2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. ワケありな日本の領土 尖閣諸島・竹島・北方領土3つの領土問題を徹底解説
ワケありな日本の領土 尖閣諸島・竹島・北方領土3つの領土問題を徹底解説
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/18
  • 出版社: 彩図社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8013-0016-3
  • 国内送料無料

紙の本

ワケありな日本の領土 尖閣諸島・竹島・北方領土3つの領土問題を徹底解説

著者 沢辺 有司 (著)

領有権をめぐって他国と問題になっている「尖閣諸島」「竹島」「北方領土」の3つについて、地理的・歴史的・法的な側面から多角的にアプローチ。日本人なら知っておくべき領土問題の...

もっと見る

ワケありな日本の領土 尖閣諸島・竹島・北方領土3つの領土問題を徹底解説

1,296(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

領有権をめぐって他国と問題になっている「尖閣諸島」「竹島」「北方領土」の3つについて、地理的・歴史的・法的な側面から多角的にアプローチ。日本人なら知っておくべき領土問題の課題と現状を客観的に解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/03 14:20

投稿元:ブクログ

本書は、産経新聞の書評で紹介されていました。
日本が抱える3つの領土問題、尖閣諸島・竹島・北方領土の争いの理由を、知らないわけにはいかないと、直ぐに注文してしまった。

何故、こんなにも長い年月を経てしまったのか?
下手すると戦争にまで発展してしまう危機さえある。

歴史的に探っていけば、いつもいつもアメリカが登場する。
“植民地から撤退するときには、紛争の火種を残せー”
国際政治の世界では、こんな常識があるそうだ。

この領土問題はアメリカがまいた種?

当時の政治家や外交官たちは、緊迫した話し合いの際には、次世代先送りや棚上げにして事なきを得ている。

この問題を片付けてくれる未来人はいるのか。

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む