サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

明日は、いずこの空の下
明日は、いずこの空の下 明日は、いずこの空の下

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/02
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219088-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

明日は、いずこの空の下

著者 上橋 菜穂子 (著)

17歳の夏、初めて旅したイギリスとフランス、フィールドワークで訪れた沖縄やオーストラリア。そして海外旅行で訪れた国々…物語が芽吹く土壌となった旅のエッセイ。国際アンデルセ...

もっと見る

明日は、いずこの空の下

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

明日は、いずこの空の下

1,134(税込)

明日は、いずこの空の下

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

17歳の夏、初めて旅したイギリスとフランス、フィールドワークで訪れた沖縄やオーストラリア。そして海外旅行で訪れた国々…物語が芽吹く土壌となった旅のエッセイ。国際アンデルセン賞受賞記念出版!【「BOOK」データベースの商品解説】

17歳の夏、初めて旅したイギリスとフランス。フィールドワークで行った沖縄やオーストラリア。海外旅行で訪れた国々…。17歳の夏から現在までの、旅の思い出を綴る。『小説現代』連載に書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

高校生の頃から、これまでに訪れた様々な国々での出来事をつづりながら、
「あの頃の私」が「いまの私」になっていくまでを書いてみようと思います。(メッセージより)


小説現代2013年1月号(2012年12月22日発売)から約2年間連載されたエッセイを書籍化! 受賞記念特別寄稿2編をあわせた、22編を収録。
 
「国際アンデルセン賞」は1956年に創設された児童文学の本の分野で最も歴史と権威のある国際的な賞です。2年に一度、子どもの本の世界に最も貢献した作家1名と画家1名に送られます。選考水準の高さから、児童文学のノーベル賞と称されています。作家賞の受賞は1994年のまど・みちおさん以来の快挙です!【商品解説】

著者紹介

上橋 菜穂子

略歴
〈上橋菜穂子〉1962年東京都生まれ。作家。川村学園女子大学特任教授。オーストラリアの先住民アボリジニを研究。「精霊の守り人」で野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/28 15:42

投稿元:ブクログ

素敵なエッセイ。
学生時代の旅、お母様との観光旅行、そしてフィールドワーク。
異文化を"外から見る"のではなく、現地の側に立ち、かれらの"日常の暮らし"として見つめる。
人の営みは、連綿と津ついている。
その感覚が、物語に圧倒的なリアリティを与えるのだ、と感じた。

2014/11/29 13:37

投稿元:ブクログ

上橋さんの人柄を垣間見れるエッセイでした^^
表紙と扉の絵は、お父様が描かれたとか。とても素敵な絵で親子愛を感じさせられます。(お母様の話も多かったので余計にそう思うのかも)
ちょっと気になるのは、ハードカバーなのに文章の下方の余白がとても多いこと。出版社の都合なのでしょうが、ボリュームから考えると余白をあまり入れずにもう少し価格を安くしてくれたら親切だったかなぁと思いました。(物語ること生きることくらいの価格だと妥当かと)

2014/10/21 22:56

投稿元:ブクログ

旅の話をメインにしたエッセイ。
著者の小説が大好きで、子供のときからたくさん読んできている身としては、こんな風に育って物語が生み出される源泉となったのか~と思い、上橋さんに対し作家になれるわよ!と励ましてくれたある方には大感謝であります。いろんな人とのつながりを大切にしておられることがよく分かる文章でした。サイン会でお話しても感じた温かいお人柄のにじむエッセイです。ただし、くすっと笑える箇所はあるものの、やはり「物語」の方が最高ですね。私はわりと抱腹絶倒系が好きなのでちょっと物足りなかった。分量的にも少なめだしあっさり読めますが。

2014/10/18 22:52

投稿元:ブクログ

当代きっての日本のファンタジー作家が、高校生から今までの、主に旅の出会いを綴ったエッセイ。「守り人」シリーズや「獣の奏者」を書いた人の素地が見えて面白かった。「多民族の共生」というテーマに対して、安易に融和できない難しさを知りながらも小さな願いを無くさない精神を見習いたい。

2015/07/18 19:55

投稿元:ブクログ

国語の教科書みたい!なつかしい!!レイアウトや読み仮名ふってあるかんじが、まさにそれ。

すごく穏やかな気分になれる。
旅行が好きだなあ、言葉が好きだなあってあらためて思う。
未知のものを前にして、ドキドキする感じを、久しぶりに感じたいなあって思った。旅行に行きたい。

