小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マスカレード・イブ
マスカレード・イブ(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 461件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/21
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745216-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マスカレード・イブ (集英社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主...

もっと見る

マスカレード・イブ (集英社文庫)

648(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客の仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件を捜査する新田浩介は1人の男に目をつけ…。「マスカレード・ホテル」の2人が出会う前の物語。『小説すばる』掲載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク山岸尚美と、警視庁捜査一課の新田浩介。『マスカレード・ホテル』で二人が出会う前、大学教授殺人事件の真相とは!? 新シリーズ第2弾!!


【商品解説】

収録作品一覧

それぞれの仮面 7−62
ルーキー登場 63−122
仮面と覆面 123−184

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー461件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

待たされるのか? 次回作?

2015/03/27 21:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の『マスカレードホテル』では、警視庁捜査一課刑事の新田とホテルコルテシアの山岸のコンビが活躍し、ホテルを救った。本書はその物語以前の話である。つまり、新田と山岸がお互いに知り合う前の、それぞれのエピソードを描いている。こういう書き方もあるのかと思う。

 構成は小さなエピソードが4話である。最初が山岸、2話目が新田、3話目が再び山岸、そして4話目は、2人とも出演であるが、接触はしない。ただし、同じストーリーの中でそれぞれの役割を演じている。こういう構成もなかなか工夫の跡が見えて読者を楽しませてくれる。

 4話で、それぞれが小さなエピソードではあるが、どれも盛り上がり出来が至極良い。当然『マスカレードホテル』でも共通するこのマスカレードは仮面という意味である。ホテルの客は何らかの仮面を付けている。この仮面をそのままこわさないようにするのがホテルの役目であるというところから来ているタイトルである。

 刑事の新田の仕事は、所謂刑事モノ、警察モノで虚実綯交ぜになった情報を我々は持っている。一方、ホテルの日常と従業員の仕事は知っているようで知らない。また、ホテルに来る客の実態もよく知らないのである。マスカレードのシリーズではそこが面白く描かれている。こっちも虚実は分からないが、さもありなんというところであろう。

 山岸のキャラクターは有能な女性フロントクラークであるが、客あしらいもうまく、ホテル側の将来に対する期待もわかるような気がする。新田はどうか。相棒の先輩刑事や管理官の評価も上々である。推理力や実行力もなかなかのものだ。これなら上司の評価が悪いはずはないと思わせるのである。

 出来物二人がホテルを舞台に活躍する本書が面白くないわけがない。というわけで、早いところ次回作を書いて欲しいと願っているのは私だけではないはずだ。しかし、東野は多忙である。また、キャラクターもマスカレードコンビだけではないとなれば、いつ順番が回ってくるのか分からない。待たされる覚悟をして手を拱いているほかはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったー!

2015/02/02 07:33

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東野ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

待望の第二弾!!
今回は前作『マスカレードホテル』以前の話で、山岸と新田がまだ出会う前の話。
もう少しで二人は会えていたけど、新田の中では山岸がすでに「会ってみたいな」という存在になっていて、でも本書では会えずじまいに終わっているところがもどかしく、
でも巧い書き方だな、と心底東野先生に感銘!

映画化したら、ダブル主演として山岸は柴咲コウ?新田は玉木宏?と妄想をしてしまいました。でも、柴咲コウはガリレオで内海刑事を演じていたし、玉木宏も変身で主人公を演じていたから東野作品にはミスマッチかな~?
でも映画化になったらいいな、と思う作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マスカレード・イブ

2016/01/18 13:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ2作目、即発行はいいですね。今回はコンビの出会いを書いており楽しく読みました。ここまでそろうと次は短編集ですかね。そしてTVドラマ開始でしょう。はやく次作を待っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新田刑事がいいですね

2016/01/11 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

マスカレード・ホテルに主人公、山岸さんと新田刑事の物語。
二厘の人間性や、今の職業につくまでの経緯が描いてあり、二つの作品が要所要所でつながっていて面白い。
どちらを先に読んでもいいですが、「ホテル」を読んでからの方が楽しめるかもしれません。
何時か映像化されるのだろうが、キャストがどうなるか楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホテル従業員はタイヘン!

