サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 壊血病 医学の謎に挑んだ男たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

壊血病 医学の謎に挑んだ男たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/25
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05799-0
  • 国内送料無料

紙の本

壊血病 医学の謎に挑んだ男たち (希望の医療シリーズ)

著者 スティーブン・R.バウン (著),中村 哲也 (監修),小林 政子 (訳)

ある者は寒さで、ある者は飢えと喉の渇きで泣いていた。やがて仲間たちが死んでいった…。大航海時代、200万人の船乗りが壊血病に命を奪われた。恐怖の病にリンド医師、クック船長...

もっと見る

壊血病 医学の謎に挑んだ男たち (希望の医療シリーズ)

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある者は寒さで、ある者は飢えと喉の渇きで泣いていた。やがて仲間たちが死んでいった…。大航海時代、200万人の船乗りが壊血病に命を奪われた。恐怖の病にリンド医師、クック船長、ブレーン卿が挑む!【「TRC MARC」の商品解説】

壊血病は古代ギリシアの昔から医師や水夫を悩ませてきた謎であるが、帆船時代になって船が大型化し長期の航海が可能になり、食糧保存に限界があったために壊血病は奇病から恐ろしい疫病にまでになった。200万人の船乗りの命を奪ったとも言われる。壊血病は疫病の域を越えて国家の命運を左右する重要な要因となり、ナポレオン戦争中のイギリスとフランスの衝突で頂点に達した。恐怖の病の克服にリンド医師、キャプテン・クック、ブレーン卿の3人が挑む、熱い男たちの物語。【商品解説】

著者紹介

スティーブン・R.バウン

略歴
〈スティーブン・R.バウン〉カナダ生まれ。アルバータ大学歴史学科卒業。メディア界に身を置く。冒険家、旅行家、開拓者にまつわる歴史分野の作品を発表し、英語圏のほかにスペイン、ロシア、中国でも翻訳出版される。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/04 21:30

投稿元:ブクログ

大航海時代に船乗り達を苦しめた最も恐ろしい病気が壊血病だった。壊血病はアスコルビン酸(ビタミンC)の不足により、細胞や骨の結合が徐々に失われて、細胞の壊死、出血、骨折等で最終的に死に至る病気である。この本では、壊血病が解決するまで(駄洒落じゃないけれど)の歴史と、壊血病の予防に取り組んだ3人の人物リンド、クック、ブレーンの功績を紹介している。
壊血病の原因は20世紀になるまで特定されなかった。大航海時代の軍医達は発症時の対処法、発症しないための予防法を発見することに注力し、レモンやオレンジ果汁が効果があることを突き止め、効果を挙げた医師もいた。しかし、政治や経済的な理由でその対策は葬られ、当時の権威とされた医師や軍や政治家のトップの意向が反映された対策案(麦汁)が予防薬として永年に渡って使われた。しかし効果はほとんど無く、そのため多くの船員を喪失する。
リンドは船医としての経験からレモン等の柑橘系の果物に効果があることを突き止めたが、その対策は費用対効果が疑問視され、また自身の社会的な地位が低かったこともあって、耳を傾ける有力者がおらず普及には至らなかった。また、クックは4度の世界周航で壊血病による死者をほとんど出さなかった。彼は船内を清潔に保つことと、毎日自ら率先してレモン汁を摂取し、船員にも寄港時に新鮮な野菜や果物の摂取を薦めた。しかし、彼は科学者ではなく、こちらも原因の特定には至らず、逆に権威に負けて麦汁の効用を認めてしまう。ブレーンは、上流階級の出身らしく自らの意見を堂々と主張できる立場にあり、リンドの対処法、クックの実績を踏まえて、レモン汁の効用を主張する。戦争が頻発した時代で、フランスやスペインの船員や兵がこの病気に苦しんだのに対し、イギリス海軍では発症率が低く、戦力が維持できるためその強さが際立ち、多くの地域を制覇することとなったらしい。壊血病への対応は、歴史を変えた一因となったと著者は考察する。現代において、壊血病で亡くなる人の話を聞く事はほとんどないが、ビタミンCが不足する状況、例えば天災等で食料不足になった場合や飢餓が発生した地域、偏った食事を続けた場合(ジャンクフードばかりの食生活)に症状が現れるので、今でも注意は必要という。

キャプテンクックを追った旅行記に壊血病の話が何度も出てきて、この本の出版を知って早速読んでみた。いつの時代でも、権威には逆らえない。この壊血病の歴史においても、治療法の発見と権威による破棄の繰り返しだったようだ。それは医療の世界に限ったものではなく、ビジネスの世界でも通用する教訓として読むことができると思う。

2015/01/27 16:40

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16428620

2014/09/02 10:25

投稿元:ブクログ

壊血病は古代ギリシアの昔から医師や水夫を悩ませてきた謎である。大航海時代になって、船は大型化し長期の航海も可能になったが、食糧保存には限界があったため壊血病は奇病から恐ろしい疫病になっていく。この時代だけで200万人の船乗りの命を奪ったとも言われる。壊血病はさらに国家の命運を左右する要因にもなり、ナポレオン戦争中のイギリスとフランスの衝突で頂点に達した。この恐怖の病にリンド医師、キャプテン・クック、ブレーン卿の3人が挑む、熱い男たちの物語。

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む