サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

日本の風俗嬢(新潮新書)
日本の風俗嬢(新潮新書) 日本の風俗嬢(新潮新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-610581-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本の風俗嬢 (新潮新書)

著者 中村 淳彦 (著)

収入は? 適性は? どのレベルの女性まで就業可能? 成功の条件は? 業界を熟知した著者が、あらゆる疑問に答えながら、現代日本の風俗嬢たちのリアルを活写した性風俗入門書。【...

もっと見る

日本の風俗嬢 (新潮新書)

842(税込)

日本の風俗嬢(新潮新書)

648(税込)

日本の風俗嬢(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

収入は? 適性は? どのレベルの女性まで就業可能? 成功の条件は? 業界を熟知した著者が、あらゆる疑問に答えながら、現代日本の風俗嬢たちのリアルを活写した性風俗入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

適齢女性28人に1人が風俗嬢!? どんな業態があるのか? 収入は? 女子大生と介護職員が急増している理由は? どのレベルまで就業可能? 三〇万人以上の女性が働く、知られざる業界の全貌。【商品解説】

著者紹介

中村 淳彦

略歴
〈中村淳彦〉1972年東京都生まれ。大学卒業後、フリーライターとなり、ノンフィクション、ルポを執筆。著書に「名前のない女たち」「職業としてのAV女優」「崩壊する介護現場」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

参考になりました

2014/11/22 10:39

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Shiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は「回春セルフ整体術」の著者で大庭と申します<(_ _)>
読ませていただきました。
風俗店もなかなか厳しいんですね〜
新規開店→閉店が繰り返されたり、
オーナーが頻繁に変わったりするわけが解りました。

「回春セルフ整体術」も、
よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風俗嬢の画期的数値化

2015/01/31 12:13

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃむー - この投稿者のレビュー一覧を見る

AV女優を頂点に地方のピンクサロンを最下層に
風俗産業で働く女性たちを偏差値化していく
わかりやすいがシビアすぎる一冊。

頭の回転が速くオッパイは大きく、気も遣える
美人でないと風俗嬢は勤まらない……とは

しかしながら介護ヘルパーと風俗嬢が隣接しているのは
わかるような気がします。

ひとつ気がかりだった知的障害のボーダーラインにある
女性たちが搾取されているのではないか、との問いについて
そのような女性の扱いは大変だから、通常、経営者は手を
出さないという記述に安心?しました。

「女なら誰でも風俗嬢になれるわけではない」と終始
説き続ける著者。

女の価値=商品=スペック
ここまではっきりしているのは気持ちいいけど
ラストは「そんなに高級な商売か!」と言いたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

見えない部分を見る

2016/03/30 07:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

性風俗というデータを調査も少ない業界に関しての大枠を知る事ができる内容。個々の事例によっている気もするが、ヒアリング結果としてみても貴重な内容と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/09 01:09

投稿元:ブクログ

「風俗業界の今」が俯瞰できました。「昔のように誰もが儲かる業界ではなくなった」「風俗でも格差は拡大している」という印象。現役の風俗嬢も、自分には無関係と思っている方も、自己防衛と偏見払拭のために読むことを強く勧めます。そして同じ著者の『デフレ化するセックス』や『崩壊する介護現場』で各方面の深耕を。

2016/07/01 13:18

投稿元:ブクログ

2016年7月1日読了。ソープ・デリヘル・ピンサロなどの仕事に従事する日本の風俗嬢やその周囲の業界が、2006年の風営法改正以降に様変わりしたその姿を描くノンフィクション。「貧困や精神を病んだものが落ちた先が、風俗」という認識は「ブルセラ」などが流行した90年代以前の感覚で、カジュアルに性を売る女性の急増・法規制の強化による業界の弱体化により、風俗嬢内でも格差が進み、容姿に優れ高学歴で、明るくコミュニケーション能力の高い一部の女性以外は風俗店側から門前払を食ってしまう、という現実は当方の想像を超えている。風俗業界が困窮する女性のセーフティネットとしては機能していない、介護職は報酬の高さ、勤務時間の自由度、自己実現性などにおいて完全に風俗嬢に負けている、などの指摘は重い…。最後に提言される通り、行政が本気で「風俗業界をどうするか」に向き合わなければ、風俗嬢の地位向上、業界の健全化、また暴力団の「みかじめ料」などの悪習をなくすこともできない、ということだが、それは難しそうだ。私は幸い風俗の利用者ではないが、自分の子どもの世代のことは心配だ。

