カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

雨の狩人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/18
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/602p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02613-1
  • 国内送料無料

紙の本

雨の狩人

著者 大沢 在昌 (著)

新宿のキャバクラで、不動産会社の社長が射殺された。捜査に当たった新宿署の刑事・佐江と警視庁捜査一課の谷神は、その事件の裏に日本最大の暴力団である高河連合の影があることを突...

もっと見る

雨の狩人

1,944(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新宿のキャバクラで、不動産会社の社長が射殺された。捜査に当たった新宿署の刑事・佐江と警視庁捜査一課の谷神は、その事件の裏に日本最大の暴力団である高河連合の影があることを突き止める。高河連合最高幹部の延井は、全国の暴力団の存亡をも左右する一世一代の大勝負「Kプロジェクト」を立ちあげ、完全無欠の殺し屋を使い、邪魔者を排除しようとしていた。佐江、谷神と高河連合が、互いの矜持と命をかけた“戦争”を始めようとする中、プラムと名乗る一人の少女が現れる。進むことも退くこともできない暗闇の中にいた佐江は、絶望をたたえたプラムの瞳に、一縷の光を見出すが…【「BOOK」データベースの商品解説】

新宿署の一匹狼刑事は法を捨て、日本最大の暴力団最高幹部は面子を捨てた。やがて数奇な運命の少女と刑事の孤独な魂は、重なりながら、濁流の渦へと飲み込まれてゆく…。『北海道新聞』等連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大沢 在昌

略歴
〈大沢在昌〉1956年愛知県生まれ。「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞しデビュー。「新宿鮫」で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門、「無間人形」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

次は警備員か探偵か?!

2015/08/30 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ai - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐江シリーズいつも通りの面白さでした。このシリーズは失敗がなく安定して面白いので、次が出るのか心配です。
読み始めると読むのをやめるのが難しいこのシリーズ次が出るのを期待します!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/24 15:56

投稿元:ブクログ

【ネタバレ】狩人シリーズ第4弾。とにかく導入部が長すぎます。話が転がり出すとその速度は上がるのですが、今度は逆に結末があっけなさ過ぎ。主人公は自主退職を迫られているし、この先はあるのかしら?

2014/10/29 17:58

投稿元:ブクログ

 この狩人シリーズも四作目。毎回毎回佐江という無骨極まりない新宿署刑事とコンビを組むことになる相棒が作品毎に入れ替わるという毛色の変わったシリーズなのだが、脇役臭の濃厚だった佐江という刑事も、もはや押しも押されもせぬ主役の貫禄を持ち、作者の筆加減も佐江の魅力を相棒たちの口から語らせるなどサービスぶりが目立つようになった。

 佐江が引き立てば、一方のシリーズである鮫島がどうなるのかという問題があるにせよ、ここのところこの佐江のシリーズは好調極まりない。本作も今年の品評会ではいいところに取り上げられるのではないだろうか。

 さて毎回斬新で現実的な新宿署管内の操作模様を描いてくれる警察小説の雄である本シリーズであるが、今回は暴対法による悪しき影響、つまりヤクザが解体されてゆくゆえに、悪が見えないもの制御されにくいものとなってより犯罪傾向が残忍で容赦なくなって来たのではないかというのが本作の読みどころである。
 暴力団がメンツを捨て去り、企業舎弟という名すら持たなくなった一般企業や金融界の影に隠れ、堅気な世界との境界線が見えなくなった状況のなか、組織の中での個々のサバイバルも熾烈を極めてゆく様子は、北野武映画『アウトレイジ』のシリーズと同断である。組織の統廃合が繰り返される新宿の様子を描いて、本書は奇妙に複雑な重層構造を見せてゆく。Kプロジェクトという題材も、ネタバレになるのでここでは言えないのだが、タイムリーそのものである。

 一方で心を捨てたクール極まりない殺人者の姿が新宿の夜に屹立する。銃に魅かれ、銃のプロとなるために日本人としての人生も家族も仕事も捨て去り、単身海外に銃撃の機会を求めて旅立った男。外人部隊に入隊を求める軍事オタク同様に、戦場をしか求めない男の、狂気とは言えぬ種類の冷たい異常が見え隠れするおぞましさに作品は奇妙な陰影を帯びてゆく。

 そしてこの物語にさらに悲劇と苦難とたくましさを与える日本。タイ混血の娘、プラム。奇妙に静かな優等生に見えるがどこか謎がありそうな本作の相棒、谷神。などなど、脇を抑えるキャラクター群像にもまたも魅力が盛り沢山である。これぞ超エンターテインメント警察小説と言えそうな、堂々の貫禄を見せてくれた渾身の一冊である。

