全品ポイント2倍(~9/30)

後妻業
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 110件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390088-9
  • 国内送料無料

紙の本

後妻業

著者 黒川 博行 (著)

金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、...

もっと見る

後妻業

1,998(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、脳梗塞で倒れ一命を取り留めたものの意識不明の重体に。だが、その裏で、実は小夜子と結婚相談所を経営する柏木は結託、耕造の財産を手に入れるべく、周到な計画を立てていた。病院に駆けつけた耕造の娘・尚子と朋美は、次第に牙をむく小夜子の本性を知り…。【「BOOK」データベースの商品解説】

前科持ちの結婚相談所の男と、結婚したパートナーと死別を繰り返す中年女につきまとう黒い疑惑。恐るべき“後妻業”の手口と実態とは…。「色で老人を喰う」恐ろしき稼業を描く戦慄の犯罪小説。『別册文藝春秋』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

「色で老人を喰う」裏稼業を描く戦慄の犯罪小説

妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、六十九歳の小夜子と同居しはじめるが、夏の暑い日に脳梗塞で倒れ、一命を取り留めるも重体に陥る。
だか、裏で小夜子は結婚相談所を経営する前科持ちの男、柏木と結託していた。
病院へ駆けつけた、耕造の娘である尚子、朋美は、小夜子の本性を次第に知ることとなる――。
結婚相談所の男と、結婚したパートナーと、死別を繰り返す女につきまとう黒い疑惑。
恐るべき“後妻業”の手口と実態。
「黒川節」炸裂、欲に首までつかった人々が奔走する。犯罪小説の手練れが、身近に忍び寄る新たな「悪」を見事に炙り出す。
『カウント・プラン』をはじめとするコンゲーム小説、『文福茶釜』などの美術ミステリー、『悪果』などの警察小説、そして直木賞を受賞した『破門』をはじめとする桑原&二宮の「疫病神」シリーズなど、関西を舞台にした数々の作品で、オリジナリティに溢れたテンポある会話と、リアリティに満ちた描写、そして一気に読ませるストーリーテリングの妙で、他の追従を許さない犯罪小説の第一人者・黒川博行による直木賞受賞第一作。【商品解説】

著者紹介

黒川 博行

略歴
〈黒川博行〉1949年愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。「キャッツアイころがった」で第4回サントリーミステリー大賞、「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー110件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

本当の現実世界を垣間見た

2015/08/27 19:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りれ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々のヒットでした。男のひとの悲しい性がよく描かれています。

「90代のおじい、棺桶に半分足突っ込んどるのに、看護婦さんが体拭いてて、
あそこ拭いてる時、ううって声あげとったわ。まだわすれきれられへんねんな」

それが分かっただけでも、我々女は勉強になります。
ありがとうございました。黒川さん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブーム牽引?の一冊

2015/06/03 22:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の刊行後に、京都の筧ちさ子事件や、やしきたかじん未亡人の件が話題になり、「後妻業」がクローズアップされ、一躍この作品にも脚光が当たりました。
著者によると「後妻業」というのは、弁護士の間では知られていたとのこと。綿密な取材を重ねて一つの物語にまとめた作者の力量にはただただ感服するしかありません。
面白いです。百田尚樹「殉愛」とセットで読むといっそう楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殉愛

2015/10/26 10:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞受賞作も読みごたえがあったが、直後に出された本著も、よく書かれた一冊だ。故・やしきたかじん氏の後妻に収まった女性の「殉愛」を意識しながら読まざるを得なかった。最近も同じような本があった気がするし、実際にも起きた気がする。ネタ自体が面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

このようなビジネス形態

2015/09/21 15:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後妻 - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中にこのようなビジネスがあるとは知りませんでした。女性は年齢ではない。この作者には世の中の裏側のビジネスを描いた作品が多く興味深く読ませてもらっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き込まれ一晩で読破

2015/02/28 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

青酸カリで夫や内縁の男性を次々に殺した容疑者が捕まり、その後、大阪の大物タレントの後妻による騒動が起きました。まるで「後妻業」と話題の中心になったこの本。聞けば、グリコ事件の際も地道な取材と先を見る目で執筆した本の内容で「犯人と間違われた」こともある著者とのこと。興味を持ち購入しましたが、最初のページからグイグイ引き込まれ、夜に読み始めて明け方まで止まることなく読んでしまいました。その後、妹に貸しましたが、妹も同じ思いをしながら読んだらしく、興奮したメールがきました。大阪弁がとっつきにくかったですが、慣れてくればそれがいい味出していました。この後どうなるかな?と、この先も知りたい最後でした。続編出たらいいのにな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