2014/09/19 17:25

投稿元:ブクログ

病気とか妊娠とか、そういう危険な部分についてあまり語られていないことが気になった。
これだと、私にもできるかもって思ってその道に進む人も出てくるかもしれないという気がする。

角田氏へのインタビューより引用。

-------------------------------------

ーどうして10代、20代の女性たちは、過去の世代と比べて高い比率で性風俗へと向かっていると思いますか?
「極論すると、風俗に代わる仕事がないってこと。みんな現実社会への破綻というか、矛盾に気づいているんだと思いますよ。最近蔓延しているポエム(みたいな謳い文句)なんて絶対に嘘だし、かつ夢とか希望とか安定なんて、この世にないしみたいな考えになっている。こうした現実に気づいたとき、時間に束縛されずに必要な金額が稼げる風俗を選択することは自然なことなのかもしれません」

-----------------------------------------

—風俗に向かう女性が増えたと同時に、男性も女性も恋愛しないし、ほとんど消費もしないという状態が続いている。
「それは精神的充足を他で補うことができるようになったからですよ。メールとか、“いいね!”の数とか、彼氏とか以外に承認される場が多様にある」

(中略)

—恋愛も消費もしなくても生きていけるけど、仕事だけはしないとならない。
「だから風俗、となってくる。感受性が強いと世間で流通している夢や自己実現は嘘だと気づく、最終的には時間効率だけを考える。
 ただ、こうして誰もが『風俗で働いてみよう』と思うようになってしまうから、風俗店にとっての買い手市場となるわけで、市場原理として漏れる人が多く生まれる。その結果、ワリキリのような個人的な働き方が自然発生したのではないかと思います」

-------------------------------------

引用終わり。

これがリアルなのか。
刹那的というか、「今」を生きるために効率よく、っていうのはとてもわかりやすい。
しかも承認欲求も満たされるし自己肯定もできる。

2014/12/31 00:30

投稿元:ブクログ

風俗って多分誰もが気になる職業だけど、簡単に足を踏み入れられないし、社会的地位も低い。
この本は昔からの固定観念に縛られて性風俗産業の性質をきちんと理解できていない人たちに、分かりやすく現在の性風俗産業の状況、立ち位置を教えてくれる。

まぁ私には金銭的にも宗教的にも一生関わることのない職種だけれど、計算的にはかなり多くの風俗嬢がいることに驚いた。
普通の女子大生が気軽に身体を売る時代なのか、と思うとどこか悲しい。
売春的行為が悪い悪くないは置いておいて、風俗みたいな高時給の仕事をしなければ学費や生活費を稼げない、生活ができない、みたいな社会に問題があるように感じた。

2015/04/20 17:35

投稿元:ブクログ

女性が肉体と性を売ることで、ヤクザからの借金を返す。風俗業のそんな反社会的なイメージはもはや一昔前。今の女性は自ら積極的に風俗業界へ「就職」し、「賃金」を稼いでいるのだ。

働いていることを他人へ言えないかもしれないが、それを除いた労働環境を考えると、若い女性にとっては魅力的な職業だ。資格・経験不要、完全能力給、社内の付き合い不要、即金払い、急な休みも可、週イチでもOK。副業にするなら、悪くない。だから、学生や主婦、シングルマザー、介護職員など、意外に就職希望者は多い。その結果、だれでも稼げる業界ではなくなった。自己を売り込む営業努力が必要だ。

こうして、それなりの求職者が発生する業界になってしまった風俗業界。昔のようにアンダーグラウンドとして放置するのではなく、労働法に則った公的規制が必要だと、著者は唱える。

2014/08/27 18:59

投稿元:ブクログ

<目次>
第1章  性風俗の現在
第2章  ビジネスとしてのデリヘリ経営
第3章  激増する一般女性たち
第4章  風俗嬢の資格と収入
第5章  スカウト会社とスカウトマン
第6章  性風俗が「普通の仕事」になる日

