サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々 1(富士見L文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/08
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 富士見L文庫
  • サイズ:15cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-070303-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々 1 (富士見L文庫)

著者 佐々木 禎子 (著)

宇佐見右京。二十九歳、ホラー作家、超がつくほどの遅筆で、〆切り破りの常習犯。そんな彼の担当編集者である青鬼修輔は、今日も今日とて、右京の家に押しかけて原稿の催促をしていた...

もっと見る

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々 1 (富士見L文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々

648(税込)

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宇佐見右京。二十九歳、ホラー作家、超がつくほどの遅筆で、〆切り破りの常習犯。そんな彼の担当編集者である青鬼修輔は、今日も今日とて、右京の家に押しかけて原稿の催促をしていた。…もちろん原稿は書き上がっていない。かくしてダメ作家にネタを提供すべく、青鬼は東京・中野の雑居ビルにいる占い師のもとへ右京を連れ出した。だが、そこは「呪いのビル」と呼ばれていて…!?【「BOOK」データベースの商品解説】

宇佐見右京は気弱で冴えないホラー作家。しかも締切り破りの常習犯。そんな彼に、担当編集・青鬼(ドS)は巷で噂の「呪われたビル」の取材を命じる。だが、そこにはとんでもない事件が待ち構えていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2016/04/09 21:28

投稿元:ブクログ

タイトルそのままの本。ところどころBLっぽい(ありがとうございます!!!)。
軽いタッチだけど、特に主人公・宇佐見の弟である左京のかかえるものがどことなく暗かったり、人の顔が野菜に見える立野の存在が不気味で、いつ猟奇的な事件に発展するんだろう…とビクビクしてたらそうじゃなかった。良かった。
立野は同じ作者さんの別の作品の主人公のようですね。

人面犬・占い師へのストーカー事件・お化けが出る呪いのビルの秘密などが一つにつながり、最後までハラハラと進む感じ。
作家の宇佐見と編集の青鬼のMとSな会話がポンポン飛び交い、笑える。

あとがきに作者さん自身が書いていた『SというのはMに引き寄せられ、Mの存在を得て、Sの才能が開花する』という言葉は名言だと思います。
作中の青鬼と宇佐見の関係はこれかー! と腑に落ちました。

2016/08/29 22:44

投稿元:ブクログ

編集者とホラー作家が取材を通じて事件に巻き込まれる。ラノベのドタバタしたノリながらも面白く読んでたら終盤にホラー要素が強くなってちょっと引いた。

2015/03/22 14:42

投稿元:ブクログ

そんなにどSじゃないやろ!!?
むしろデレてるぞ青鬼さん……おいおい……

ややホモくさいと思ったらそういう小説書いてる方なんですね

2015/01/03 00:32

投稿元:ブクログ

ちょっと登場人物(主に主人公)の性格が好きになれず…。
立野さんもいまいち感情移入とかできないままラストになったのでなんだかなあという。
野菜を飼う話はちょっとおもしろそうな気もした。

富士見L文庫 ランキング

富士見L文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む