サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 宗教リテラシー アメリカを理解する上で知っておきたい宗教的教養

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

宗教リテラシー アメリカを理解する上で知っておきたい宗教的教養
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/26
  • 出版社: 麗澤大学出版会
  • サイズ:20cm/409,13p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89205-625-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

宗教リテラシー アメリカを理解する上で知っておきたい宗教的教養

著者 スティーヴン・プロセロ (著),堀内 一史 (訳)

アメリカ史、公教育、市民社会、政治など、多様な事柄と宗教との深い関係を解説。アメリカ人の宗教リテラシーの欠如を指摘し、その原因を探り、是正策を提起する。「宗教リテラシー辞...

もっと見る

宗教リテラシー アメリカを理解する上で知っておきたい宗教的教養

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカ史、公教育、市民社会、政治など、多様な事柄と宗教との深い関係を解説。アメリカ人の宗教リテラシーの欠如を指摘し、その原因を探り、是正策を提起する。「宗教リテラシー辞典」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

信心深いが宗教に関して無知なアメリカ人。宗教的無教養の問題に一石を投じる本書は、アメリカ史、公教育、市民社会、政治など、多様な事柄と宗教(キリスト教、ユダヤ教、イスラーム教、仏教)との深い関係を解説する。宗教大国アメリカを知るための必読書。「ニューヨークタイムズ」紙で3週連続のベストセラーとなる。【商品解説】

目次

  • 訳者まえがき
  • 序  章
  • 第1部 問題の所在 
  • 第1章 宗教的無教養人の国/第2章 宗教は重要
  • 第2部 過  去
  • 第3章 エデンの園(私たちがかつて知っていたこと)/第4章 堕落(私たちはどのように忘れたか)
  • 第3部 提  案
  • 第5章 罪の贖い(何をすべきか?)/第6章 宗教リテラシー辞典
  • 事項索引/人名索引  

著者紹介

スティーヴン・プロセロ

略歴
スティーヴン・プロセロ
ボストン大学人文科学部宗教学科教授。専門は、宗教学、アメリカ宗教史。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/14 00:43

投稿元:ブクログ

スティーヴン・プロセロ『宗教リテラシー』麗澤大学出版会、読了。アメリカ人は信心深い割には宗教に関して無知であり、基本的な知識に疎いうという。本書の副題「アメリカを理解する上で知っておきたい宗教的教養」。宗教的無教養の現状で、本書は有益な情報源として活用できる一冊といえよう。

著者は、宗教に関する知識の欠如を、宗教という「記憶の鎖」が断ち切られた状態と捉える。建国の歴史そのものが宗教的信仰と宗教的知識が軌を一にしていた。しかし世俗化による公共世界からの締め出し=分断が「記憶の切断」を招来した。※ちょと単純すぎる気もするが……

植民地時代の若者はどのように読み書きの力をつけてきたのか。宗教は学校教育や公共の場でどう扱われてきたのか、こうした疑問と歴史を概観しながら、末尾に全体の1/3を占める「宗教リテラシー辞典」を収録する。

著者は、己の信仰に関心はあっても、宗教そのものへの基本的なリテラシーのない人間を「宗教的無教養人」と呼ぶが、米国に限定された問題ではない。無信仰を自称し、偏見の眼差しで他者の信仰を罵倒する日本社会にも、本書は有益な視座を提供する。