サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

韓国人による沈韓論(扶桑社新書)
韓国人による沈韓論(扶桑社新書) 韓国人による沈韓論(扶桑社新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/02
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07088-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

著者 シンシアリー (著)

なぜ、韓国は同じ過ちを性懲りもなく繰り返すのか? 韓国人である著者が、2014年に起きたセウォル号の沈没事故と、韓国の反日思想の類似点を検証し、責任感のなさ、法律の機能不...

もっと見る

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

821(税込)

韓国人による沈韓論

648(税込)

韓国人による沈韓論

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、韓国は同じ過ちを性懲りもなく繰り返すのか? 韓国人である著者が、2014年に起きたセウォル号の沈没事故と、韓国の反日思想の類似点を検証し、責任感のなさ、法律の機能不全、集団利己主義などについて述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シンシアリー

略歴
〈シンシアリー〉1970年代、韓国生まれ。韓国人。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記『シンシアリーのブログ』が日本人に愛読されている。著書に「韓国人による恥韓論」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

セウォル号沈没事故から読み解く韓国の反日構造

2014/09/07 15:44

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンシアリーさんによる韓国論の第2弾です。即買いしました。
 本書では、セウォル号沈没事故と反日を対比させ、現在の韓国人の思考・行動を浮き彫りにしようという内容でした。
 『韓国で言う「謝罪」とは弱者を決める手段であり、謝罪させることで無条件で自分のせいではなくなることになり、同時に「相手が自分より下になる」』とのことです(228ページ)。また、韓国人は『自分が所属している集団だけを「ウリ(私たち)」とし、それ以外を「ナム(他人)」としながら、事あるごとに「ウリだけ団結」します(138ページ)』。つまり韓国民を団結させ、分裂を防ぐ最強の「ナム」は日本であり、反日は最強の国策となっています。
 『慰安婦問題で国家として「謝罪」した日本は、永遠に韓国の「下」であるわけだから、韓国に隷属するまで、謝罪と賠償しろ・・・もはや「謝罪しても無駄だ(許さない)」という流れになっていて、朴大統領の「千年恨む」はその延長線上の発言(224ページ)』。つまり、日本へは永遠に謝罪と賠償を求めるということです。ところで、平身低頭でペコペコする都知事の姿こそ、韓国人にとって「正しい日本人の姿」だったでしょうね。
 この同じ構造が、今回のセウォル号沈没事故の「被害者だから何をやってもいい」という態度に表れている。つまり『大統領が謝罪したから、犠牲者家族は大統領より「上」になり、「被害者」という名の、無敵の権力者が生まれた(246ページ)』という分析です。
 「反日」=「憎しみ」、「憎む」=「愛国」という構図の中で、この思考・行動パターンは「反日」に止まらず、社会生活の中に広く浸透してきており、このままでは「沈韓」するだろうという予言の書でした。

 とにかく、韓国人による韓国論ですので、説得力があります。シンシアリーさんは奇跡的に「反日教」に洗脳されなかったからこそ、自国を客観的に見ることができるのでしょう。自国に居ながら、自国を完膚なきまでに批判するわけですから、その覚悟と勇気には感服します。引き続き、韓国のナマの情報を発信してほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/28 19:48

投稿元:ブクログ

前著を出してから直ぐに次の催促があったんだって~震災後に三春の滝桜を見に来て,脱北軍人を思い出し,最善の策ではなくても何かやるならコレだと納得した~ ああ韓国人で居るのが嫌だが,セウォル号のように沈んで乗っていた人が死んでしまうように韓国という国が沈没してもしがみついていようと・・・・

2015/06/01 16:21

投稿元:ブクログ

セウォル号の事件を受けてのこのタイトル。
『沈韓論』
韓国人歯科医師シンシアリー(男性)の二作目。
前作より、なんだろ濁った所をついているのかも。
すっきりと、整理してかかれていた前作より…も。

地域や生まれその他日本とは異なる差別の元、いろいろ。
障害者の売買や、外国人への虐待。
そして。
セウォル号犠牲者。
高校生と一般人犠牲者との差別。って…

冒頭で。
桜の起源は韓国。いうことに。
馴染みの薄い桜を急に植えだす自治体が増え、お花見マナーもわるいと。日本には桜にまつわる童謡もあるのに。韓国にはない。それにかわる韓国の春の花ゲナリとジンダレがあるのに。
な、のに。日本より若い樹齢の桜並木を植える韓国なん、だそう。

韓国の問題を【反日】で片付けてしまう、目をそらす(そらさせす)風潮…
ホントに、そうなの…と、前作からも思わずにいられない。三作目も、もう、でているんだ…

2014/10/28 06:30

投稿元:ブクログ

韓国内に住む、親日?韓国人による、韓国評。
今回は、例の、客船沈没事件と、韓国そのものの相似を中心に筆を進めていて、判りやすく面白い。

それにしてもだ。

どの韓国本読んでも、日本に生まれてよかったと思うし、子供たちも日本に生まれてまだよかったと思うのだし、この先どう付き合っていくのかと鬱々とした気分になってくる。

2014/12/07 08:00

投稿元:ブクログ

韓国人の著者が、韓国の反日感情や、それに伴う様々な矛盾や奇行(!?)について書いています。
ワイドショーなどを見て、「韓国、ケシカラン!」と腹を立てている人にとっては、そのモチベーションをさらにアップさせることのできる本だと思います(僕は、人のイヤな部分ばかりを聞かされたときのような気持ちになりましたけど)。