2014/12/22 19:35

投稿元:ブクログ

エッセイ苦手なんですけど、するする読めて楽しかった。文章がきれい。でてくるひと、でてくるひと、すてきにすてきだした。
表紙も扉絵もとてもすてき。

2015/04/19 07:31

投稿元:ブクログ

上橋さん好きならたまらないと思うこのエッセイ!
エッセイの中にも物語に対する上橋さんのあったかい思いが溢れていて読んでいるこちらまでじんわり心があったかくなった。
そして以外と上橋さんがお茶目なんだなと知ってより一層好きになった。

2015/05/10 22:35

投稿元:ブクログ

旅行に関するあれこれ、なエッセイ。

旅行は楽しいですが、行くのが面倒です。
しかしこう書かれていると、危険だと分かっていても
行ってみたい、と思ってしまいます。
スリにあってしまうような不幸はあると思いますが
それを凌駕するほどの出会いがあるやもしれません。
行ってみたいような、やはり止めておきたいような…。

カンガルーのポーズ、集団ですれば怖くないw

2014/10/15 15:04

投稿元:ブクログ

旅に纏わるあれこれが、その時の緊張感とともに、いい体験となってほどよく熟成され、目の前に出された感じ。羊の尻尾は知らなかったけれど、触ってみたくなりました。

2014/11/03 12:37

投稿元:ブクログ

私が図書館で借りる本には、あまり他の人の予約がついてないことが多いが、この本は後ろに十数人待ちで、とっとと返すために、すぐに読んでしまう(ある程度の厚さをもたせるためか、ページの下が空いたレイアウトで、字もけっこうでかい)。

もとは「小説現代」で書いたエッセーに、書き下ろしが一篇加わって、本になったもの。内容は、『物語ること、生きること』と半分くらい重なる感じだったが、もちろんあっちの本にはなかった話もいろいろある。

「好奇心旺盛で負けず嫌い」の母上と旅に出たときの話がおもしろかった。とくにイランを旅したときの、旅する前にこの国にもっていた先入観と、実際に接したかの国の人たちとそこで見た光景がそうした先入観をひっくり返していった経験。

▼外国人にまで窮屈な規則を押し付けてくる国だから、さぞや国の中はピリピリしているのではないか、女性たちは男たちの後ろに隠れ、他者との接触を避けているのではないか、などと思っていたのですが、その先入観は、つぎつぎにひっくりかえされていきました。(p.195)

性別による明らかな分離はあるし、経済制裁による不自由と思える面も見え隠れするが、それでも、「観光客」として訪れた著者の目に、「びっくりするほど明るく朗らかで、清浄」(p.198)な印象を残したイラン。ある宿に泊まったときには、学校行事で訪れたらしい12、3歳ほどの少女たちが、著者と母上に駆け寄ってきて盛んに話しかけてきた。「これほど率直に、しかし礼儀正しく、どんどん話しかけてくる少女たちに会ったことはありませんでした」(p.197)と著者は書く。

▼炎暑の砂漠の底を滔々と水が流れているように、あるいは、乾ききった岩山の影から、いきなり緑したたるオアシス都市が現れるように、初めて見たイランは相反する光景が共存する国でした。
 そのことに驚きつづけたのは、私の心の中に、この国に訪れる前に、確固としたこの国のイメージが作られていたからなのでしょう。
 観光で目にすることなど、ごくごく限られたことに過ぎません。それでもなお、イランで感じたあの驚きを、覚えておきたいな、と思いました。
 私はきっと、いつも、世界の半分を知らないまま生きている。そのことを、忘れないために。(pp.201-202)

それと「楽観バイアス」の話が印象に残った。オーストラリアでアボリジニの友人たちとキャンプに行った帰り道、周囲百キロくらい人家などない場所で、赤ん坊を抱いた白人女性に出くわしたときの話。ピクニックに来たら川縁で車がスタックしちゃってという彼女はTシャツにジーンズの軽装で、泥の中でスタックしていた車はセダンタイプ、赤ん坊まで連れていて、その車を無事に川縁から引き上げたあと、アボリジニの友人たちは「おれたちが通りかからなかったら死んでるぜ」(p.94)と怒っていた。

