サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 嫌悪とその関連障害 理論・アセスメント・臨床的示唆

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

嫌悪とその関連障害 理論・アセスメント・臨床的示唆
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:医療従事者
  • 発売日:2014/08/28
  • 出版社: 北大路書房
  • サイズ:21cm/319p
  • 利用対象:医療従事者
  • ISBN:978-4-7628-2873-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

嫌悪とその関連障害 理論・アセスメント・臨床的示唆

著者 B.O.オラタンジ (編著),D.マッケイ (編著),堀越 勝 (監修),今田 純雄 (監訳),岩佐 和典 (監訳)

日常場面で誰もが経験する「嫌悪」という情動。強迫性障害や動物恐怖症等の精神疾患を理解する上で、欠かせない要素でもある。嫌悪に関する基礎研究をはじめ、精神疾患との関係や、治...

もっと見る

嫌悪とその関連障害 理論・アセスメント・臨床的示唆

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日常場面で誰もが経験する「嫌悪」という情動。強迫性障害や動物恐怖症等の精神疾患を理解する上で、欠かせない要素でもある。嫌悪に関する基礎研究をはじめ、精神疾患との関係や、治療に関する研究を網羅的に解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

日常場面で誰もが経験する「嫌悪」という情動。基本情動の一種と数えられ,強迫性障害や動物恐怖症等の精神疾患を理解する上で,欠かせない要素でもある。本書は,その基礎研究から,精神疾患との関係,治療に関する研究まで,網羅的に解説。【商品解説】

目次

  • 巻頭言
  • 序文 精神病理学における嫌悪の重要性
  • 本書の翻訳について
  • Ⅰ.嫌悪の理論とアセスメント
  • 第1章 嫌悪:21世紀における身体と精神の感情
  •  1.なぜ遅れたのか? 嫌悪を無視してきた100年間

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/22 14:45

投稿元:ブクログ

「研究することに嫌悪を覚える」為、基本感情の1つでありながら軽視されてきた嫌悪についての研究事例をまとめた本。
これから解明されていくであろう、嫌悪に関する、好奇心が掻き立てられるレビューを数多く知ることはできる。(そして疑問のまま残されている事も多い。)

なので研究書でありながら、素人でも探求心を掻き立てられながら読んでいくことができた。
例えば、日本人は嫌悪因子となりうる動物の種類が他国籍の人と比べて多いと書いてあれば、「そりゃ日本人は動物が歳とりゃ妖怪になると思ってるもんね~」とツッこんだり。
小さな子どもには「汚染」の概念がないと書いてあれば、「そりゃ鬼ごっこやって覚えるんでしょ!」といきがってみたり。

それにしても...。
「まずい」食べ物を吐き出す機能が起源の嫌悪が、いかにして道徳や社会に対しても矛先を向けるようになったのか、またそれを軽減する方法はあるのか。さらに洗練された研究が生まれていくことを期待してやまない。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む