<内容>
多少興味本位で購入した部分もあったが、こうした本を読むことで、景気の状況を知ることとなった。つまり「かなり悪い」と言うことだ。
また、いわゆる風俗の情報を知ることもできた。

2015/03/13 23:34

投稿元:ブクログ

なんとなくは耳にするけれども、
細かいことはよくわからない、
そんなリクエストに的確に答えてくれる一冊。

風俗の色んな種類は聞くけれども、
どういう違いなのかはよくわからないし、
暴力団との関係性なんかも、よくわからない。
そういったところにも細かく言及されている。

2014/12/23 06:09

投稿元:ブクログ

チェック項目9箇所。売春婦の意味を調べると、「性的サービスを提供することによって金銭を得る女性を指す」とされている、とすれば、風俗嬢との境界線はきわめて曖昧だ、様々な種類がある性風俗店で働く風俗嬢や、自分で客を見つけて個人売春する女性、AV女優やストリッパーなどエンターテイメント関係の仕事も、お金をもらい裸になって「性的サービスを提供する」仕事である。「日本の風俗嬢の人数=1万3000店(各種性風俗総店舗数)×25~30人=32万5千~39万人」ということになる、つまり日本に正風俗嬢は推定で32万5千人から39万人程度いると言うことができる。「求人で面接に来た女の子で採用するのは10人中、せいぜい3人くらい。外見で売り物になりそうなのが10人中4人、外見はよくてもコミュニケーション能力が低かったり、精神的に病んでいそうな女性は落とすから、それで3人。稼げる人気店はもっと厳しい」(池袋のデリヘル店長)。性風俗店で働くことには、わかりやすいメリットがある、一般的な仕事より単価が高くて時間の融通が利く、そして日払い制度ですぐにお金になることにある、経済的理由が八割以上を占めるのは当然として、空いている時間に働けることで、学生や社会人、主婦を含めた女性のあらゆる層を取り込むことに成功している、また、採用から給与支払までがスピーディなことも、緊急を要する金銭的事情に対応できるため魅力的だろう。「本当にありがたいし、風俗嬢になってよかったとしか思えない。風俗がなかったら大学生を続けることは不可能だったと思う」。兼業女性の中で、これまで目立っていた職業は、看護師、飲食店員、アパレル店員、美容師だった、また六割が貧困レベルの生活を強いられていると言われるシングルマザーが多いのも特徴である。介護職員は、シフト制で時間が不規則な仕事である、資格試験の受験に三年以上の実務経験が必要な介護福祉士以外は、時給計算の非正規雇用が一般的で、フルタイムで働いても月収は15万~16万円にしかならない、親が低収入で仕送りの少ない地方出身の女子学生と同じく、普通に生活するのも厳しい金額である。介護職員は、安月給で生活できない悩みから副収入の手段を探り、風俗の世界に足を踏み入れることが多い、全国的に人で不足の介護施設は、国家資格である介護福祉士を取得していれば、いつでもどこでも採用される、性風俗がだめになっても介護があるから大丈夫という保険があるので、大胆な行動がとれる、ダメになったら介護に戻ればいいという安心感が、性風俗の世界に積極的に向かわせるのである、この場合、介護業界のほうが「セーフティネット」として機能しているということになる。高いコミュニケーション能力が求められるという点では、SMクラブの女王様は高齢者相手の介護と類似点が多いという、経験が活かせることもあり、介護職からの転職が多いようである。介護職員として優秀な女性ほど、性風俗でも活躍できる能力がある可能性が高い、国家資格である介護福祉士を取得している女性ほど、性風俗に流れて成功しやすいのだ。ワーキングプアを次々と生みだしている悲惨な状況でも、介護施設側は「介護は熱い思いを伝えられる素晴らしい仕事、夢がある」などと必死に訴えている、��かし、介護職は蓋をあければ豊かさの欠片もない貧困女性の巣窟というのが現状だ。(採用偏差値67 高級ソープランド)日給=4万円(一人の単価)×二人(120分×2)=八万円 月収=八万円(日給)×16日(週四日)=128万円。

