サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マッカーサー大戦回顧録 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

マッカーサー大戦回顧録 改版(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/17
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/529p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205977-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マッカーサー大戦回顧録 改版 (中公文庫)

著者 ダグラス・マッカーサー (著),津島 一夫 (訳)

「青い目の将軍」が見た、対戦相手としての日本軍と占領された日本人とは−。晩年のマッカーサーが自らの生涯を綴った「回想記」より、太平洋戦争勃発から日本占領統治に至るまでを収...

もっと見る

マッカーサー大戦回顧録 改版 (中公文庫)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「青い目の将軍」が見た、対戦相手としての日本軍と占領された日本人とは−。晩年のマッカーサーが自らの生涯を綴った「回想記」より、太平洋戦争勃発から日本占領統治に至るまでを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/08 13:04

投稿元:ブクログ

この本は幾つかの点で非常に興味深い。

1、アメリカ側から見た戦争の推移

大本営発表は日本人にとってトラウマみたいなものだが、それに信憑性を持たせる程度にはアメリカも脅威に感じていたろうことが特に前半で分かる。
幾らかの真実があれば、うかつな推論を人間はするものだ。

2、世界規模の戦争を統率する将軍のメンタリティ

意外なほどにセンチメンタルなところがあったり、他者の評価を気にしているところなど、デリケートな感じを受ける。

それはマッカーサー個人が繊細、というよりも戦争という過大な負荷がマッカーサーにそうさせていると考えるほうがしっくりくる。多数の人命を扱うことが、個人の資格においてできるのは異常なことなのだ。

おそらくこの回顧録を書かなくてはいけなかったのもそのような事情だろう。

3、日本占領の流れ

多種多様な勢力が占領政策に関わった。マッカーサー個人も当惑しながらも精一杯職務を全うしようとした。もはや今ある日本は誰かの責任へと帰されるものでもない。

2014/12/19 12:05

投稿元:ブクログ

敗戦国であり、被爆国であり、民主主義化した日本。
占領は侵略であり、洗脳でもあるといった捉え方で、
戦後の70年を生きてきた人だっていることだろう。
回顧録に詳細に書き込まれたマッカーサーの記録の、
すべてが事実で、どれもが本心かどうかは証明不能。
それでも彼の思想と事実とが一致するところは多い。
歴史を解釈するのに一点主義を用いることはできず、
またしてもならないものだが、もっとも中心にあり、
多くのことに関与した彼の手記は一読銘記に値する。

2016/09/11 22:26

投稿元:ブクログ

マ元帥の回顧録。あわよくば大統領を狙っていたわけで、ガリア戦記のような自己喧伝を兼ねた書ではあるが、著者がカエサルでないので明晰性に欠ける。「史上例を見ない」というフレーズを連発し、やたらに自分の評判を気にして新聞記事を引用している。特にフィリピンで煮え湯を飲まされた山下奉文と本間雅晴の裁判記録は、本人もデリケートな問題だと感じたのか「勝者によってこれほど公正な裁判がなされたことはかつてなかった」などと連呼してはいるが、畢竟私怨で抹殺したに過ぎない。そうは言っても激動の時代の当事者の記録なので、それなり以上に興味深い。文民統制すら失った日本人よりよほど有能。
「日本で起こったことは、憲法上の変革や経済的復興だけでなく、同時に精神的復興でもあった」という下りがなかなか荒唐無稽な考察で面白い。現人神が君臨する大日本帝國の集団無責任体制などアメリカ人に理解出来る筈もなく、「古代スパルタに近い」などとも評されている(12歳のこどもとは言ってない)。当の日本人がよくわからないのだから仕方ない。
「第一次大戦でレインボー師団を率いてドイツのライン川の西岸で軍事占領に従事した際、私は軍事占領の基本的な弱点とみられるものを現場で目撃した。その弱点とは、(中略)権力という病気が次第に占領軍部隊に染み込み、占領することはある種の人種的優越を示すものであるかのような有害な錯覚が兵士たちの間に生まれるにつれ、占領軍自体も次第に堕落してしまうことなどであった。」とか言ってて、その反省を踏まえてたから自分たちは同じ轍を踏まなかったと言ってんだけど、なら例えば大森区中村病院の集団強姦殺人はなぜ起きたんですかねぇ、不思議ですねぇ。