サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/24
  • 出版社: 産経新聞出版
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8191-1248-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年

著者 皿木 喜久 (著)

あなたは子や孫に教えられますか? 日本が戦った本当の理由を…。日清・日露、米英との戦いなどについて解説します。『産経新聞』連載「子供たちに伝えたい日本人の近現代史」から戦...

もっと見る

子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

子供たちに伝えたい日本の戦争

1,404(税込)

子供たちに伝えたい日本の戦争

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたは子や孫に教えられますか? 日本が戦った本当の理由を…。日清・日露、米英との戦いなどについて解説します。『産経新聞』連載「子供たちに伝えたい日本人の近現代史」から戦争に関する部分を取捨選択し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

皿木 喜久

略歴
〈皿木喜久〉昭和22年鹿児島県生まれ。京都大学文学部卒業。産経新聞社入社。特集部長、論説委員長などを経て産経新聞特別記者・編集委員。著書に「紅陵に命燃ゆ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本の戦争

2014/09/17 13:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新から日本は外国の脅威に曝されて、何時植民地にされるか危機感が蔓延していた。北はロシア、南はイギリス、フランス、オランダ等列強に囲まれていた。ロシアの南下を防ぐため、朝鮮半島はロシアの植民地にできない。清国を叩くべき日清戦争をやり、すぐさま、眠れる獅子の清国が弱いと知るなら、列強は、次々に植民地にしていった。利権をめぐりロシアと対立し日露戦争が起き、欧州で第一次世界大戦に参加。それでも、列強国は、東南アジアの小国日本が目障りだった。ドイツの委任統治国を委任するようになると、列強と接することにより、利害が対立し、大東亜戦争に発展。今までの戦争の経緯がよく書かれている。ほどんとが、戦争が起きて、結果、こうなった。しかでていない。それも、日本人が悪いことをしたと、連合軍の裁判そのものを引用して書かれているし、教科書もそうなっている。日本人が真実を知らないで、戦勝国の史観をそのまま鵜呑みにしていることが、大きな過ちである。それが、戦後70近くになっても、改めようとしないのが、日本である。ドイツは、いち早く戦勝国の史観を捨て、独自の生き方を模索、成功して、他国に言われることない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/10 06:59

投稿元:ブクログ

日清戦争から詳細に歴史をたどっているのでわかりやすい。
でもこれ・・・産経新聞で連載が続いているんですが・・
1冊にできるまで出版は待てなかったんだろうか・・・。
続編読まないといけなくなるやん。

まぁ、新聞で読めばいいんですが^^;内容忘れそうだ^^;

2014/09/17 04:08

投稿元:ブクログ

今年(2014)の夏は日本が明治から昭和にかけて戦った戦争について解説した本に出会えました。私が学校の授業を通して感じてきたことは戦争を否定的に捕らえることが多く、あの選択が間違っていた・軍部が暴走した、というものでした。

そのような一面があったのは事実と思いますが、当時も今と同様に議会で国の方針を決めていて、国民の世論もそれらを支持していたはずです。今後無駄な戦争をしないためにも、この本の主題である「日本が戦った本当の理由」を学んでおく必要があると思いました。

この本は、親が子供に伝えるために知っておくべきことが書かれてあります。私の人生から見れば、このような本に出合えたことは良かったと思いました。

以下は気になったポイントです。

・日清戦争にて海軍に優れていた清に日本が圧勝したのは、戦術が優れていた以上に、士気の高さ、が違っていた。明治天皇は、広島の大本営に行幸して半年間も泊り込んだ(p31)

・山地の多い台湾の東部は19世紀に入っても未開拓であった、最初の3年間は高山族の激しい武力抵抗にあって、日本国内では台湾売却論まで出る始末であった(p35)

・3代目の台湾総督である乃木氏は1年あまりで辞め、4代目の児玉の起用によってようやく統治が本格化した(p37)

・1900年に激化した義和団に対して英軍を中心とする列強軍は北京に入れず天津に引き返すほど。7月に日本が英国などの要請を受けて2.2万人の兵員を送り込むと攻勢に転じて、8月中旬に8カ国連合軍が北京制圧に成功(p46)

・1904(明治37)ロシアと戦端と開いた日本は旅順を標的として全滅させた(12月)、一帯を清国から租借するロシアがここに太平洋艦隊を集結させていたから。その前の8月にはウラジオストク港に拠点をおく「ウラジオ艦隊」を無力させていたので、日本海・黄海の制海権を握った(p58、65)

・第一次世界大戦当時、英国・ロシア・フランスからも欧州戦線への派兵要請があったが断り続けた。ようやく1917(大正6)に、巡洋艦「明石」を派遣して英国など連合国の輸送船をドイツ潜水艦から守ったが、陸軍の派兵は見送った(p87)

・平成24(2012)秋に東京駅がリニューアルされたが、大正3(1914)に開業した当時の姿に復元されたといった方がいい(p101)

・欧州を中心に行われた一次大戦は、850万人を超す戦死者を出し、国民を総動員する戦いを経験していた。日本は兵器の急速な近代化を必要とするほどの激しい戦いはしていなかった(p107)

・海軍の予算は大正10年には国家予算の3分の1にあたる5億円だったが、12年には2.8億円に削減された。これにより世論は陸軍にも軍縮を求めた(p108)
・日露戦争後、中国・遼東半島の租借権を得た日本は、この地を関東州として、関東総督府を置いた。関東州や経営権を得た南満州鉄道とその付属地の警備にあたり、大正8年に独立した関東軍となった(p128)
・リットン報告書は、満州国が現地民の自発的運動により樹立されたものでない、と日本の主張を退けたが、満州の自治���満州における日本の利益(関東軍の存在)も認めていた(p131)

・英東洋艦隊の2隻の戦艦(プリンスオブウェールズ、レパレス)は日本の航空隊に急襲されて沈没した(p194)

・開戦から4日後に発表したものによると、あの戦争の日本での正式名称は「大東亜戦争」であったが、GHQがこの名称を使うことを禁じた。アジアの新秩序建設や解放という日本側の大義名分を感じたから(p196)

・ジャワ島において日本の2倍(現地兵入れて8万人)いる連合軍に完勝できたのは、寄り合い所帯の弱さもあったが、それ以上に「親日」的な現地人の存在があった(p201)

・特攻隊の成果は日本側はつかめなかったが、米国の報告によれば、沖縄戦だけで空母から上陸用舟艇まで、250隻が損害を受け、駆逐艦以下34隻が沈没した。最も大きな戦果は、米軍に恐怖の念を与えたこと(p230)

・昭和20年1月に、マリアナの米軍B29爆撃兵団の指揮官が、カーチス・ルメイ少将に代わったことで、夜間低空から焼夷弾を使う無差別じゅうたん爆撃が採用、非戦闘員も対象となった。その最初が、3/10の東京、大阪を経て、17日には309機のB29が神戸に来襲(p234)

2014年9月17日作成

2014/08/05 20:38

投稿元:ブクログ

 日清・日露戦争から第二次世界大戦までの日本が戦った理由について、冷静な史観でまとめられています。

 副題には、「子供たちに伝えたい」とあり、自分自身しっかりと向かい合っていなかったことを感じていたので、手に取りました。

 産経新聞で週一回連載したものをまとめたもので、連載中から読んでいたのですが、こうして一冊の本としてまとめて読むと、世界的な視野や、歴史の流れがとても分かりやすかったです。

 まさに今、集団的自衛権も認められている中、世界的な視野で冷静に平和について考えなければならないと改めて感じました。

戦争・テロ・平和 ランキング

戦争・テロ・平和のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む