サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日本占領とジェンダー 米軍・売買春と日本女性たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本占領とジェンダー 米軍・売買春と日本女性たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2014/08/28
  • 出版社: 有志舎
  • サイズ:22cm/250p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-903426-87-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

日本占領とジェンダー 米軍・売買春と日本女性たち (フロンティア現代史)

著者 平井 和子 (著)

日米合作による「慰安所」システムや基地周辺の売買春の実態、地域住民の対応や売春女性の実像分析により、日本占領をジェンダー視点から問い直し、「軍隊と性暴力」の問題を根本から...

もっと見る

日本占領とジェンダー 米軍・売買春と日本女性たち (フロンティア現代史)

5,184(税込)

ポイント :48pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日米合作による「慰安所」システムや基地周辺の売買春の実態、地域住民の対応や売春女性の実像分析により、日本占領をジェンダー視点から問い直し、「軍隊と性暴力」の問題を根本から考える。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章 日本占領から「軍隊と性」を考える
    • 1 問題意識−日本占領をジェンダー視点で問い直す
    • 2 先行研究と本書の立ち位置
    • 3 本書の構成と研究方法
  • 第1章 占領軍「慰安所」(RAA・特殊慰安施設)の開設と展開
    • 1 RAAの設置と募集方法
    • 2 地方における特殊慰安施設
    • 3 RAAと「赤線」の共生関係−熱海市を中心に
  • 第2章 日米合作による性政策
    • 1 米軍の性政策の変遷

著者紹介

平井 和子

略歴
〈平井和子〉1955年広島市生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。同大学社会学研究科特任講師。著書に「「ヒロシマ以後」の広島に生まれて」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/09 13:03

投稿元:ブクログ

「対テロ」を掲げてアフガニスタン・イラクを侵略し占領したブッシュ政権が「成功例」として利用したのが、半世紀前の日本占領の経験だった。民主化と女性解放をもたらした「良き占領者」としてのアメリカというイメージ戦略に、占領軍の女性政策を高く評価してきた日本人フェミニストも加担してきたのではないか。本書はこうした問題意識から、占領軍の性管理に焦点をあてて、占領経験をジェンダー視点から問い直すことを課題に掲げる。
 真面目な女性史家らしく、具体的な地域の資料をていねいに掘り起こしている点に好感はもてるが、占領軍向け「慰安所」の設置から「パンパン狩り」に象徴される管理売春、そして占領終結後の売防法成立に至る過程を記述した各章の構成にまとまりがなく、占領とジェンダーのダイナミクスを理論的に解明しているとは言い難い。おそらく著者の関心は占領そのものよりも、売買春に関して揺れ動く自分自身の見方を整理することにあったのだろう。実際、占領期の売買春政策に関する著者の立ち位置はあまり明確ではないし、最後のまとめにおける売買春に関する諸議論も、著者自身の議論を打ち立てるために効果的に紹介されているというより、迷いを抱えつつ、とりあえずの結論を自分自身のために出したという感じ。
こういう思考の整理は、研究者として、フェミニストとして必要な作業ではあるけれど、果たして一冊の本としてまとめるような研究成果といえるのかというと、どうしても客観的な評価は低くならざるを得ない。むしろいったん整理をつけたここから、地域女性史家として本領を発揮していただきたいと思う。

2014/07/16 13:10

投稿元:ブクログ

非常時なら、「モノ」として扱っても許されるってコトじゃないでしょ。。。あっ今から、それを合法化するんだ!

有志舎のPR
「軍隊を維持するために「性的慰安」は本当に必要なものなのか?敗戦後の連合軍(米軍)による占領下、女性たちは「守るべき女性」と「犠牲にしてもよい女性」とに分断され、双方が「成功した占領」のために利用された。本書は日本とアメリカの合作による「慰安所」システムや基地周辺の売買春の実態、地域住民の対応や売春女性の実像分析により、日本占領をジェンダー視点から問い直し、「軍隊と性暴力」の問題を根本から考える。 」
http://www18.ocn.ne.jp/~yushisha/indexn11.html