サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機(集英社新書)
安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機(集英社新書) 安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720751-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機 (集英社新書)

著者 徳山 喜雄 (著)

新聞各紙の報道の“背景”を読みとり、立体的に情報を収集するコツを、実際の記事に即して具体的に解説。安倍官邸の巧妙なメディア操作の手法についても分析する。【「TRC MAR...

もっと見る

安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機 (集英社新書)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機

648(税込)

安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新聞各紙の報道の“背景”を読みとり、立体的に情報を収集するコツを、実際の記事に即して具体的に解説。安倍官邸の巧妙なメディア操作の手法についても分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

安倍政権下の新聞報道は「応援団」vs「アンチ」という構図で分断され、全く異なる主張や論調が飛び交っている。本書では、各紙の報道の“背景"を読み解き、情報収集のコツを具体的に解説する。


【商品解説】

著者紹介

徳山 喜雄

略歴
〈徳山喜雄〉1958年生まれ。朝日新聞社写真部次長、AERAフォトディレクターを経て、記事審査室幹事。東欧革命やロシア・旧ソ連諸国の崩壊を取材。著書に「報道危機」「フォト・ジャーナリズム」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/11 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを書いたつもりで書いてなかった。なので、若干中身を忘れた。
「産経・読売・日経」グループと「朝日・東京・毎日」グループがあることは言われなくても分かってたし、読み比べが重要だとってそりゃそうかもしれないが現実的には時間もないしなかなか難しい。だからこそたまにこういう本を読んでなるほどねと思う機会が必要なのかもしれない。

2014/09/11 18:59

投稿元:ブクログ

情報保全諮問会議のメンバーに読売の渡辺が選ばれた。安倍さんの鶴の一声で。これは危険視された。

日々の報道を点としてみるのではなく、複数の報道を比較しながら線あるいは麺として読むことで、より重層的、立体的に世界の動きが察知できる。

2014/12/14 13:21

投稿元:ブクログ

なかなか一般人が複数紙を購読して、報道内容を比較し、そこから真実を見つけるのは難しい。

字面を追うだけで、内容はよく理解できなかった。同じことを何度も繰り返されてうざい時もあれば、そうでない時もある。こちらの気持ち(もっと分かるように説明してくれ)という気持ちと一致するかしないかか。

「ジャーナリズム・・」とあわせて読むと、なるほどとうなづける(特種=リークなど)。

先に読んだ「集団的自衛権・・」の論調があまりにも朝日新聞のようなので、てっきり朝日の記者かと思ったら、東京(中日)新聞記者だった。そこからのつながりで読んでみた。

以下、引用省略

2014/12/15 12:00

投稿元:ブクログ

サブタイトルにある「二極化する報道」。私自身も、多分世の中も、その傾向に陥っているのではないか。複数紙を購読することは難しいけれど、今はWEBでも各紙の社説や論調を知ることは可能だ。いろいろな意見があること、それぞれのテーマへの知識、そして第3の道を考えること。なかなか難しいけれど、責任ある大人として、心がけていかなければ。
メディアを巧みに使おうとする権力にしてやられては、口惜しい。

2015/02/08 17:51

投稿元:ブクログ

新聞は読みませんが、テレビやネットに氾濫する言論がたんなるアジテーションになりさがっているように感じる昨今。本書では、立場の表明に腐心し、不都合な情報や批判に耳をふさぐそんな体質が新聞社にも蔓延していることを指摘しています。

憲法や経済、外交問題など、国民の生活を大きく左右しうるのに、議論は一向に深まらない。ただ、賛成と反対の立場があって、思索を深めるプロセスを怠り、あとは多数決で決まるだけ。言論の腐敗と政治の腐敗が悪循環している現在の社会は、我々が感じている以上に恐ろしい状況なのではないでしょうか。

