サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。
エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。 エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/29
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-600918-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。

著者 山口 真由 (著)

ちょっとした技能、機転、技術を積み上げていくことが、やがて大きな成果を生み、エリートをつくり出す。東大首席弁護士が、エリートと呼ばれる人たちと仕事をする中で学んだ仕事術を...

もっと見る

エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。

1,404(税込)

エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちょっとした技能、機転、技術を積み上げていくことが、やがて大きな成果を生み、エリートをつくり出す。東大首席弁護士が、エリートと呼ばれる人たちと仕事をする中で学んだ仕事術を公開する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 真由

略歴
〈山口真由〉1983年北海道生まれ。東京大学法学部卒業。企業法務と刑事事件を扱う弁護士として働きながらテレビ出演などでも活躍。著書に「東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とても読みやすかった

2014/08/13 19:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KT - この投稿者のレビュー一覧を見る

おすすめしたい人は新入社員!!

仕事の仕方が分からない人
仕事の仕方を、誰に聞いたらわからない人
仕事の仕方を、どのように聞いたらいいか分からない人
におすすめしたい著書でした。

社会人14年目ですが、
改めて仕事への考え方を再考させられる良書でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「エリート」でなくても、実践している人、多いですよ~

2015/03/17 01:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パール - この投稿者のレビュー一覧を見る

本人は自慢するつもりではなく、自分のやり方の適切さをアピールする材料のつもりなのかもしれないが、何かというと「東大法学部首席卒業」が出てきて、人によっては、好き嫌いが分かれるが、それを気にしなければ、書いていることに、あまり違和感はない。

というより、これ、「エリート」でなくても、実践している人、多いですよ~、という内容。
一定以上のレベルの人なら、誰でもやっていそうな事柄が多い。
そういう意味では、たしかにタイトルどおり、いい意味で「小手先の技術」かもしれない。

今後、この人にとっての「小手先でない技術」とやらを、早く聞いてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/02 12:52

投稿元:ブクログ

【No.309】「評価の対象は、決して結果だけではない。努力の過程も必ず対象になる。だからこそ、自分の努力を外部に対して表現する”魅せる努力”が必要」「一生懸命頑張って、そして間違える。だからこそ、それはひとつの愛嬌になる。ポイントは、真剣にやった結果の思いがけない間違いでなければならないこと。こういう”抜け”をハナから狙って取りにいくのは、”愛嬌”ではなく”あざとさ”になる」「人は変化する人が好き。努力して、成長していく人の姿を見たいと思うもの」「アウトプットは重ねられないが、インプットは重ねられる」「飛躍の機会を活かせないのは、そのために割く時間が足りないのが原因。そのほかの雑多なルーティンワークに時間を取られ、正念場となる仕事に対して十分に準備できなければ、せっかくの機会をものにすることはできない」

2016/03/28 00:35

投稿元:ブクログ

仕事自体の速さもさることながら、着手の速さも同じくらい、それ以上に重要になる。
表かの対象は結果だけではなく、努力の過程も対象になる。

2015/04/06 15:59

投稿元:ブクログ

 エリートが書くこの手の本は嫌いだが読んでしまう。

 たいていは、いかに自分が優れているかという事を延々と書き続けているわけだけれどこの本にかぎってなぜかそのような嫌みは感じられなかった。やはりそれなりの自慢的なことはサラッと書かれているのだがそれ以上に凡才にも通用しそうなことが多く書かれていることに好感が持てる。

 本当のエリートはいったいどういう人なのだろうかという事を考えるにはよい本だ。

2015/10/05 00:05

投稿元:ブクログ

東大を首席で卒業して現在は美人弁護士として活動中の山口真由による、エリートの仕事術をつづった一冊。

エリートの考え方というより、いわゆるライフハック的な話がメイン。

2015/10/21 10:03

投稿元:ブクログ

このひと、せっかく頭いいのに、こんな同じような内容の本をいっぱい書いて、自己啓発書いてていいのかね。私があんまり自己啓発の本を好まないというのもあるとは思いますが。

2015/02/12 11:57

投稿元:ブクログ

まずタイトルがよくないと思う。
小手先の技術というのは、心がこもっていない感じを与えます。
「エリートの仕事のやり方教えます!」くらいにした方がよかったんじゃないかな。

2014/10/04 06:37

投稿元:ブクログ

社会人なりたて、の人が対象なのかな。
割といいことがかいてあったと思う。

しかし、東京大学にも主席、という人がいるんですね。
いるのが当たり前ではあるんですが。

2014/08/19 10:14

投稿元:ブクログ

具体的な書き方をしているところが気に入って3冊目も読んだ。やはりこんかいもこうする、理由はこうだから、と分かりやすい。内容はもとより伝え方が参考になる素晴らしい本。

2014/11/03 12:58

投稿元:ブクログ

総論として、大体使い古された仕事術を言葉を変えて話しているというレベル。特に使える!と思った目新しいことがなかったのは残念。弁護士や財務省での仕事術を
もう少し具体的に載せてくれていると思って購入したが、抽象化しすぎて、その仕事術が本当に良いのかどうかは見えない。ルーティン化を徹底的にする点、考え方として頑張りすぎないでただ、少しだけ周りや期待を上回り「続ける」ことで勝ってるように見せている点は、なるほどと感じた。

<参考になりそうな例>
謝罪単語を登録しておく(単語登録すると要らない所でも出てくるので使い慣れる必要がある。。。)、エリートは100人中33番を取り続ける(3分の1に入り続ける事が結果1位になる、というのは長い目で見れば確かにそうかもと思った)

<使い古されている例>
メールの宛先の2度チェック、80点頑張る、初めての事は自分で考えない、突っ込みどころを用意しておく、などなど。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む