2015/03/01 21:42

投稿元:ブクログ

何故か敬遠していた狩人シリーズを初読。過去の作品を読んでいたほうが主人公の立ち位置がよくわかって面白いのかもしれないが、本作だけでも十分、楽しめた。このシリーズの特徴なのかもしれないが、少々、やり過ぎで、ここまでしてしまうと収拾がつかないし次はないのではないかと思っていたが、まさしく、そういう終わり方なので次はないのかな?人物達の関係性があまりに偶然が過ぎるぐらいに都合よく重なって物語をなしているのは、そういうこともあるということで突っ込まないほうが良い。

2015/01/12 22:53

投稿元:ブクログ

読了。狩人シリーズ4作目。やっぱおもしれぇ‼︎毎回主人公が変わるシリーズで脇役の新宿署の佐江警部補の活躍物語。今回でシリーズが終了してしまうようなラスト。

2014/08/15 06:24

投稿元:ブクログ

読みごたえがある。でも新宿鮫でいいかな? 2014.8.14

2014/11/26 09:02

投稿元:ブクログ

面白かった!の一言に尽きる。
大沢さんらしい警察ヤクザの睨み合い。
そこに絡む若い女性、プロの殺し屋、新たにカタギノの悪人も登場し、豪華メンバー勢ぞろいの感じがする。
最後の銃撃戦はスリルがあって、大沢さんはこうでなくっちゃ!感満載。
楽しませて貰った。

2014/08/24 10:57

投稿元:ブクログ

☆☆☆☆4つ

壮大なストーリーの着想はさすが大沢兄貴である・・・と後半になってやっと思えてくる。
しかしなんというかその説明会話的-普通の人は絶対にそんな具合にはしゃべらんだろ-長ぁいメモ読んでるわけぢゃなし!は、ハッキリ言って疲れるのだ。すまぬ。
褒めた”壮大なストーリー”には「裏社会本格推理小説」というジャンル名をさづけます。もちろんハードボイルドなどでは絶対にないのでご注意を。
あ、もうひとつ。題名がなぜ『雨の狩人』なのか、もしも分かる方がいたら教えてくださいw

2014/08/31 09:58

投稿元:ブクログ

刑事vsヤクザ@歌舞伎町。新宿鮫は全然好きじゃなかったけど、これは面白く読めました。でも雨のシーンなんて全然ないのになんでこのタイトルなんだろう。
本筋とは関係ないけど、タイ・カンボジア・マカオというラインは、大量代理出産で最近話題の光通信御曹司の足跡と似てて、あれもこういう裏があるのかなーとか思ってみたり。

2014/10/21 10:07

投稿元:ブクログ

#読了。狩人シリーズ第4弾。新宿のキャバクラで社長が射殺される。新宿署の左江は捜査一課の谷神と組み捜査に当たるが、その裏には日本最大の暴力団”高河連合”の影が。殺伐とした中での、殺し屋と少女という対比は面白かった。暴力団とハングレの違いをだしたいというのもあったのであろうが、最高幹部の対決というのは少々やりすぎの感が。

2014/11/23 12:37

投稿元:ブクログ

相変わらず、狩人シリーズは面白い。
ただ、ラストの対決は、話を綺麗に纏めるためか少々やりすぎかなて感じでした。
それにしても、今までのシリーズの作りからすると、このラストだと狩人シリーズは終了ということになるのかな?

2014/12/17 20:57

投稿元:ブクログ

主人公以外のキャラの色も出ているので、それぞれの視点からも読みやすかった。今年の大沢作品じゃ1番かな。(それほど出てないけど)

2014/11/09 06:32

投稿元:ブクログ

事件の動きが遅くだるい感じがした
終盤は逆にあっけない終わりだなーと思える
でも毎回読んでしまいます 面白い。

2016/03/12 10:59

投稿元:ブクログ

長かった。少し読み終わるまでに時間のかかった一冊。。。

ヤクザの抗争やらなんやらと裏社会の話で、なんとなくオチがしっくりこない内容でした。

うーーーん。

この作家さん有名だけど初めて読んだかも?他もこんな感じなのかなぁ。いや、内容としては深めで細かくいろいろ調べて書いてるのかなー?とは思うものの、結構なスペクタクルアクションが多く、警察ファンタジーのような様相を呈したヤクザアクションでした。

私はあんまりこういうのは、サクサクいけないという理由で、星二つだな。

2014/08/11 10:28

投稿元:ブクログ

相変わらずのテンポ、スピード感溢れる展開で一気に読んだ。
暴排条例、半グレ。ヤクザも生きにくい時代になった。