▼彼らの怒りはもっともで、オーストラリアでは、原野に出れば、あたりには家もガソリンスタンドもない状態が当たり前。油断して、用意を怠れば、容易に命を奪われる危険が生じるのです。…(略)
 オーストラリア人でも、都会人の中には危機意識の薄い人がいるようですが、私には、���い大丈夫だと思ってしまった彼らの気持ちも分かるのです。(pp.94-95)

そして著者はテレビ番組でやっていた「人の心には、自分の死をうまく想像することができない楽観バイアスがある」(p.95)という説明を思いだす。起こり得る危険をいつもいつも想像してばかりでは生きづらい、だから人のアタマはそういう危険のことをほどほどに流せるようにできていると。ただ、この「楽観バイアス」に無自覚のまま、慣れた暮らしの外に出てしまうと、大変なことになる。著者自身の危なかった経験が書かれている。いかに自らを戒めても、同じ危険な行為をくりかえしてしまったことも。

自分の慣れた暮らし、あるいは慣れ親しんだ考え方や行動の仕方を、あらためて振り返る機会をもつ、というのはなかなかに難しいことだと思えば、「楽観バイアス」は異郷ならずとも、日々の自分の生活のなかで気にしたほうがええことなんやろうなと思う。難しいのは重々分かりながら。

本書のカバーと扉の絵は、父上(洋画家・上橋薫氏)の作だそうである。

(11/2了)

2015/04/19 21:59

投稿元:ブクログ

上橋先生のエッセイ。
期待以上に面白かった。

自分も十代の頃『指輪物語』を読んでどっぷりはまったクチだ。
辛い旅の中でレンバスや時々誰かの家で食べるご馳走、
そしてサムが作る料理がとても印象的なのだ。
頑固に鍋を持ち歩き、危険を顧みず火を熾して料理をしてきたサムが
遂に鍋を捨てる。彼の料理のことを、フロドが覚えていないという、それほど消耗している。
食べることが大好きなホビットが。
映画ではカットされているけれど、本当にこれは重要なシーンなのである。

上橋先生も、物語の中に出てくる食べ物を大事に丁寧に描かれている方だ。
羽海野チカ先生の漫画にも、食べ物はたくさん出てくるなと思い返した。

鎖帷子が着てしまえば思ったより軽い、というのは面白かった。
こうした経験を積むことでリアリティのある物語が紡がれていく。

表紙の絵は洋画家のお父さまが描かれたものと知って驚いた。
素敵なご一家だなと思う。

2014/10/19 20:31

投稿元:ブクログ

旅を綴ったエッセイ集。
なのですが、紀行文としてさほど異国情緒あふれるわけでもなく
旅エッセイと聞いてイメージするほど、面白おかしいハプニングがあるわけでもありません。

旅に出て、ふと広い空を眺めて、風に吹かれて雲の流れを見たり、違う言葉や匂いの中でぼんやりしたりするような空気感です。
懐かしくでも色鮮やかな思い出のひとつひとつを取り出してきたような。

エッセイとして面白いかと問われると、どうかな?と思いますが
文化人類学の教授であり稀代の児童文学ファンタジーの担い手である上橋菜穂子さんが、
こういう経験からバルサやエリンを生み出し、物語の世界を広げていったんだなぁという片鱗を感じられました。

2015/01/10 22:02

投稿元:ブクログ

やはり上橋菜穂子さんのエッセイは面白い!!ひとつひとつのエピソードが好奇心と発見と優しさに溢れ、世界をすぐ近くに感じました。
ああ、もっとたくさんの作品を受容し、たくさんの人に出会い、もっともっといろんな世界を見てみたいなあ。

2014/12/17 17:40

投稿元:ブクログ

上橋さんの物語の原点にある児童文学の話や、旅先での失敗談などファンにとってはたまらないエッセイでした!
けっこう食いしん坊なんですね。
サトクリフの一言「ふたつの異なる世界を~云々」は、私も泣きました。大好きな運命の騎士が上橋さんも好きなのは、嬉しかったです。

2016/05/06 14:45

投稿元:ブクログ

上橋菜穂子の世界を作ったセカイ。

高校生時代の英国研修旅行から、フィールドワーク、現在の旅まで。世界に出逢うこと、そしてそこから自分の世界を広げていくこと。読書から疑似体験した世界に、実際自分で踏み入れたときの驚きとときめき。あの世界に行きたい、感じたい、それは私にも覚えがあるもので、共感して読んだ。

物語から知ることもある。でも、聴いたり読んだりしただけでは、知らないままのこともある。世界の半分は知っていて、半分は知らない、そういう自覚を持って。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む