サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ふめくりすとの恋(白泉社花丸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/21
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 白泉社花丸文庫
  • サイズ:15cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-87729-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)

著者 小宮山 ゆき (著)

憧れのピアニストで大学の講師でもある黒田宗弘のコンサートで、突然譜めくりの代役に指名された史樹は、緊張し散々な結果だったにもかかわらず、今後も譜めくりを頼まれることに。完...

もっと見る

ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)

730(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ふめくりすとの恋【イラスト入り】

730(税込)

ふめくりすとの恋【イラスト入り】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

憧れのピアニストで大学の講師でもある黒田宗弘のコンサートで、突然譜めくりの代役に指名された史樹は、緊張し散々な結果だったにもかかわらず、今後も譜めくりを頼まれることに。完璧な容姿や類まれなる才能とは裏腹に黒田の性格は傲慢で、絶対に近寄りたくないと思っていたのに、その演奏はうっとりするほど美しく、ピアニストを目指す史樹はいつも感動してしまう。二人きりでレッスンを続けるうち、黒田のピアノに対する真摯な姿に触れ惹かれていくが、彼にとって自分はただの譜めくりでしかない事が切なくて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

音大生の史樹は、あこがれのピアニスト黒田のコンサートで譜めくりを頼まれる。黒田の性格は傲慢で、絶対に近寄りたくないと思っていたのに、その演奏はうっとりするほど美しく…。【「TRC MARC」の商品解説】

ピアニストを目指す生真面目な音大生の史樹は、あこがれの若きピアニスト黒田の講義に参加するが、黒田はとんでもなく傲慢な男で、さらにはコンサートで無理やり譜めくりをさせられることになって!?
2014年8月刊。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/24 15:40

投稿元:ブクログ

2作目です。どちらも挿絵様に恵まれていますね。1作目はあまり好みではなかったというかあまりストレートな感じがしなかったんだけれど、 こちらはわかり易く不器用な攻が良かったですね。 "ふめくり"なるものをはじめて知ったんですけれど、それを題材っていうのも面白かったです。 あとがきにもありましたが、華やかな世界のお話なんだけれど、地味~というか庶民的で 私として好みのお話でした。

2014/09/19 00:39

投稿元:ブクログ

■若きピアニストな口の悪い大学教授・黒田と、悩める大学三年生・史樹の意外と初心な恋模様。黒田は冒頭こそ傲慢で手厳しい印象を与える男ですが、意外と性根は優しくて臆病なことが次第にわかり、とてもかわいいです。警戒心の強い捨て猫みたいな? 結構糖分の高い物語でした。
■物語は音大ということで、クラシックの描写がたくさん出てきます。実在するクラシックの曲が何曲も登場して、それがどんな曲かが地の文で瑞々しく解説されています。そうした情緒的な描写が個人的にとても好きなのですが、物語の本筋(恋模様)の引き立てという点では少し不足に感じるところもあり残念です。

■物語終盤で、史樹が約50ページに渡り思い込みで突っ走って傍目には滑稽な一人芝居をするので、そういうのが苦手な人は終盤で萎えるかも。私はかなり苦手でした……。
■黒田はすごくかっこいい!

2016/10/20 06:42

投稿元:ブクログ

教授×ピアニストを目指す音大生
クラシックたまに聴くので、読んでて楽しかった。…でも、気難しい俺様攻めの人格形成のにもう少し踏み込んでもらわないと、ただの嫌な奴で終わってしまう。というか受けは何でこんなにほだされ安いの?簡単に許しちゃうの?自分的に攻めの俺様行為がセクハラに及んだ時点でアウトでした。