後妻業

2015/01/10 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松田 健 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現実社会の一部をみごとに言い当てた傑作。
実際に発生している多くの問題を提起している。
欠点は、非現実的な、取材不十分な部分がある。
最終的には各方面の専門家に意見を聞く等して、事実はどうのようなものか検証した方が良かった。
例えば、今時、不動産登記情報を知るのにいちいち法務局に走ることはない。
全国の登記情報をインターネットで瞬時に取得している。
作家の年齢からすれば、作品の主人公によくでてくるIT分野が不得手なのかも知れないが、少し取材すれば現実離れがわかるはず。
背景が現在なので、修正が必要。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/10 00:32

投稿元:ブクログ

【要旨】妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、六十九歳の小夜子と同居しはじめるが、夏の暑い日に脳梗塞で倒れ、一命を取り留めるも重体に陥る。
だか、裏で小夜子は結婚相談所を経営する前科持ちの男、柏木と結託していた。
病院へ駆けつけた、耕造の娘である尚子、朋美は、小夜子の本性を次第に知ることとなる――。
結婚相談所の男と、結婚したパートナーと、死別を繰り返す女につきまとう黒い疑惑。
恐るべき“後妻業”の手口と実態。

黒川さん2冊目。
おもしろい!!!
後妻業を仕掛ける側と、仕掛けられた遺族側と、それを調べる刑事崩れの探偵。
三者三様。
次々暴かれる過去から目が離せない。一気読み。
最後、そういう終わりを迎えるとは思っても見なかったから呆気にとられたが、どちらか一方のみが旨味を得て丸く収まるというのも出来過ぎだから、これがリアリティなのかも。
とにかくおもしろかった!
黒川さん、他も読んでみよう。

2014/09/10 21:50

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、脳梗塞で倒れ一命を取り留めたものの意識不明の重体に。だが、その裏で、実は小夜子と結婚相談所を経営する柏木は結託、耕造の財産を手に入れるべく、周到な計画を立てていた。病院に駆けつけた耕造の娘・尚子と朋美は、次第に牙をむく小夜子の本性を知り…。

2016/03/07 23:00

投稿元:ブクログ

とにかく怖かった。
後妻業に狙われたら、寂しい高齢男性はひっかかってしまうだろうな。
ラストはあっけなかった。
(図書館)

2015/06/12 14:25

投稿元:ブクログ

少し前、関西で実際に起こった事件をベースにしたと思われる、裕福な老人に近付いては事故を装って殺害して財産を手に入れる「後妻業」のお話。小説の舞台も大阪で、よりリアリティを感じさせてくれます。関西圏の人はよりいっそう楽しめるでしょう。

2016/07/22 10:40

投稿元:ブクログ

暫く読書をしていないけどテンポよく読めた。
最後まで面白そうと期待したけど、そこだけがいまいちだったかな。

2015/08/25 22:24

投稿元:ブクログ

後妻業
公正証書遺言を書かせ、相手を殺す
婚姻関係になくても
遺産は全て遺言の通りになる

69歳のババァが結婚詐欺を繰り返す。罪悪感の欠片もなく物語は進み、最期はサクッと終わった。

2014/12/29 00:12

投稿元:ブクログ

結婚相談所で知り合った高齢男性と入籍し、公正証書を組ませて殺害、遺産をまきあげる、という犯罪を繰り返す結婚相談所長と女性の話。

似たような事件が最近、世間の耳目を集めたばかりでタイムリーというかなんというか。。。

まぁ、保険金でも絡まないとなかなか高齢者の突然死は通常、病死として扱われて警察の調べもないだろうから、こういうケースは多いのかも。

オレオレ詐欺もそうだが、高齢者を狙う犯罪って多いんだなぁと改めて思った。

2015/03/30 01:35

投稿元:ブクログ

*テレビや雑誌の実録物が好きな人に
*関西弁が恋しい人に

後日そっくりの事件が実際に発覚して話題になった本。主人公はただただ遺産目当てに幾人も殺してきた非道な女なんだが、被害者の個性がほとんど描かれないのと(遺族は出てくるが、故人との湿っぽい思い出話はなし。まあーその歳で淋しいからって色ボケしちゃった父親との関係なんてこんなもんかもなぁという距離感がリアル。)、当人の声が聞こえてきそうな呆れるほど図太い関西弁のせいで、特に義憤めいたものを読者に抱かせず、犯罪小説としてからりと後味の悪くない仕上がりになっている。

2016/05/13 08:27

投稿元:ブクログ

前々から、読みたかった本。
世間を震撼させたあの事件の前に描かれた本、ということで興味があった。はじめはそれこそ、軽妙なテンポの会話で引き込まれたが、だんだん後妻業という
犯罪の手口の巧妙さに寒気すらした。公正証書っていうのは、本当に曲者。最後は尻切れとんぽで終わって
なんかあっけなかったけれど、あれだけ事件を追って
真相が解明されたというのに、犯人を裁ききれずに
終わるというのが現実なんだろう。