サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

A国生活 (FC)(フィールコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

A国生活 (FC)

著者 楠本 まき

A国生活 (FC)

1,490(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/10 23:22

投稿元:ブクログ

20140910
本屋でみかけて、楠本まき懐かしいなー、英国いるんかー、と思って買ってみた。
10年以上住んでらっしゃるのですね。
日常的なお話が並んでて楽しい。
9年分の時間の経過ものんびりしてていい感じ。
他の英国本も読みたいなぁ。

紅茶のとこはかわいいイラストで素敵でした。
まぁでもこれは好みなんだよね…みたいな感じで。
置いておくと不味くなるってのは紅茶によると思ったんだけど、ダージリンセカンドフラッシュが好きなんじゃ、そりゃそうだ!と。
不味くなる可能性高いし、ダージリンは硬水の方が不味い方の渋みが出なくていいと私も思う。
とかなんとか。

2015/04/01 16:48

投稿元:ブクログ

昔に比べると随分くだけてラフになった画風の近年。
楠本さんの世界観は画風が変わっても、エッセイコミックでも変わらず、それは詰まるところ、本人も認めるところの「A国オタク」故なのですね。
深く納得、そしてますます楠本さんに影響されてA国好きになってゆくのでした…。

2014/12/02 12:08

投稿元:ブクログ

大好き!まきさんの新刊。たのしみにしていました♡相変わらず素敵です。
英国での生活。住んでみないとわからないことありますよね。いろいろ知れて楽しかったです。

2014/09/14 22:48

投稿元:ブクログ

文字通り英国での生活や失敗談がユーモアも交えて書かれていてあっという間に読めます。英国人の気質や性格もあああるあると思うところがいっぱい。同じ英国在住でも日本人の悪口ばっかりのあの人とは大違い。

2014/08/31 17:41

投稿元:ブクログ

英国生活のエッセイ漫画。

好きなもの、興味があるもの似てるなぁと。
やっぱり楠本まきが好きだなぁって思った。

でもそろそろ長編漫画が読みたいなぁ。


(購入)

2014/08/15 21:09

投稿元:ブクログ

新刊出たあああ!!!(感涙)

英国エッセイ漫画も3冊目。それぞれ微妙に形式が違うけど、AtoZとトレジャーハントは一応同じ流れか。
今回のは一番コラム的というか、四コマみたいな定型コマ(内容は8コマ1頁×3くらいで一本)なので、読む順は縦なんだけど、どうしても横に目が動いてしまうのは私だけだろうか。

9年かけてようやく単行本化…。その間にはいろいろあったわけで、懐かしくも遠い目になりつつ。
今までの2冊はコンセプトのせいもあり、ガイドブック要素が強めだったけれど、今回はまきさんの生活に寄り添ってて『耽美生活』の流れで、内容をかなり軽めにした印象。個人的にはそんな生活感が嬉しい。

単純に「英語できるんだなあすごいなあ。私は階段の踊り場にロックアウトされたら踊り場の地縛霊になるしかないな…」なんて思いつつも、やっぱり憧れは強く。
湿度の無さとゴシックとすぐ謝る国民性が私を惹きつけてやまない…英語…か…。

毎回同じことで締めてる気がするけど、永遠のバイブルとカリスマ性を確立させたまきさんともなれば、もはや長編漫画など描かずとも悠々生きていけるとは思うけど、描かないのかな……いやいやエッセイだろうがなんだろうが大好きだし面白いし描いてくれるならなんでもいいです!と葛藤しつついつでもいつまでもどんな新刊でもウェルカム待機しております。

2015/03/24 23:04

投稿元:ブクログ

作者の英国での生活をつづったコミックエッセイですが、不思議で変わった国の、大変そうで、それでも魅力的なお話を、お洒落な絵柄で描いていて、楽しく読ませていただきました。

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む