2015/08/29 13:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hontoman - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホテルを利用する客は何かしらの仮面をつけて訪れる。その仮面に触れないのがホテルマンであることを徹底する聡明なフロントクラークの山岸であるが、聡明であるがゆえに疑問に思うこともある。でも直接仮面の中をのぞくことはできないし話すこともできない。それを仮面をはがし真実を追求する刑事新田への橋渡し役として部下穂積をもってきたところが本書を魅力的にしている。本書を先に読んだが、マスカレード・ホテルでもきっちり役割を果たしているといいのだか。これから読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ。

2015/02/11 00:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさうさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作を読んで購入。個人的には好きなシリーズです。また次が楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回のシリーズは◎

2014/09/28 09:30

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在、売れに売れている著者最新シリーズの最新作である。
マスカレード・ホテルの続編かと思いきやそうではない。
なかなか周到である。
マスカレード・ホテルよりも、時代を遡ったところの
山岸、新田のそれぞれの若き頃のお話である。
しかも、短編である。

今回は、大学教授が殺害され、しかもそれぞれが手をくださず
アリバイもある。つまりは交換殺人ということであるのだが
筋書きそのものよりも、登場人物の感情の動き方に面白さが
ある。洞察する人々の心の内。なかなかにリアルで人間っぽい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホテルのおまけのようなもの

2014/10/14 01:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3mのねこじゃらし - この投稿者のレビュー一覧を見る

マスカレード・ホテルがホテルの視点で繰り広げられる推理物で、
面白かったので、もうちょっと読みたいなと思って、購入。
短い話にまとまっていて、おまけのような感じです。
もっと狡猾な犯人とかが出てきたりすると面白いのにとか
思ってしまいました。
今後も続編出るなら、濃いキャラがほしいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去のお話です

2016/04/10 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイア - この投稿者のレビュー一覧を見る

新田刑事と山岸さんの若き日のお話です。
二人とも若い頃からソツなくこなしてるな〜〜って思いました。
読みやすくサクサク進みました。
2人とも好きなキャラなので、シリーズ化したらいいなー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ化希望

2015/08/24 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hal - この投稿者のレビュー一覧を見る

先の「マスカレード・ホテル」の時系列的に前の話。刑事とホテルマン(女性)が主人公で 軽いミステリーで 読みやすい。二人とも魅力的でシリーズ化をの地味ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほど二人の共通点。。。

2015/01/30 11:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪ネタバレ≫

「マスカレードホテル」で、警察官とホテルウーマンという異業種なのにコンビを組んで、シリーズ化を是非にと願った第2弾。
期待を裏切り、なんと二人が出会う前の物語。。。
でも、実はニアミスしてた!!
バラの匂いの話は、新田が「ホテル」での結末にたどり着くための複線だし!!
とにかく、仕事に対する情熱がまっすぐな二人が、異業種間でとまどいながらも結果を残した、「ホテル」の伏線をあちこちに感じられ、ちょっとワクワク(* ´艸`)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろいけど

2014/09/10 10:16

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かおりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

イブの殺人、あれはありきたりだよなぁ。。。2時間ドラマによくあるやつだし。もうちょっとなんか違う方法考え付かんかったかなぁ。おもしろいだけにもったいない感じがした。
また、ホテルみたいなああいうのを読みたいぞ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待外れの短編集

2016/01/21 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人物像が定型過ぎ。表題作もわざわざ共犯者のアリバイを崩す動機が不自然。
著者への期待が大きいだけに、激励の「喝!」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イブ…そういうことか

2015/11/29 02:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マスカレード・ホテル」を読み、となれば本作も、自然な流れで読んだわけだが、イブ、とはそういう意味なのか。ま、クリスマス・イブも同じだから。にしても、事件そのものは、さして珍しい着想でもなし、少々がっかり。売れっ子になり過ぎて乱造気味なのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マスカレードホテルの方がよかった

2015/09/02 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:meen - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホテル業界の内情が分かる面白い作品。さすが東野圭吾と思わせる筆力です。マスカレードホテルの続編ですが、本作品の方が時系列的には過去のストーリーとなっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む