2015/02/17 22:24

投稿元:ブクログ

セウォル号事件に対する韓国内での対応に啓発され、反日やそれまでの様々な事件に対する韓国内での対応が、同じ病巣に端を発していると、根本が同じであるということを、沈むという表現で書かれています。韓国人であるから、同国のことだからこその切実感が伝わってきました。
読んでいて、韓国人のことが嫌いになりそうな内容です。ここに取り上げられているのは、韓国の中でも声の大きい人のことで、そうでない人もたくさんいるということを、頭の片隅に置きながら読むべきと思います。
文章が上手く書かれているというものではなく、しばらくは何が言いたいのかを把握できず、読みにくさを感じました。最後まで読めば、なぜこの本が書かれたのかも含めて分かると思います。

2015/01/13 21:49

投稿元:ブクログ

つけあがり国家韓国には関わりたくない。パククネの顔は見たくもないし拒絶。印象的だったのは日本の謝罪と賠償には終わりがなく無限おかわり自由、謝罪しても無駄だ、恥を知れ、千年恨む。韓国で言う謝罪とは自分が相手より下になること。いい加減にしろ!

2015/05/01 16:28

投稿元:ブクログ

船の事故で、亡くなられた方々がかわいそうだった。
まだ、将来がある高校生が含まれていた事が、より一層不幸に思えた。
彼の国が好きでも嫌いでも、人の命は一緒。社会全体に問題があるのは問題だとは思うが…。
比較的正確に情報を報道している新聞やテレビがあると著者が云っていた。この点については、日本の方が劣っていると感じる。

2014/10/02 12:19

投稿元:ブクログ

天に唾するだけの韓国は間違いなく遠からず沈むに違いない。セウォル号は現在の韓国そのものだったことが良く分かった。

2015/01/05 23:11

投稿元:ブクログ

隣国の人が書いた本にしては冷静的・客観的に書かれている。国民全てが反日ではないと分かってはいるのだけれど、もうどうしようもないんだろうな。日本と韓国が戦争でもして韓国が勝つまでは延々と今の状態が続くだろう。それが韓国の反日。韓国には反日がないと国が成り立たない。悲しい国だ。

2015/03/23 21:34

投稿元:ブクログ

韓国生まれ、韓国育ち、韓国在住のアラフォー歯科医師が母国を憂う第2弾。セウォル号の事故などを含め、韓国がなぜ同じ過ちを繰り返すのかなどを解き明かしています。

2016/03/21 17:25

投稿元:ブクログ

「韓国人による恥韓論」(韓国人ブロガー「シンシアリー」氏による韓国の反日についての本)の第二弾である。

韓国の反日を説明しながら母国の韓国を憂う、という内容・スタイルは前著と同様である。
今回は「セウォル号沈没事件」を題材としている。

さすがに2冊目ともなるとやや飽きてきた、という感じである。

ただ、著者の語り口はとてもマイルドなので、内容の過激さに比して嫌味なところがないのは素晴らしいと感じる。

2016/02/10 22:12

投稿元:ブクログ

韓国人の特徴
①一度、相手を否定すれば、相手がどんな解決策を打ち出しても、受け入れない。
②韓国というブランドを傷つけるものは、許さない
③事実だろうと自分の気に入らない部分は認めない。
④今や未来で上に立とうとせず、胡麻化しやすい過去で上に立とうとする。
⑤責任を取らない
⑥すぐに退職するから、専門家が育たない

①については、日本人も気付き始めている。韓国と日本が分かり合える日は、永遠に来ないと。
②③については、日韓併合を例に出せば、わかりやすいだろうか。朝鮮が日本の保護されるのを望んだにもかかわらず、日本を悪くいうのである。また、日本統治時代に、人口が増加し、インフラが整備され、教育も進んだにもかかわらず、そのようなことは気にいらないから一切認めない。
④については、日本の柔道が、韓国発などと嘘をついている。なんとも、醜い人たちだ。
⑤については、セウォル号の沈没事件でも、船長を始め、誰も素直に責任を認めるものはいなかった。
⑥については、韓国人の54%の労働者が3年以内に仕事を辞めている。また、韓国では、職人が尊敬されず、馬鹿にされている。日本とは、大きな違いだ。セウォル号でも、専門家が少ないことが、救助に悪影響を与えていた。

以上を読むとわかるとおり、韓国人には誠実さがなく、プライドが高いだけである。
とても、日本と価値観を共有できる相手ではない。
日本は、むしろ中韓より、台湾と価値観を共有していると思われ、今後は日台関係を重視すべきである。

サイト内検索

キーワードを入力