような体制から民主国家へ生まれ変わろうとする物語の第二弾。

相変わらず面白いけれど、読者としての希望を言うとギアリーが「謎の種族」
を粉砕する所でミッドウェイ星系のメンバーが「あいつはバケモノだ、敵に回してはいけない」と驚愕するシーンが見たかった。

外伝には彷徨える艦隊の数少ない不満点である「敵側の内面があまり見えない」
点をもうちょっと補って欲しい所です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/28 02:25

投稿元:ブクログ

本編の方は対未知の異星人の戦いが軸となり、当初の頃と少々方向性が変わって来ていますがその分この外伝シリーズでは人間同士の駆け引きが主軸にあり、その意味ではシリーズ初期に近い印象。


ただ華麗な艦隊戦は少なく、どちらかというと暗闘メインでスパイものと言っても通じるかも。

ミッドウェイ星系がどういう方向に進んで行くのか、続刊を楽しみに待ちます。

2014/09/28 18:08

投稿元:ブクログ

やはり外伝の方が読んでて楽しい。
ミッドウェイ艦隊の兵員を確保するため、シンディック捕虜をアライアンスから受け取る作戦を実施。
メインストーリーも楽しいけれど、個性的な各キャラクターの人間関係とか様々な思惑とか。
マーリンとモルガンの関係は、あぁヤッパリそうきたかとういう感じではあったけれど。

2014/08/26 13:07

投稿元:ブクログ

本編『彷徨える艦隊』シリーズでは敵側だったシンディックの人物を主人公に据えたスピンオフ作品の第二巻。

テンポの良い語り口でスラスラと読めるし、おもしろいことはおもしろいのですが、体制が違っても主人公の思考パターン・行動パターンが本編の主人公のそれとあまり違わないのに少々の違和感を感じます。

物語の終盤で、主人公にのっぴきならない危機が襲いかかって『第三巻へ続く』となるのですが、外伝シリーズを引き伸ばすのもいかがなもんか、という気もします。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む