サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ
都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ 都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219079-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ

著者 天祢 涼 (著)

弁舌巧みな爽やかイケメン、でも天然な世襲政治家・翔太郎が、都知事選に立候補すると言い出した!真面目で融通が利かない秘書・雲井は、翔太郎のために奔走し、妨害工作を退け、彼は...

もっと見る

都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ

1,296(税込)

都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弁舌巧みな爽やかイケメン、でも天然な世襲政治家・翔太郎が、都知事選に立候補すると言い出した!真面目で融通が利かない秘書・雲井は、翔太郎のために奔走し、妨害工作を退け、彼は都知事に当選する。だが、二人の前に次々と現れる難事件―テロ組織・アイスクリーム党による都議会襲撃、ゆるキャラ「ケンダマダー」殺害、そして都の賓客である美人王女のダイヤ盗難…。支持率が急落する都知事と秘書が真実を明らかにするとき、東京の、そして日本の政治が変わる!?最後の1行まで目が離せない、空前絶後・驚天動地・当選確実の傑作ミステリー!!【「BOOK」データベースの商品解説】

弁舌巧みな爽やかイケメン、でも天然な世襲政治家・翔太郎が都知事に当選。だが、翔太郎と秘書・雲井の前に次々と難事件が! 都議会襲撃、ゆるキャラ殺害…。真実を明らかにするとき、東京の、そして日本の政治が変わる!?【「TRC MARC」の商品解説】

弁舌巧みな爽やかイケメン、でも天然な世襲政治家・翔太郎が、都知事選に立候補すると言い出した! 真面目で融通が利かない秘書・雲井は、翔太郎のために奔走し、妨害工作を退け、彼は都知事に当選する。だが、二人の前に次々と現れる難事件――テロ組織・アイスクリーム党による都議会襲撃、ゆるキャラ「ケンダマダー」殺害、そして都の賓客である美人王女のダイヤ盗難……。支持率が急落する都知事と秘書が真実を明らかにするとき、東京の、そして日本の政治が変わる!?【商品解説】

収録作品一覧

出馬 5−52
襲撃 53−100
馬鹿 101−152

著者紹介

天祢 涼

略歴
〈天祢涼〉1978年生まれ。「キョウカンカク」で第43回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に「闇ツキチルドレン」「空想探偵と密室メイカー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/15 05:57

投稿元:ブクログ

秘書と政治家というホームズワトソンものだと思ってたら秘書の雲井さんの役割が薄くなり
漆原翔太郎の迷探偵ぶりが加速してるので
少し残念な気持ちになった。
ただ酔拳のような迷走ぶりは拍車がかかり
魅了される。
本当の政治と比べると
今の政治家は真面目すぎるのかなぁーと。

2014/11/30 22:44

投稿元:ブクログ

「セシューズ・ハイ」続編。前作ラストの冗談?を真に受け、本当に都知事になってしまった翔太郎。次々に巻き起こる陰謀を鮮やかに解決し、しかしなぜだかどんどん下がる一方の支持率(笑)。天才なのか馬鹿なのか、相変わらず悩み続ける雲井とのコンビもやはり面白い、痛快な政治ミステリ。
個々の事件も魅力的だけど、全ての伏線がラストに繋がってしまうのは圧巻。あの人の憂える事態も分からないではないけれど、その強硬策は怖すぎる! それぞれの「正義」がぶつかり合う中で、一国民としても政治のことをおろそかにはできないのだな、と思いました。いやでも現実にこれくらい骨のある政治家がいてくれたらね……(苦笑)。

2015/06/03 21:27

投稿元:ブクログ

イケメンで弁が立つけどちょっとアホな2世議員・翔太郎と有能な秘書の雲井が、飛んでくるアイスから証人を守ったり王女のダイヤを探したり。人が死なない気楽なミステリー。
しかしなんで雲井はあんなにモテるのだろう。本人は不本意そうだけど。

2015/02/23 21:00

投稿元:ブクログ

前作では国会議員だったイケメン二世政治家、翔太郎が都知事に立候補。妨害工作を退け当選したはいいが次々と難事件が降りかかり、それを颯爽と解決するもおバカな言動で支持率は下がる一方…
天才なのか馬鹿なのか、と相変わらず悩みつつも秘書の雲井は知事のために奮闘する。
アイスクリームテロ、ゆるキャラ殺人などコミカルな事件が続くが、最終話で伏線が収束していくのはちょっと強引だけどお見事。

2014/10/27 20:39

投稿元:ブクログ

なかなか今回も面白かった。
今度は都知事で、周囲に起きる事件を解決していく。
そしてラストに明かされるのは…という作品です。
ただ全体に張られている何かはなんとなくわかって、なんとなく誰が関わっているのはわかるんですよね。
それでも、騙しをわかりやすく書いていていい。

2015/01/19 09:39

投稿元:ブクログ

前作は国会議員だった翔太郎が
今回は都知事に。

軽いノリの政治ネタと思えば、やっぱり面白いけれど
ホントにありそうな気がして、
日本大丈夫か、という気がしてくる。

翔太郎だけが、軽ーいキャラならよかったのだけれどなぁ。

まぁ、総理になるんなら、
次も読もうかな。

2015/05/29 23:34

投稿元:ブクログ

今回もどこまで本気でどこまで冗談か分からない、おバカ探偵漆原翔太郎が大活躍でした。探偵が解決の瞬間まで助手に事情を話さない理由が「助手をからかうため(被害妄想の可能性も残しつつ)」というのがひどい。これこそドラマ化向きでは?

2015/06/20 19:08

投稿元:ブクログ

一行目:「クリントン一人の間七総理。」
あのトンデモ議員が都知事になって戻ってきた!
またも秘書の雲井とともに、国の悪事を暴く。本当のバカなのか、天才なのか?
今回は総理とも渡り合う、スカッとした内容になっている。伏線がしっかりしている分、今回の2作目のほうがオススメ。

2015/07/05 17:22

投稿元:ブクログ

2作目だとは知らずに読んだが、面白かった。前作もよみたくなるし、続編にも期待する。
どこまでが本当なのか雲井とともに悩んでしまいそうで、軽い気持ちでさくっと読める作品。

2015/08/21 23:33

投稿元:ブクログ

前作も面白かったけど、今回もサクッと読めて面白い。こんな政治家がいたらいいのにと思ってしまった。雲井さんは大変だろうけどね〜。作者が三作目の構想もあるって言っている(本格ミステリーワールド2015)ので、期待して待機です。

2015/08/20 06:39

投稿元:ブクログ

絶対翔太郎は総理になるね。
これはまさしく政治世界の探偵ですし。
調味料入れのセンス大好き。
雲井さんずっとどうかよろしく。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る