サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. ココロを磨く子育て16ポイント

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ココロを磨く子育て16ポイント
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/23
  • 出版社: パブラボ
  • サイズ:19cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-19568-6
  • 国内送料無料

紙の本

ココロを磨く子育て16ポイント

著者 志道 不二子 (著)

怒りたくないのにイライラ、そんなつもりなかったのに思わず手が…。不安や孤独にのみこまれずに、我慢と辛抱だけのつらい子育てから解き放たれて、もっと楽に、そして創造性あふれる...

もっと見る

ココロを磨く子育て16ポイント

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

怒りたくないのにイライラ、そんなつもりなかったのに思わず手が…。不安や孤独にのみこまれずに、我慢と辛抱だけのつらい子育てから解き放たれて、もっと楽に、そして創造性あふれる子育てが出来るように一緒に考えていく本。〔「イライラをおいしくする子育て」(2012年刊)の改題新装版〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

志道 不二子

略歴
〈志道不二子〉オンリーワン幼稚舎園長、株式会社BEプラウド代表取締役、NPO法人エンカレッジ学園代表理事、教育カウンセラー。著書に「よい子のお母さんは聴き上手」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/14 07:58

投稿元:ブクログ

専門書というよりは共感による語りかけのような一冊。子育てに正解はない。模索のみがあるのなら様々な意見に触れるべき。特筆すべきは森信三先生のアイサツ・ヘンジ・靴ソロエを推している点。

2015/06/09 00:36

投稿元:ブクログ

次女が生まれてもう3ヶ月。
長女の時と違うこと。
それは3年という子供を育てた経験。
遡ること3年と数ヶ月前。
長女が生まれる前、僕は子育て本を読みまくっていた。
これから来る期待と不安を胸にハラハラドキドキしながら。
誰もが初めての経験をする。
育てるということ。
3年という経験の上にあぐらをかいているわけではないが、時として育てるということにフォーカスして考えてみてもいいのではないか。

子育てに正解はない。
各家庭には各家庭なりの考え方や色があり、それは正解ですと花マルや二重丸をもらえるわけではない。
お父さんお母さんの育ってきた環境や倫理観や道徳観がそのまま子供を育てる行為に繋がる。
それは結構恐ろしいことでもあるわけで。
言っても聞かない子は叩く。
そんな子育ての家庭もあるでしょう。
どちらかいえば私はこの口ですが。
そんな僕は子育てにおいて叩くという行為は必要ないと考えています。
その代わり子供がまだ言語を認識出来るか出来ないかの時から決まってお話をしてきました。
目線を揃えて膝をつき、おめめを見なさいといい、これはこうだよね、、、どうかな?どう思う?
バブ〜!
な〜んて呑気なことをしながら今も現在進行形ですが。
もし子供が生まれる前に本を読まない人だったら叩く子育てをしていたかもしれない。
だって子育て経験は初めてで、自分が育ってきた環境や倫理観や道徳観でしか物事が考えれないから。
そんな僕が本を読み、人の意見を聞き、自分というフィルターを通して育ってきた環境を土台とし再度倫理観や道徳観を構築したものを子供に伝える。
まさにミックスアップ。
子育てを通じてお互いに成長する。
靴を揃えなさいと言う前に自ら揃えれる人間になる。(本で学びました)
椅子を引きなさいと言う前に自ら引ける人間になる。(本で学びました)
こういうことは子育てに限った話ではなく、仕事や私生活でもそうだ。
言葉には責任がある。
責任ある行動がその言葉に重みを持たせる。
子育てってそんな言葉やなんやかんやいんがすんがすんっ何人もの人に無理だよって言われました。
でも1つずつ、ちゃんとしていこうとしました。
今も完璧ではないけど、子供には伝わってると思います。
でもこの考え方もひとつの形。
だからふと数年の経験を踏まえてこういう本を読んでみる。
我が子は可愛いし目に入れても痛くはない。
でもそれでも、俯瞰的にみることの大切さを忘れてはいけないんだなとこの本からは感じました。
まさに木の上に立って見ると書いて親。
そんな私もまだまだ成長出来そうです。

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む