サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 六億九、五八七万円を取り返せ同盟!!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

六億九、五八七万円を取り返せ同盟!!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-332742-4
  • 国内送料無料

紙の本

六億九、五八七万円を取り返せ同盟!!

著者 古野 まほろ (著)

カジノ解禁。禁煙法成立。池袋はヴェガス、シカゴだ。当然はびこるカジノ・マフィア。思わず6億円、勝っちゃったら?やっぱり全額、ぶんどられた…もちろん「取り返せ同盟」結成だ!...

もっと見る

六億九、五八七万円を取り返せ同盟!!

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カジノ解禁。禁煙法成立。池袋はヴェガス、シカゴだ。当然はびこるカジノ・マフィア。思わず6億円、勝っちゃったら?やっぱり全額、ぶんどられた…もちろん「取り返せ同盟」結成だ!1円もまからず、1円もたからず。ターゲットは日本のアル・カポネ、「池袋警察署長」。カジノ帝国のドンだって?カジノ史上、最も残酷で華麗なゲーム!!最後のカードで81億円!?一気読みしかできない21世紀仕様のコン・ゲーム。最後に騙されるマヌケは誰だ?【「BOOK」データベースの商品解説】

カジノ解禁。禁煙法成立。池袋はヴェガスだ。当然はびこるカジノ・マフィア。思わず6億円勝っちゃったら、やっぱり全額ぶんどられた。「取り返せ同盟」を結成し、カジノ帝国のドンをターゲットにコン・ゲームが始まる!【「TRC MARC」の商品解説】

史上最も過激かつ優美なカードゲームで、一世一代の大勝負! カジノが合法化された日本。スロットマシンの 大当たりそれがすべての発端だった。僕のものになるはずだった大金が、「カジノ帝国」の首領、池袋警察署長に奪われた! 経費分を上乗せして、全部取り返してやる。仲間たちと結成した「ザ・カルテット」をなめるなよ! 一気読み必至の「コン・ゲーム」。最後に騙されるのは、誰だ?【商品解説】

著者紹介

古野 まほろ

略歴
〈古野まほろ〉リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Sécurité」専攻修士課程修了。「天帝のはしたなき果実」でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/03 16:03

投稿元:ブクログ

 この本を読了するのは児戯である。 
 なんて、そんな日頃、読んだことのない単語や外国語のルビを日本語のセリフに合わせわずらわしいところもあるが読んでいくうちに話に引き込まれていく自分がいる。

 話の流れ的にはいかにも強引かなというところもあるが一つのストーリーとなればこれはこれでありなのだろう。

2016/03/23 20:59

投稿元:ブクログ

ちょっと大仰かなぁと思いながら読んだけど、構成としては、それに見合うようなスケールになってるかな。それなりに楽しんだけど、期待してたほどではなかった。

2014/10/18 15:14

投稿元:ブクログ

古野まほろ版・コンゲームミステリ。
ガチ本格系の人だと思っていたので、こういうものも書くのだというところに吃驚した。

2014/10/11 02:07

投稿元:ブクログ

最初は読みづらいな、と思った。
気付いたら乗せられて、くすっと笑う回数が増えていって、もうのめりこんでいた。もうミステリ小ネタが多すぎて何から突っ込んでいいのかわからない(とりあえず作家大先生とか…)。いちばんのヒットは「鴨がネギ背負ってフォア・グラ・ソテー」。この一文に出会えただけで読んだ価値があったと思う。音の流れも内容も面白かったし、こんなのがさらっと書いてあるのだからたまらない。

内容もハラハラドキドキの連続で、物凄く○○をやりたくなった。ゲームを魅力的に書くのは簡単そうで難しい。臨場感、それぞれの思惑、展開の描写…。
ゲーム以外の場面、プチ・コンも作戦会議も楽しく読めた。ラストシーンは突然こう来るか!と思いつつも別のどきどき。好きな要素が詰め込まれていた。
人物・時代設定がぶっ飛んでいるところも魅力のひとつじゃないかな?なんて擁護したくなるくらいには私はこの作品に骨抜きにされてしまっている。

2015/05/11 19:39

投稿元:ブクログ

まほろの描くコン・ゲーム。ミステリではないかも。
天帝シリーズの派生で、高校生たちが成人しているのは、ファンとしては面白い。
題材も、シンプルなゲーム対決でよい。
決戦に至る経緯、ゲームに持ち込む謀略、駆け引き、ラスト、といった要所では、らしさというか他者に真似できないであろうまほろイズムが満載。
テンポと後味は、筆者作品の中でも上位クラス。
ただし、展開が速いので、まほろ初心者には薦められない。
4-