著者は朝日の社員のため、論調は朝日寄りですが自社の記事にたいする批判が目立ちます。記事の捏造など、不祥事がつづく自社に喝を入れるのがこの著作の目的の1つかな。

著者は複数の新聞を読むことを勧め、それが有効なのはわかりますが、それだけの時間はさすがにとれませぬ…。でも、偏った情報は益するどころか害悪になることを肝に銘じようと思いました。

2014/09/26 07:11

投稿元:ブクログ

「朝日バッシング」が止まりません。
個人的な見解を述べるなら、従軍慰安婦問題も吉田調書もいただけないと思います。
ジャーナリズムはプロパガンダではありません。
ただ、「池に落ちた犬は叩け」とばかりのこの間の激しいバッシングには抵抗を覚えます。
週刊誌を2~3冊読めば、読者はまるで「朝日報道はすべてがウソ」と感じるのではないでしょうか。
いいことです……じゃなかった、情報の送り手も受け手も冷静でありたいものです。
本書は安倍政権の動きを、在京紙がどう報じたかを冷静に分析した良書。
結論からいうと、憲法改正や集団的自衛権、特定秘密保護法、靖国参拝、アベノミクスなどの主要な論点について、「読売・産経・日経」vs「朝日・毎日・東京」という構図で分断されていると指摘しています。
もっとも、この構図は今に始まったことではありませんが、より先鋭化していることが本書を読んで理解できました(私見では民主党への政権交代以降、分断の構図がより鮮明になったと認識しています)。
本書では、その結果として二項対立の状況が顕現し、第三の可能性の芽を摘んでしまうことは、国民の利益にならないと警鐘を鳴らしています。
納得させられます。
というのも主要な論点について各紙を実に丹念に読み比べ、説得力ある分析を加えているからです。
たとえば集団的自衛権の行使を容認する閣議決定について、各紙は社説でどう報じたのか。
朝日は「戦争に必要最小限はない」、毎日は「根拠なき憲法の破壊だ」、東京は「行使ありきの危うさ」とそれぞれ見出しを取り、反対の姿勢を表明しました。
対して読売は「日本存立へ行使『限定容認』せよ」、産経は「『異国の国』脱却の一歩だ」と賛成の立場を鮮明にしました。
日経はスタンスを明確にせず、「憲法解釈の変更へていねいな説明を」としました。
先述したように在京紙は二分されている状況ですが、日経はごくまれに論点を二分せずに、考える幅を広げようという姿勢がうかがわれるようです。
本書を読んで、自分が勘違いしていたことも分かりました。
特定秘密保護法については朝日が最も敏感に反応し報道していたと思っていましたが、本書によれば、実は猛然と紙面展開したのは閣議決定を契機としてからだったそう。
「しかしながら、考えてほしい。閣議決定された法案は、衆参の特別委員会で審議され、本会議に上程後採決される仕組みだ。この時点でいくら反対しても、衆参両院で過半数の議席をもつ政府与党は、その気になれば法案をいくらでも『数の論理』で通せるのである」と、朝日を手厳しく批判しています。
漫然と新聞を読むのでなく、読み比べて情報の空白部分を埋めていくと、真相がよりくっきりと浮かび上がってくるかもしれません。
全紙を購読するのは多くの世帯にとって経済的に困難ですが、主要な論点について各紙がどう報じたかをチェックするのはインターネットでも十分にできます。
その前提として、まずは冷静でありたいものです。

2014/08/25 07:08

投稿元:ブクログ

副題「『二極化する報道』の危機」という表現に、危機感を覚える。マスコミの責任を、こういう腑分けで済まそうというところが腹立たしい。朝日の責任はもっと深刻だろう。

2016/01/15 00:58

投稿元:ブクログ

安倍内閣がどのようにメディアを効果的に活用しているか、その手法が書かれていると期待したが、単に大手新聞紙の読み比べ程度の内容で、期待はずれだった。
時間の無駄だった。

2015/08/01 09:26

投稿元:ブクログ

朝日新聞と読売新聞で記事の扱い方が違うことを改めて認識した。一紙だけ読んでいると、片寄った世の中しか分からないのではないか。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む