2014/10/23 16:48

投稿元:ブクログ

風俗業界の景気の悪さは、よく知られている。何より顧客である男性の減収が最も影を落としていると思うのだが…。価格競争よりも、買う方に金がないのが真実なのでは?
金のある人には別の手がある。例えば婚活サイト。合コン。わざわざプロを買わなくとも素人と本番はできるのだ。このご時世、金があるだけで非常にモテるものだ(これは婚活サイトに登録して、実感したこと)。

売る方もそうだが、買う方もリスクを負っていて(性病など)そのことが周知されてきたことも一因だろう。なけなしの金を叩いて危険を冒すぐらいなら、ネットの無料動画で抜いたほうがマシなんじゃないか?(私にはわからないけど)

風俗はお仕事。でもそのなかの違法行為は違法だ。
必要だから、いい?本当に?
セックスが、生存のために必要か?違うだろ。
セーフティネットですらないなら、何のためだ。
男が気持ちよくなりたいだけだろ。
何を正当化しようとしてるんだか。

差別する気はない。でも必要だとも思えない。

2014/11/21 11:30

投稿元:ブクログ

~90年代とそれ以降で風俗嬢の性質は変わってきていると。
供給過多となっている側面があって、簡単になれるものではないらしい。

東京五輪のような国際的な催しがある際に浄化運動的なものが活発化するらしいが、実態としてあるのに、目に見えないようにする=アンダーグラウンド化することによって、より危険性が増すというのは本末転倒だ。
自分の目に見えないようにする、目に入らなければないことと同じ、として気にしない、考えないというのではもう立ち行かないと思う。
安心して働ける環境を、というのはどの職業であろうと基本的な部分だ。

2014/12/07 00:56

投稿元:ブクログ

最近の実態がよくわかる 裏社会なので本でも読まないと知り得ない まぁ興味としてだけど社会の構造を知る上で必要な知識と思う

2015/11/05 00:40

投稿元:ブクログ

知らないおじさんにいきなりもらい、興味のあるタイトルだったので読んでみた。
現代の風俗嬢って大変なんだな~。
売れている人はそもそも容姿もレベルが高く、コミュ力も高いと。そもそもその二つのレベルが低いと現代では働くのもなかなか厳しいという現状らしいが。
効率的な世の中と風俗嬢の数はこの本を見てると比例してそうだ。
単体のAV女優やソープ嬢、デリ、ヘルス、ピンサロで働く女性たちに偏差値をつけていたけど、だいぶ著者の主観な感じがした。確かに2000年入ったくらいからの誰もが知っているAV女優はかわいいけども笑
あと、スカウトマンって大変だな。ちょろっとしか書かれていなかったけど、ほんとに新宿スワンみたいな感じな気がした。
風営法とか迷惑防止条例とか風俗会社やスカウト会社的に相当ダメージでかいのがわかる。それでも形態を変えたりして、存続してるのもやはり需要はなくならないからだし、金にはなるからだよな~。逆にデリヘルとか誰でも会社立ち上げられる的なことが書いてあって、そのせいでものすごい数の店ができて、デフレ化してどこもかしこもなかなか儲からなくなるってのは、客側としてはいいかもしれないけど店側としては大変だよな~。
客をつなぐために本番ありを黙認しているところも多いと書いてあったけど、そうなんだね~。風俗は当然だけどかなりグレーゾーンだよな笑
あと、最終章に書かれていたけど、ホワイトハンズとかGAPみたいな性産業の社会化を目指したり、相談援助やキャリア支援とかしてる団体があるのは知らなかった。すごく大変そうだけど頑張ってほしいと思う。
何かおれも風俗嬢にリアルに色々話を聞いてみたいと思った。(聞いたことあるけど笑)
東京から地方に期間限定で出稼ぎに来ているとか、もはや海外の市場に飛び出そうとしているとかもすごいな笑
地方に出稼ぎに行くのに、まるで旅行間隔な人もいるっぽいし笑
確かに地方の風俗は、地方って狭くて知り合いとかそういった目が気になるから女性的に働きにくくて、結果人がそろわないというのはすごくわかる。
レビューをだらだらと脈絡なく書いてしまったけど、風俗を含めて性についての深い考察と議論って重要だと思う。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む